iPhone12ProとiPhone12に保護ガラスとケースを早速つけたのでレビューします

iPhone12ProとiPhone12のケースアイキャッチ

iPhone12ProとiPhone12が手元に届きました。

利用するときは、やっぱり傷がつかないか気になりますよね。

iPhone12ProとiPhone12の画面に使われているガラスは、傷がつきにくいとアピールしていますが、保護ガラスを貼っておきたくなりました。

本体もむき出しで使うことにためらいがあるので、透明のケースをつけました。

今回は、iPhone12ProとiPhone12の保護ガラスとケースに関するレビューをお届けします。

iPhone12ProとiPhone12のサイズ

iPhone12ProとiPhone12のアイキャッチ

昨年発売された「iPhone11Pro」と「iPhone11」はディスプレイの種類(OLEDと液晶)やサイズ(5.8インチと6.1インチ)に違いがあり、当然本体サイズも違いがありました。

しかし、2020年の「iPhone12Pro」と「iPhone12」では、次のとおり、どちらも「6.1インチ(対角)オールスクリーンOLEDディスプレイ」でディスプレイサイズが同じになり、本体サイズは重さ以外はすべて同じになりました。

機種 iPhone12Pro iPhone12
高さ 146.7mm 146.7mm
71.5mm 71.5mm
厚さ 7.4mm 7.4mm
重量 187g 162g
ディスプレイサイズ 6.1インチ 6.1インチ

本体サイズとディスプレイサイズが同じということで、iPhone12ProとiPhone12には、保護ガラスとケースに互換性があります。

次は、実際にiPhone12ProとiPhone12に取り付けた保護ガラスとケースについて、本当に互換性があるのかどうかも調べてみました。

iPhone12ProとiPhone12の保護ガラス

NIMASOのパッケージ

今回、iPhone12ProとiPhone12には、「NIMASO」製の保護ガラスを貼り付けました。

商品名は、「【2枚セット】 NIMASO iPhone12 / iPhone 12 pro ガラスフィルム 液晶保護 フィルム 【ガイド枠付き】」で、AmazonのNIMASO公式販売店から購入しました。

NIMASOを選んだ理由
  • iPhone11ProMaxで貼っていてよかった。
  • 2枚入りでお買い得であった。
  • ガイド枠付きで貼り付けやすそうであった。

一番の理由は、今使っているiPhone11ProMaxにNIMASO製のTPU枠付きの保護ガラスを使っているのですが、ひび割れることなく良好なコンディションを保っていることから信頼性があると考えているためです。

また、iPhone12ProとiPhone12の2機種はディスプレイサイズが同じなので、保護ガラスが2枚セットで入っているのでコストパフォーマンスがよかった点も大きいです。

NIMASOの中身とガイド枠

ガイド枠は、使ってみると保護ガラスがとても貼り付けやすく、きっちりとした場所に収まりました。

ケースを付けたときにできるケースと保護ガラスの隙間が均一なのは見ていて気持ちいいですね。

iPhone12ProとiPhone12の保護ガラス

もちろん、iPhone12ProとiPhone12のどちらも同じ保護ガラスを貼ることができて、ケースに干渉することもないので問題なく使えています。

iPhone12ProとiPhone12のケース

iPhone12ProとiPhone12には透明のケースを付けました。

Apple純正のレザーケースがほしかったのですが、現在のところ販売されていないため、透明ケースを2個買いました。

Spigenのパッケージ

iPhone12に装着したケースについて説明すると、メーカーは「Spigen」で、商品名は、「【Spigen】 iPhone 12 ケース/iPhone 12 Pro ケース 6.1インチ 対応 TPU 全面クリア 超薄型 超軽量 アイフォン12 ケース アイフォン12プロケース シュピゲンリキッド・クリスタル (クリスタル ・クリア)」です。

Spigenを選んだ理由
  • iPhoneXRで使っていてよかった。
  • 四隅のクッション性能がよさそうであった。
  • 有名ケースメーカー製でも価格が手頃であった。

有名なケースメーカーだけあって、ケースは本体につけやすく、つけてから持ってみると、素材はTPUで厚さがあまりないので持ちやすく、違和感を感じることはありませんでした。

Spigenのケースには、カメラ側の面全体にマイクロドット加工がされており、Appleマークに細かいドットが見られます。

iPhone12Proには、「Huphuro」の透明ケースを付けました。

Spigenのケースより音量ボタンや電源ボタンの部分が硬めで、少しつけにくい感じがしました。

また、装着した後に持ってみるとSpigenより厚みがあるようでフィット感が少し薄れており、Spigenの製品より違和感がありました。

iPhone12ProとiPhone12のケース

どちらも透明ケースにしたので、iPhone12ProとiPhone12の青色がそのまま見ることができます。

せっかくのiPhoneなので、本体の色を生かせるケースがいいですね。

まとめ

今回は、iPhone12ProとiPhone12の保護ガラスとケースを装着したレビューをお届けしました。

iPhoneを買い替えて最初にする作業といえば、保護ガラスを貼ったり、ケースを付けたりすることではないでしょうか。

レビューをお届けしたNIMASOの保護ガラスは、ガイド枠のおかげで迷うことなく貼り付けることができて、ディスプレイにつけてからの触り心地もよく、2枚セットでお買い得になっています。

Spigenのケースも他のショップと比べてもそれほど高い値段ではないのに、存在感があるケースになっています。

iPhone12ProかiPhone12を購入された方は、ぜひ「NIMASO」の保護ガラスや「Spigen」のケースを購入する選択肢に入れてみてください。

本日は、最後までご覧いただいて、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください