楽天ゴールドカードのSPU倍率改悪!?楽天プレミアムカードと楽天カードのどちらに移行がおすすめか調査結果を公開

楽天ゴールドカードのアイキャッチ

2020年4月1日から楽天市場のSPU(スーパーポイントアッププログラム)で、楽天ゴールドカードのポイント倍率が変更されます。

楽天ゴールドカードの倍率が下げられて、一般カードである楽天カードと同じ倍率になります。

SPUの倍率で楽天ゴールドカードを選んでいた方もいると思われるので、カードを移行することも考えられます。

今回は、楽天ゴールドカードからの移行でおすすめなのは、楽天カードか楽天プレミアムカードかについて解説したいと思います。

それでは、早速見ていきましょう。

楽天ゴールドカードのSPU条件変更とは

楽天スーパーポイントアッププログラム

大きな影響を受けるのは、楽天市場を利用しての買物限定されます。

楽天市場で楽天ゴールドカードを使用して買物をした時に付与されるポイントが、2021年4月1日以降は、次のように変更されます。

内容 変更前 変更後
ポイント倍率 ポイント+4倍 ポイント+2倍
誕生月サービス なし ポイント+1倍
※上限2000ポイント

楽天ゴールドカードは、これまでのポイント+4倍からポイント+2倍と、半減することになり、一般カードである楽天カードと同じになります。

新たに誕生月サービスが加わり、誕生月に楽天市場・楽天ブックス利用で上限2000ポイントまでポイント+1倍となります。

SPUのポイントアップで発行している方もいると思われることから、楽天ゴールドカードを発行する楽天カード株式会社では、2021年1月14日までに楽天ゴールドカードへ入会した会員に対して年会費の返金または請求停止ができる手続きを案内しています。

楽天ゴールドカードからの移行先は

今回のSPU倍率の改定を受けて、楽天ゴールドカードをそのまま持ち続けるのか、それとも楽天カードまたは最上位の楽天プレミアムカードに移行するかが考えられます。

2021年4月1日以降の楽天カードの基本情報は、次のようになります。

楽天ゴールドカード

楽天カード

楽天プレミアムカード

年会費 2200円(税込み) 永年無料 11000円(税込み)
ブランド Mastercard
Visa
JCB
Mastercard
Visa
JCB
American Express
Mastercard
Visa
JCB
American Express
還元率 1% 1% 1%
SPU ポイント+2倍
(月間獲得上限5000ポイント)
ポイント+2倍
(月間獲得上限5000ポイント)
ポイント+4倍
(月間獲得上限15000ポイント)
特典

お誕生月サービス
(お誕生月に楽天市場・楽天ブックス利用でポイント+1倍)
上限2,000ポイント

お誕生月サービス
(お誕生日月に楽天市場・楽天ブックス利用でポイント+1倍)
上限10,000ポイント

楽天e-NAVIご登録の際にお好きなコースを以下から1つご選択できます。

【楽天市場コース】
毎週火曜日・木曜日楽天市場で+最大1倍

【トラベルコース】
楽天トラベルオンライン決済で+最大1倍
手荷物宅配サービス

【エンタメコース】
楽天TVご利用分ポイント+最大1倍
楽天ブックスご利用分ポイント+最大1倍

国内空港ラウンジ 国内空港ラウンジ年間2回無料
(一部の海外空港ラウンジ含む)

詳細はこちら

国内空港ラウンジ無料
(一部の海外空港ラウンジ含む)

詳細はこちら

海外空港ラウンジ プライオリティ・パス無料
カード付帯保険 【海外旅行傷害保険】最高2,000万円
引受保険会社:楽天損害保険株式会社
【海外旅行傷害保険】最高2,000万円
引受保険会社:楽天損害保険株式会社
【海外旅行傷害保険】最高5,000万円
引受保険会社:楽天損害保険株式会社【国内旅行傷害保険】最高5,000万円
引受保険会社:楽天損害保険株式会社

【動産総合保険】最高300万円
引受保険会社:楽天損害保険株式会社

楽天市場のSPUだけで考えると、楽天ゴールドカードから楽天カードへ移行しても誕生月サービスだけしか差がありません。

楽天ゴールドカードは、国内空港ラウンジを2回利用できるので、利用した場合は年会費税込2200円の元が取れる計算になります。

楽天プレミアムカードは、年会費11000円と他クレジットカードのゴールドカード並みの維持費が必要になり、楽天ゴールドカードより負担がかなり増えます。

ただ、海外空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パスのプレステージ会員に無料でなれるのは大きなメリットです。

海外旅行に行く機会があり、楽天市場を普段から利用していてポイントを多く獲得できるのであれば、楽天プレミアムカードに変更するのも一つの手だと思います。

プライオリティパスが必要なかったり、空港ラウンジも別のゴールドカードを利用できると言うのであれば、ノーマルの楽天カードで十分かと思われます。

クレジットカードを変更してカード番号が変わったりするのは面倒で、2200円の年会費がかかっても構わないのであれば、そのまま楽天ゴールドカードを使い続けるのもいいと思います。

楽天カードをお得に発行

楽天カードをモッピー経由で発行

楽天カードは、ポイントサイト「モッピー」を経由して発行するのがお得です。

モッピーのサイト内に掲載されている「楽天カード」の広告を経由してから楽天カードを発行するとモッピーポイントが付与されます。

付与されるポイントですが、10000ポイント以上にもなる時もあり、公式サイトのキャンペーンで楽天ポイントがもらえるので、両方のキャンペーンでタイミングが良ければ15000円相当以上をもらえる時もありました。

MEMO
モッピーポイントは、1ポイント=1円換算で現金のほか、「WAONポイント」や「nanacoポイント」「dポイント」、そしてウェル活に使える「Tポイント」などの電子マネー、「Amazonギフト券」「App Store & iTunesギフトカード」「Google Playギフトコード」などのギフト券に交換できます。

ポイント獲得条件は、通常、新規カード発行ぐらいになるので、条件を達成するのは簡単にできます。

モッピーとは
  • モッピーは、成功報酬型広告を中心に広告代理業を行っている「ポイントサイト」や「お小遣いサイト」と呼ばれるサイトの一つです。
  • モッピーでは、クレジットカード発行、ネット銀行等の口座開設、無料アプリのダウンロード、スマホの月額サービス利用、楽天市場やYahoo!ショッピングなど有名ネットショップでのお買物、無料ゲームへの参加などで、ポイントを獲得できます。

⇒モッピーの新規登録はこちら

モッピーは、東証一部上場企業が運営する累計会員数800万人を超える大手ポイントサイトで、信頼度の高さは折り紙付きです。

2021年1月は、当ブログ経由の新規登録と期間までにモッピーの広告やサービス利用で5000ポイントを獲得すると、2000円相当のモッピーポイントがもらえる友達紹介キャンペーンを実施中です。
モッピーの新規登録はこちら

モッピーの登録は、最短5分で完了できて、入会金と年会費は無料なので、安心して登録してください。

まとめ

今回は、楽天ゴールドカードからの移行でおすすめなのは、楽天カードか楽天プレミアムカードかについて解説しました。

楽天ゴールドカードは、2200円という安い年会費で、楽天市場では年会費11000円もする楽天プレミアムカードと同じポイントがもらえるところが魅力でした。

メリットが消滅したので、通常の楽天カードに切り替えてもいいですけど、より上級の楽天プレミアムカードを作ってみるという選択肢も考えられます。

私は3年間年会費無料キャンペーンで楽天プレミアムカードを発行したので、当分はそのままですが、無料キャンペーンが終了すれば、一般の楽天カードに戻すことを考えました。

SPUの倍率改定で楽天ゴールドカードは使いにくくなったクレジットカードと言えるので、現在楽天ゴールドカードをお持ちの方は、変更を視野に入れてみてください。

モッピーの新規登録はこちら

本日も最後までご覧いただいて、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください