ライフメディアのポイントの貯め方とポイント交換先のおすすめを公開

ライフメディアポイント交換のアイキャッチ

  • ライフメディアのポイ活をはじめてみたい
  • ライフメディアのポイントの貯め方を知りたい
  • ライフメディアのポイントのお得な交換先が知りたい

この記事は、そんな方に向けて書いてみました。

こんにちは、ポイントサイトでのポイ活歴5年目になるため蔵と申します。

ライフメディアは、サイト内に掲載された、いろいろな広告やサービスでポイントを稼げるサイトとして、最近評価が上がっています。

実際、ポイント還元率を見てみても他のサイトと並ぶどころか高くなっている案件もよく見られます。

せっかく稼いだライフメディアのポイントですから、どんなものに交換できるか、交換手数料はかかるのかなど、知りたいことはたくさんありますよね。

今回は、ライフメディアのポイ活を利用したポイントの貯め方とお得なポイント交換について解説したいと思います。

それでは、早速見ていきましょう。

ライフメディアの概要

ライフメディア概要

ライフメディアは、成功報酬型広告を中心に広告代理業を行っている「ポイントサイト」や「お小遣いサイト」と呼ばれるサイトの一つです。

ライフメディアの概要についてまとめたものが次の表になります。

ライフメディアへ無料登録

運営会社 ニフティ株式会社
運営実績 20年以上
年齢制限 12歳以上
会員数 320万人以上
ポイント交換レート 1ポイント=1円
ポイント有効期限 最後のポイントを獲得または交換してから1年
最低交換額 500円
交換手数料 すべて無料
プライバシーマーク あり
SSL あり
JIPC 加入済み

1ポイント=1円なので、サービスや広告を利用してもらえるポイントと実際の金額がわかりやすくなっています。

記事作成時点では、最大2500ポイント(2500円相当)がもらえる新規入会キャンペーンを実施中なので、まだライフメディアの会員になっていない方は、ぜひこの機会に新規登録をしてみてください。

⇒ライフメディアの新規登録はこちらから

ライフメディアのポイントの貯め方

ライフメディアポイント貯め方

ライフメディアでのポイントの貯め方には色々な方法があり、スマホやパソコンがあれば、はじめることができます。

ライフメディアでよく利用されるサービスや広告は、「ランキング」でわかるようになっており、「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」でのネットショッピング、「楽天トラベル」「じゃらん」での旅行予約、クレジットカードの新規発行、FXやネット証券の新規口座開設などがよく利用されています。

ポイントサイトでのポイ活が初めてと言う方には、ライフメディアが選んだポイ活デビュー向けのサービスや広告を目的別にまとめたページがあります。

1000ポイント以上一気に稼ぐ
  • 楽天証券:4000ポイント
  • AbemaTVプレミアム:1250ポイント
  • WOWOW:3000ポイント
簡単にポイントゲット
  • LINE証券:1000ポイント
  • 楽天マガジン:200ポイント
  • エル・スマイルボランディア会:300ポイント
  • Kドリームス:1000ポイント
  • dアニメストア:300ポイント
  • 大地を守る会:400ポイント
  • ニフティニュース:50ポイント
  • パルシステム:1000ポイント
  • dポイントクラブ:30ポイント
  • LINE FX:1000ポイント
  • ゼクシィ口コミ投稿:220ポイント
  • ゼクシィ口コミ投稿参列者:300ポイント
  • さとふる:150ポイント
  • オピニオンワールド100ポイント
ポイント付与までの期間が短い
  • Shufoo!チラシアプリ:30ポイント
  • music.jp TVコース:200ポイント
交換可能な500ポイントを目指す
  • マインディア:500ポイント
  • ディズニープラス:770ポイント
  • U -NEXT:900ポイント
  • TSUTAYA DISCUS:1000ポイント

ポイントサイトのポイ活で私が必ず利用しているのは、楽天市場やYahoo!ショッピングといったネットショッピング、クレジットカード発行、口座開設です。

ネットショッピングでは、ショッピングモールのポイントにプラス1%でポイントがもらえるのでコツコツとポイントを貯めることができますし、クレジットカード発行や口座開設では一度に5000ポイント以上の大量ポイントが狙えます。

日常のインターネットを使った購入や申込にライフメディアを経由させるだけでポイントがもらえるので、利用しないのはポイントをドブに捨てるのと同じだと私は思います。

ライフメディアのポイント交換

ライフメディアポイント交換

ライフメディアの広告やサービスを利用して稼いだポイントは、サイト内にある「交換」から現金・他社ポイント・ギフトコードなどに交換できます。

他社ポイント
  1. ノジマスーパーポイント
  2. Pontaポイントコード
  3. dポイント
  4. Gポイントギフト
  5. Pexポイント
  6. ドットマネー
サービス利用料
  1. @nifty使用権
ウォレット
  1. Kyash
現金(銀行振込)
  1. スルガ銀行
  2. ゆうちょ銀行
  3. 三井住友銀行
  4. 三菱UFJ銀行
  5. みずほ銀行
  6. PayPay銀行
  7. 楽天銀行
ギフトコード
  1. Amazonギフト券
  2. nanacoギフト
  3. EdyギフトID
  4. App Store & iTunesギフトカード

ポイント交換の回数やポイント数上限は、各交換先によって異なるので交換条件欄を確認してください。

ライフメディアでは、ポイント交換における不正アクセスや不正利用対策として、ポイント交換時に審査や内容確認を実施しています。

場合によってはメールで登録状況の確認などの連絡が入ることがありまが、他人のなりすましなどを防ぐために必要なので、きっちりと対応しておいてください。

ライフメディアの最適な交換先

ライフメディアおすすめ交換先

ライフメディアでポイント交換をする場合、どこが最適かという話になると、他のポイントサイトでは手数料の問題がありますけど、ライフメディアは手数料無料なので、気にする必要がありません。

現金(銀行振込)への交換も月2回までなら無料になるので、「ドットマネー」や「Pex」といった中継ポイントサイトを利用する必要もないと思われます。

ただ、ライフメディアは、「ノジマスーパーポイント」「@nifty」への交換は1.5倍に増量されるので、ノジマで買物をする方やインターネットプロバイダでniftyを利用している方は、お得になります。

他にも「Pexポイント」への交換で、現在2%増量キャンペーンを実施中なので、Pexへ交換してから現金に交換するとポイントを増やすことができます。

私は、他のポイントサイトで稼いだポイントも合算するため、中継ポイントサイトの「ドットマネー」へ交換することが多いです。

まとめ

今回は、ライフメディアのポイ活を利用したポイントの貯め方とお得なポイント交換について解説しました。

ライフメディアは、老舗のインターネットプロバイダである@niftyのニフティ株式会社が運営するポイントサイトなので、高い信頼性があります。

元々は、富士通が世界初のメールマーケティングサービスとして開始したもので、アンケート中心でしたが、最近はポイントサイトとしての機能が充実しています。

ライフメディアでは、ネットショッピング、クレジットカード発行、FX・ネット証券の口座開設など、いろいろなポイントの貯め方ができます。

貯めたポイントは、最低500ポイントから現金、他社ポイント、ギフトコードなど、1ポイント=1円換算で有効に使えます。

あなたもライフメディアへ新規登録して、ポイントを貯めるポイ活をはじめてみませんか。

ライフメディアの新規登録はこちらから

本日も最後までご覧いただいて、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください