Y!mobileワイモバイルで5Gが使えるiPhone12の取扱開始でお得に契約する方法を公開

iPhone12miniのアイキャッチ

ソフトバンクのサブブランドである「Y!mobile(ワイモバイル)」で2021年2月下旬からiPhone12の取扱がはじまります。

ワイモバイルでは2021年2月18日から5Gに対応するプランがはじまるので、公式で5G対応の機種が登場することになります。

ワイモバイルは、公式サイトやショップから申込をできますけど、ポイントサイト「モッピー」を経由して新規契約をすると、現金や電子マネーに交換できるモッピーポイントがもらえるのでお得に契約できます。

今回は、ワイモバイルのiPhone12が使える新料金プランとモッピー経由の新規契約について解説したいと思います。

それでは、早速見ていきましょう。

Y!mobile ワイモバイルの5G対応プランとは

ワイモバイル新料金プラン

ワイモバイルは、ソフトバンクのサブブランドとして「格安SIM」「格安スマホ」を提供している通信事業者です。

格安SIMを提供する「MVNO」と呼ばれる通信事業者は、3大キャリアのドコモ・au・ソフトバンクから回線を借りてサービスを提供しています。

ワイモバイルは、ソフトバンクのサブブランドという位置付けなので回線を借りることなく、そのまま利用できるためソフトバンクと変わらない回線の品質で利用できることが強みです。

2021年2月18日から全プラン5Gに対応した基本使用料がお得なプランが登場します。

料金やデータ容量など新料金プランの概要は、次のとおりです。

料金プラン 月額利用料金
(税抜)
高速データ
通信容量
超過時の
通信速度
シンプルS 1980円 3GB 最大300Kbps
シンプルM 2980円 15GB 最大1Mbps
シンプルL 3780円 25GB 最大1Mbps

おうち割光セットまたは家族割引サービス(2回線目以降)が適用される場合、月額基本料金から1080円割引となります。

通話料は30秒につき20円となりますが、10分以内の国内通話が無料になる通話オプション「だれとでも定額」(月額700円)、10分を超える国内通話も無料になる通話オプション「スーパーだれとでも定額(S)」(月額1,700円)に加入できます。

格安SIMで5Gが利用できるのは、サブブランドであるワイモバイルの大きなメリットになります。

おうち割光セットか家族割が使えるとさらに安くなるのがいいです。

先だって「楽天モバイル」が強力な料金プランを発表しましたけど、ワイモバイルも十分な安さを持つプランとなっています。

Y!mobile ワイモバイルでiPhone12

ワイモバイルiPhone12とiPhone12mini

ワイモバイルの5G通信を利用するには対応機種が必要です。

2021年2月下旬からワイモバイル初となる、5G対応スマートフォンとして「iPhone12」「iPhone12mini」が発売開始になります。

現在のところ、2月下旬となっているだけで具体的な発売日や予約開始日、販売価格はアナウンスされていませんが、格安SIMで最新のiPhoneが公式機種として販売されるのは、他のMVNO事業者への大きなアドバンテージになります。

Apple公式ストアでSIMフリーのiPhoneを購入すれば使えるとは思うのですが、キャリアからサポートのある安心感も含めてスマートフォン本体を購入することが定着しているので、iPhoneを取り扱っているから選ぶという方が増えるのではないでしょうか。

iPhone12とiPhone12miniであれば、価格が低めなので格安SIMを利用する方が求める需要ともマッチするように考えられます。

ソフトバンクの販売価格と同じになるのか気になるところです。

Y!mobile ワイモバイルのメリット

ワイモバイルのメリット

ワイモバイルを契約するメリットとしてどのようなものがあるか説明します。

Y!mobileのメリット
  • 月々の通信料が安くなる
  • キャリアメールが使える
  • デザリングが無料で使える
  • ソフトバンクの安定した回線を使える
文章

ソフトバンクのサブブランドとして月額料金がMVNO並なのに回線品質はソフトバンクと同じなので、MVNOでよく言われる時間帯によって通信速度が低下するというようなことはほとんどありません。

ワイモバイルは格安SIMでありながら、ドコモ・au・ソフトバンクと同じようにMMSのキャリアメール(@ymobile.ne.jp)が使えます。

ワイモバイルの隠れたメリットとして、テザリングが無料で使えます。

3大キャリアでは、テザリングは毎月500円の有料オプションですが、ワイモバイルでは無料でテザリングが使えるので、通信コスト低減に役立ちます。

モッピー経由のワイモバイル新規契約で6300ポイント

モッピーを経由してワイモバイル公式オンラインストアで新規契約するとモッピーポイントがもらえます。

モッピーポイントで6300ポイント(6300円相当)がもらえます。

MEMO
モッピーポイントは、1ポイント=1円換算で現金のほか、「WAONポイント」や「nanacoポイント」、そしてウェル活に使える「Tポイント」などの電子マネー、「Amazonギフト券」「App Store & iTunesギフトカード」「Google Playギフトコード」などのギフト券に交換できます。

ポイント獲得条件は、モッピー経由のワイモバイルオンラインストアで新規契約・MNP・番号移行・契約変更の回線契約後、1ヶ月以内の開通確認完了となります。

※該当の回線契約は新規契約・MNP・番号移行・契約変更
※対象端末:スマートフォン/Pocket WiFi/ケータイ(PHS)/SIMカード単体
※ソフトバンクからのMNPも対象
※アウトレット商品の購入も対象
《「契約変更」に該当するプラン》
・PHSからスマホプランへの変更
・スマホプラン(タイプ2)、または、スマホプラン(タイプ3)のPHS電話番号から、スマホプラン(タイプ1)への変更
・上記以外のワイモバイルの電話機から、スマホプランへの変更
・上記以外のワイモバイルのデータ端末から、Pocket WiFiプラン2(ライト)またはPocket WiFiプランSSへの変更

⇒モッピー経由のワイモバイル公式オンラインストア利用はこちらから

ワイモバイル契約でモッピーポイントがもらえる仕組み

なぜ、モッピー経由で三井住友カード(ナンバーレス)を発行するだけで8000円相当のポイントがもらえるのか、「胡散臭い」「何か怪しい」などと思われた用心深いあなたのために、「モッピー」が一体どのようなサイトであるのかを簡単に説明します。

モッピーは、成功報酬型広告を中心に広告代理業を行っている、「ポイントサイト」や「お小遣いサイト」と呼ばれるサイトの一つで、ポイントがもらえる仕組みは次のようになります。モッピーでポイントがもらえる仕組み【図解】

moppyの仕組み
  1. モッピーが、広告主からの依頼を受けてサイト内に広告を掲載する。
  2. モッピーの会員がサイト内の広告経由で申込・購入・登録などの広告利用をすると、モッピーが広告主に利用通知を行う。
  3. 広告主が成功報酬として広告費をモッピーに支払う。
  4. 広告を利用したモッピー会員は、モッピーが受け取った広告費の一部をモッピーポイントとして受け取る。
モッピー会員がもらえるポイントは、モッピーが広告主からもらえる広告費の一部を報酬として会員に還元しているもので、怪しいことはまったくありません。

モッピーでは、クレジットカード発行、ネット銀行の口座開設、対象ストアでの商品購入、不動産投資面談、ネットショッピング、スマホの月額サービス利用など、パソコンやスマホを利用するインターネット上のいろいろなことでポイントがもらえる広告を用意してくれています。

モッピーでは、当ブログのリンク経由で新規登録後、翌々月末までにモッピーの広告やサービスを利用して5000ポイント以上獲得すると、入会特典として2000ポイントがもらえる友達紹介キャンペーンを実施していますので、ぜひこの機会に次のリンクから新規登録をしてみてください。

モッピーの友達紹介キャンペーンはこちら

まとめ

今回は、ワイモバイルのiPhone12が使える新料金プランとモッピー経由の新規契約について解説しました。

ワイモバイルは格安SIMでもソフトバンク回線と同じものなので、通信品質が高いMVNOです。

2021年2月18日からはじまる新しい料金プランでは、おうち割光セットや家族割で月額基本料金をさらに下げられるので、ahamoやpovoといったライバルに対して有利な料金システムになることが期待できます。

さらにiPhone12とiPhone12miniが公式取扱機種に加わって5Gが使えるのも、他のMVNO事業者と比べて大きなアドバンテージになります。

ワイモバイルは、ポイントサイト「モッピー」経由で申込をすると、6000円相当のモッピーポイントがもらえます。

ワイモバイルでの新規契約を考えている方は、ぜひこの機会にモッピー経由でワイモバイルを申し込んでみてください。

あなたもモッピーへ新規登録後にワイモバイル公式オンラインストアで契約して、ポイ活をはじめてみませんか。

モッピーの新規登録はこちら

本日も最後までご覧いただいて、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください