今回の楽天カードはJCBブランドの発行がお得!最大18000円相当のポイントがもらえる条件とは

楽天カードJCB

2021年3月4日から楽天市場ではポイントが最大+44倍になる「楽天スーパーSALE」を開催中です。

楽天スーパーSALEやお買い物マラソンの時に狙い目なのが「楽天カード」の新規入会キャンペーンです。

「楽天カード」は、日本国内で人気と実績がナンバーワンのクレジットカードで、今なら楽天カード公式サイトの入会特典とポイントサイト「モッピー」のポイント還元で、大量ポイントを獲得できます。

今回は、楽天カードの発行で2021年最大級のポイントがもらえる入会キャンペーンについて解説したいと思います。

それでは、早速見ていきましょう。

楽天カードの概要

楽天カードJCBブランド

楽天カードは、楽天グループの中でクレジットカード関係の業務を担当する「楽天カード株式会社」が発行するクレジットカードです。

楽天カードの会員数は2100万人以上で、10年以上連続して顧客満足度で第1位に輝いているほか、最近はショッピング利用額でも国内1位になっており、名実ともに国内ナンバー1のクレジットカードと言えるほどです。

特に2020年における楽天カードのショッピング利用額は11兆円と発表されており、取扱高が年間首位はもちろん、年間10兆円の大台を超えたのは国内クレジットカード初の快挙です。

楽天カードJCBブランドの基本情報は、次のとおりです。

申込資格 高校生を除く18歳以上の方
年会費 無料
家族カード 無料
会員数 2100万人
国際ブランド JCB
ポイント制度 楽天スーパーポイント
ポイント還元率 1〜3%

年会費無料ですが、ショッピング利用の基本還元率が1%となっています。

楽天市場で利用した場合、還元率がアップして最大3%になることから、楽天市場でショッピングをするためにクレジットカードを持ったことのなかった人が、楽天カードを発行したという話を聞きます。

楽天カードのメリット

楽天カードJCBブランドのメリット

楽天カードを発行するメリットについて解説します。

私は楽天カードを発行おり、すでに4年以上になりますけど、「楽天市場」だけに限らず、普段の街中での買物やネット通販などの支払いに楽天カードを使って、楽天ポイントをもらっています。

楽天カードのメリット
  1. 新規入会キャンペーンで楽天ポイントが大量にもらえます。
  2. 年会費無料なのにポイント還元率は1%もあります。
  3. 楽天市場で利用するとポイント還元率が3%までアップします。
  4. 楽天ポイント加盟店だと期間限定ポイントでも利用できて無駄になりません。
  5. 楽天ペイと紐付けることでポイント還元率をアップできます。

楽天カードでは、公式サイトの入会キャンペーンで楽天ポイントを5000〜8000ポイントプレゼントする入会キャンペーンを実施しています。

2021年3月8日10:00までの期間限定で楽天カードJCBブランドを発行すると、楽天ポイントで最大8000ポイントがもらえます。

楽天カードを利用するメリットとして一番大きいのは、年会費永年無料にもかかわらず、ポイント還元率が基本的に1%となっていることです。

さらに楽天市場の支払いに楽天カードを使った場合は、ポイント還元率がアップするのでお得感が増します。

楽天カードを利用してポイントを獲得した時に気になるのは期間限定ポイントを有効期限までに使い切ることができるかどうかというところです。

結論から言いますと、あまり心配することはありません。

楽天スーパーポイントの期間限定ポイントでも、ネット通販の楽天市場だけではなく、街中のマクドナルドやミスタードーナツなどの「楽天スーパーポイント加盟店」のほか「楽天ペイ」が使える店舗では、通常ポイントと同じように1ポイント=1円で使えるので、使い道がなくて有効期限が切れてしまう可能性がかなり低いように思われます。

私が実際に楽天カードの利用をはじめてから期間限定ポイントが有効期限切れになった覚えがありません。

楽天スーパーポイントの通常ポイントを使って楽天証券で投資信託が購入できるので、毎月ポイントが付与されるときに投資信託を買い増ししています。

楽天カードは、維持費もかかならいのでまだ発行していない方はせっかくなので発行してみてください。

⇒モッピー経由の楽天カード発行はこちらから

モッピーの楽天カード発行キャンペーン

楽天カードは、ポイントサイト「モッピー」のサイト内に掲載されている広告経由で発行すると、モッピーポイントがもらえます。

今回の大量ポイント還元は期間限定で、楽天ポイントが8000ポイントもらえる2021年3月8日午前10時までに終了する可能性があるので注意してください。

モッピーポイントで10000ポイント(10000円相当)がもらえます。

MEMO
モッピーポイントは、1ポイント=1円換算で現金のほか、「WAONポイント」や「nanacoポイント」、そしてウェル活に使える「Tポイント」などの電子マネー、「Amazonギフト券」「App Store & iTunesギフトカード」「Google Playギフトコード」などのギフト券に交換できます。

楽天カードJCBブランドを発行すると、公式サイトの新規入会特典とモッピーのキャンペーンで、合わせて最大18000円相当がもらえることになります。

【獲得対象外】
・不備・不正・虚偽・重複(IP/住所)・いたずら・キャンセル等に該当すると広告主が判断した場合
・楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカード、楽天ビジネスカード、楽天銀行カード、
楽天ANAマイレージクラブカード、楽天カード アカデミー、アルペングループ楽天カード等の成果対象外カードのお申込み
・発行キャンセルなど発行に至らなかった場合
・他ページへの移動やバナー等をクリックした場合
・楽天カード株式会社が個別に実施している本サイト以外でご案内しているキャンペーンからのお申込み
・お申込から90日経過しても発行に至らなかった場合
・カード受け取りをされなかった場合
・過去にお申込履歴がある場合
(※楽天会員に再登録された場合でも、同一人物と判断された場合は対象外)
・楽天カード入会後、90日以内に脱会した場合
・楽天カード入会後、90日以内にカード切り替えをされた場合
・広告クリックから獲得に至るまで、同一ブラウザ内で遷移されていない場合
・本サイトを退会後に楽天カード発行が確認された場合

ポイント獲得の流れ
広告サイトへアクセス→楽天カード申込はこちらをクリック→楽天会員にログイン→登録フォームに情報を入力→登録ボタンをクリック→ネット申込完了→必要素材を郵送→カードが届く→カード発行完了
モッピーの解説
モッピー解説

  • モッピーは、成功報酬型広告を中心に広告代理業を行っている「ポイントサイト」や「お小遣いサイト」と呼ばれるサイトの一つです。
  • モッピーでは、クレジットカード発行、ネット銀行等の口座開設、無料アプリのダウンロード、スマホの月額サービス利用、楽天市場やYahoo!ショッピングなど有名ネットショップでのお買物、無料ゲームへの参加などで、ポイントを獲得できます。
  • モッピーは、東証一部上場企業が運営する累計会員数800万人を超える大手ポイントサイトで、信頼度の高さは折り紙付きです。

モッピーでは、当ブログ経由の新規登録と入会月の翌々月末までにモッピーの広告やサービス利用で5000ポイントを獲得すると、2000円相当のモッピーポイントがもらえる友達紹介キャンペーンを実施中です。

 

モッピーの友達紹介キャンペーンはこちら

 

モッピーの登録は、最短5分で完了できて、入会金と年会費は無料なので、安心して登録してください。

まとめ

今回は、楽天カードの概要と新規入会キャンペーンについて解説しました。

今日のポイント
  1. 楽天カードは年会費無料なので維持費がかかりません。
  2. 年会費無料でもポイント還元率が1%と高い還元率があります。
  3. 公式サイトの入会特典で最大8000円分の楽天スーパーポイントがもらえます。
  4. モッピー経由の発行で10000円分のモッピーポイントがもらえます。

楽天カードは、ポイント還元率が高く、獲得した楽天ポイントは、ネット通販の楽天市場だけでなく楽天ペイを使えば実際の加盟店舗で使えます。

年会費無料なので維持コストはかからず、毎日使っているうちに利用金額の1%の楽天ポイントがザクザク貯まります。

楽天カードは、まだクレジットカードを発行したことがない方はもちろん、すでに他のクレジットカードを所有している方にもおすすめできる国内No. 1のクレジットカードです。

モッピーでは、今回紹介したクレジットカード発行のほかにも、ネットショッピング、口座開設、友達紹介などの広告やサービスを利用することで、多くのモッピーポイントを稼ぐことができます。

私自身、モッピーでポイントを稼いだおかげで、現金に交換してお小遣いにしたり、ANAマイルやJALマイルに交換して特典航空券の発行に利用して無料で飛行機に乗ったり、スマホアプリの課金に使ったり、電子マネーに交換してスマホ決済で利用したりと、とても有意義なポイ活ができるようになりました。

あなたもモッピーへ新規登録後に「楽天カード」を発行して、ポイ活をはじめてみませんか。

モッピーの新規登録はこちら

本日も最後までご覧いただいて、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください