iPhone12ProとiPhone12を開封してファーストレビューをすると画面の見分けはつきませんでした

iPhone12ProとiPhone12のアイキャッチ

2020年10月23日金曜日から2020年の新型iPhoneである「iPhone12Pro」と「iPhone12」が販売開始になりました。

もう手に入れられましたか。

私は、「iPhone12Pro 256GB パシフィック・ブルー」と「iPhone12 128GB ブルー」の青色系2台を入手しました。

「iPhone12Pro Max」と「iPhone12mini」は、11月13日からの販売になるので、この2機種が最新のiPhoneになります。

今回は、「iPhone12Pro 256GB パシフィック・ブルー」と「iPhone12 128GB ブルー」のファーストレビューをお届けします。

iPhone12Proのパッケージ

iPhone12Pro 256GB パシフィック・ブルーは、Appleの公式オンラインストアであるApple Storeで10月16日に予約して10月23日に届きました。

Appleオンラインストアのダンボール

Apple Storeから届いたのは、ダンボールのパッケージで、ヤマト運輸で届けられました。

2代目iPhoneSEよりダンボールがコンパクトになっています。

iPhone12Proの外観

iPhone12Proの外箱

iPhone12Proの外箱です。

iPhone12Proではカメラ側ではなく画面側のイラストになっていて、黒色の箱で側面の「iPhone」は青色になっていました。

iPhone12Proカメラ側

外箱を開けると、iPhone12Proのカメラ側とご対面です。

三眼カメラはiPhone11Pro/11Pro Maxからそれほど変わっていないように感じます。

本体色のパシフィック・ブルーは金属のような質感がある青色で落ち着いた雰囲気を感じさせます。

Appleのマークは、本体と似た色になっていて、目立ちにくくなっています。

触ってみると、サラサラとした感触で指紋が目立ちにくいのではないかと思います。

iPhone12Pro側面

側面はステンレス製なのか、カメラ側と違って光沢のある金属になっています。

ノッチの大きさは昨年のモデルから変わっていないようです。

また側面の丸みがなくなり角ばっているので、本体の端ギリギリまで画面になっています。

iPhone12Pro同梱品

2020年モデルから充電器とイヤホンが同梱されなくなりました。

外箱がコンパクトになり、余分なコストを下げられるのでいいのではないでしょうか。

iPhone12のパッケージ

iPhone12 128GB ブルーは、10月18日にポイントサイト「モッピー」を経由して「ビックカメラ.com」で予約をして10月23日に届きました。

ビックカメラのダンボール

予約開始日から2日遅れてビックカメラで注文しても発売日に間に合ったのは以外でした。

モッピービックカメラcom

最新のiPhoneでもモッピーのサイト内にある広告を経由してiPhoneを購入すると、購入金額の1%がモッピーポイントとして還元されます。

ビックカメラのポイントもつくので、実質2%分がお得になりますよ。

ビックカメラのダンボールは、通常の配送で使われるもので、佐川急便で届きました。

iPhone12の外観

iPhone12外箱

iPhone12の外箱です。

iPhone12もカメラ側ではなく画面側のイラストになっていて、白色の箱で側面の「iPhone」は青色でした。

iPhone12カメラ側

外箱を開けると、iPhone12Proと同じくiPhone12のカメラ側とご対面です。

iPhone12は、二眼カメラでiPhone11のカメラと見た目は同じです。

最初に目についたのは、本体の色です。

青色といっても濃い青色で、光沢があるためかプラスチックのような質感に見えるので高級感は感じられません。

それにしても、iPhone12のブルーがこんなに自己主張の激しい色になるとは思っていませんでした。

ブルー以外の他の色でもiPhone12は、自己主張の激しい色に仕上がっているのでしょうか。

Appleマークは銀色で、iPhone12Proとは逆にとても目立ちます。

実際にiPhone12の画面を触ってみると、ツルツルした感触で手を滑らせてしまいそうです。

iPhone12側面

側面はアルミ製のためかツヤはなく、サラサラとした手触りになっています。

画面側ですが、ノッチの大きさはiPhone12Proと同じように見えます。

iPhone12ProとiPhone12を比較

iPhone12ProとiPhone12カメラ比較

「iPhone12Pro 256GB パシフィック・ブルー」と「iPhone12 128GB ブルー」を比べてみました。

昨年モデルの「iPhone11Pro」と「iPhone11」では、画面サイズやOLEDと液晶と言ったように明確な違いがありました。

2020年の最新型iPhone12ProとiPhone12は、画面はまったく一緒になっています。

iPhone12ProとiPhone12画面比較

実際にiPhone12ProとiPhone12を並べて初期画面にしてみました。

右側がiPhone12Proで、左側がiPhone12ですが、画面の大きさからノッチの大きさまでまったく同じです。

側面の色の違いぐらいでしか見分ける方法がなく、カメラの機能にこだわりがなければ、iPhone12で十分ではないかと思います。

まとめ

今回は、「iPhone12Pro 256GB パシフィック・ブルー」と「iPhone12 128GB ブルー」のファーストレビューをお届けしました。

iPhone12Proの本体は、さすがに高級感のあるもので三眼カメラの存在感も大きいです。

iPhone12の本体は、ブルーが思っていたよりプラスチックのような質感で、指紋もつきやすそうなので気になります。

ただ、どちらも本体の側面が丸まっていないので、画面が端まで広がっています。

画面側で見ると、どちらのモデルか見分けがつかないので、カメラや素材に特にこだわっていない方はiPhone12がお買い得かも知れませんね。

これからもiPhone12ProとiPhone12の使用感などを紹介していこうと思います。

本日も最後までご覧いただいて、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください