PayPayにはYahoo!カードが必要!?お得さや必要度を解説

ヤフーカードアイキャッチ

スマートフォン決済の「PayPay」は利用者が3,000万人を超えています。

「Yahoo!JAPANカード(ヤフーカード)」は、PayPay残高にチャージできる唯一のクレジットカードです。

今回は、Yahoo!カードの特徴やメリット、PayPayとの連携について解説します。

Yahoo!JAPANカード【ヤフーカード】とは

Yahoo!JAPANカード(ヤフーカード)は、ヤフーグループの一員でクレジットカード事業を担う「ワイジェイカード株式会社」が発行するクレジットカードです。

ヤフーカードのデザイン

ヤフーカード

ヤフーカードには、黒と赤の2色から選べます。

デザインはどちらも同じで、カード全体に「Y」をイメージしたデザインと「Yahoo!JAPAN」の「Y!」の文字が描かれています。

財布から取り出すときに一目でヤフーカードとわかるようなデザインになっています。

ヤフーカードの基本情報

申込資格 18歳以上で継続収入のある方(高校生を除く)
年会費 永年無料
国際ブランド JCB
Mastercard
VISA
ポイント制度 Tポイント
ポイント還元率 1%~2%
追加カード ETCカード
家族カード
スマホ決済 PayPay
Apple Pay
Google Pay

ヤフーカードを発行するには、Yahoo!JAPAN IDが必要になりますが、カード作成時に作ることができます。

ヤフーカードのメリットとデメリット

ヤフーカードには、どのようなメリットがあって、逆にデメリットとなるようなことがあるのか説明します。

ヤフーカードのメリット

カードのメリット

ヤフーカードのメリット
  • Tポイント1%還元
  • 加盟店でポイント還元率アップ
  • Yahoo!ショッピングとLOHACOでの利用でポイント還元率3%
  • PayPayにチャージできる唯一のクレジットカード
  • PayPayでカード決済をすると最大1.5%還元
  • ショッピングカード保険付き

年会費無料ながらポイント還元率が1%になっていて、さらにTポイント提携先ではTポイントが追加で付与されるので実質還元率が2%にアップします。

ネットショッピングでもYahoo!ショッピングとLOHACOを利用すると利用金額100円につき3%分のポイントが付与されます。

ヤフーカードPayPay

PayPayに唯一チャージができるだけでなく、カード決済でPayPayボーナスが最大1.5%付与されるのはヤフーカードだけです。

つまりPayPayを利用するにはヤフーカードが必要不可欠ということです。

ヤフーカードを利用して購入した商品(税込10,000円以上)が購入日から90日以内に、破損、盗難、火災などの偶然の事故により損害を被った場合に所定の金額が補償されます。

ヤフーカードのデメリット

ヤフーカードデメリット

ヤフーカードのデメリット
  • ETCカードは年会費550円が必要
  • TポイントとPayPayボーナスライトに別れる

ヤフーカードは、ETCカードが有料なので、別のカードで作りましょう。

Yahoo!ショッピングとLOHACOで利用した場合、Tポイントで2%、PayPayボーナスライトで1%ともらえるポイントが分散されます。

PayPayと紐づけされているのでPayPayボーナスライトに統一されると、さらに使い勝手がよくなると私は思います。

ただ、致命的なデメリットはなく、年会費無料のクレジットカードとしては発行して損のないおすすめのカードです。

ヤフーカード発行でポイント獲得

ヤフーカードを発行して現金や電子マネーに交換できるポイントがもらえるお得な発行方法を紹介します。

方法は簡単で、ポイントサイト「モッピー」のサイト内に掲載されている「ヤフーカード」の広告を経由して、カードを発行するだけです。

獲得できるモッピーポイント

モッピーヤフーカード

モッピーポイントで2,000ポイント(2,000円相当)が付与されます。

モッピーポイントの交換先
モッピーポイントは、1ポイント=1円換算で現金のほか、「WAONポイント」や「nanacoポイント」「dポイント」、そしてウェル活に使える「Tポイント」などの電子マネー、「Amazonギフト券」「App Store & iTunesギフトカード」「Google Playギフトコード」などのギフト券に交換できます。

ポイント獲得条件と利用方法

ポイント獲得条件は、申込後3ヶ月以内の新規カード発行完了です。

注意
初めてヤフーカードに申込みされる方のみポイント対象になります。
ポイント獲得の流れ
広告サイトへアクセス→「お申し込みはこちら」をクリック→Yahoo! JAPAN IDでログインもしくは新規会員登録→規約を確認後に「同意して本人情報入力画面へ」をクリック→必要事項を入力→内容の確認→申込み完了→審査→カード受取→カード発行完了

モッピーポイントがもらえる仕組み

モッピーを経由してヤフーカードを発行するだけで2,000円相当のモッピーポイントがもらえるなんて、「怪しい」「危険だ」「タダより高い物はない」と思った方はいませんか。

そんな慎重なあなたのために、モッピーポイントがもらえる仕組みを図で説明します。
モッピーでポイントがもらえる仕組み【図解】

moppyの仕組み
  1. モッピーが、広告主からの依頼を受けてサイト内に広告を掲載する。
  2. モッピーの会員がサイト内の広告経由で申込・購入・登録等の広告利用をすると、モッピーが広告主に利用通知を行う。
  3. 広告主が成功報酬として広告費をモッピーに支払う。
  4. 広告を利用したモッピー会員は、モッピーが受け取った広告費の一部をモッピーポイントとして受け取る。
モッピー会員がもらえるポイントは、モッピーが広告主から受け取った広告費の一部を報酬として、利用した会員に還元しているもので、怪しいことや危ないことはまったくありません。

しかも、モッピーを運営しているのは東証一部上場企業の「株式会社セレス」で、累計会員数は800万人を超えているので、十分に信頼できるサイトであり、私も3年以上利用してトラブルが起きたことは一度もありません。

モッピーは自信を持っておすすめできるポイントサイトです。

今なら、当ブログからの紹介による新規登録と、モッピーのサイト内に掲載されている広告から5,000円分以上を利用するという条件を達成すると、1,000ポイントがプレゼントされる新規入会キャンペーンを実施中です。

モッピーの新規登録はこちらから

まとめ

今回は、Yahoo!カードの特徴やメリット、PayPayとの連携ついて解説しました。

今日のポイント
  1. ヤフーカードは年会費永年無料
  2. ポイント還元は通常1%で2%の店舗もあり
  3. Yahoo!ショッピングやロハコでの利用は合計3%還元
  4. PayPayにチャージできたりカード決済でボーナスが付与される唯一のクレジットカード
  5. モッピー経由の発行で2,000円相当のポイントプレゼント

ヤフーカードは、年会費無料でありながらYahoo!ショッピングの利用などでポイントが貯まりやすいうえ、PayPayでもチャージができるなど、使い勝手が良く、おすすめできるクレジットカードです。

あなたもぜひこの機会にモッピー経由でヤフーカードを新規発行してみませんか。

今日も最後までご覧いただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください