iPhone12miniとiPhone12ProMaxのファーストレビューを公開

 

iPhone12ProMaxと12miniのアイキャッチ

2020年11月13日から2020年モデルの「iPhone12mini」と「iPhone12ProMax」が発売開始になりました。

2020年10月23日に発売された「iPhone12」と「iPhone12Pro」から約20日遅れての発売です。

私は、「iPhone12mini 128GB グリーン」と「iPhone12ProMax 256GB パシフィック・ブルー」の2台を手に入れました。

今回は、「iPhone12mini 128GB グリーン」と「iPhone12ProMax 256GB パシフィック・ブルー」のファーストレビューをお届けします。

それでは早速見ていきましょう。

iPhone12miniのパッケージと本体

iPhone12miniは11月6日にApple公式オンラインストアで予約して11月13日に到着しました。

iPhone12mini外箱

iPhone12miniの外箱です。

iPhone12と同じ白色の箱に画面側のイラストとなっていますが、本体の大きさに合わせてiPhone12より小さくなっています。

iPhone12mini中身

箱を開けるとiPhone12mini本体がすぐに見られて、iPhone12やiPhone12Proと同じくカメラ側を向いています。

本体色のグリーンですが、iPhone12のブルーに比べて淡い色で薄緑やペパーミントグリーンと言った方がしっくりくる色合いで、Appleマークはシルバーになっています。

背面がガラス仕様でツルツルになっていますが、ブルーよりは指紋が目立ちにくそうです。

本体は小さくてもしっかり二眼カメラがついています。

iPhone12mini箱と本体

付属品はLightningケーブルのみで箱の厚みがなくなりました。

iPhone12mini電源ボタン側

サイドの電源ボタン側です。

サイドはアルミニウムになっているので、艶はありません。

初代iPhoneSEを思い出す姿と大きさです。

iPhone12mini端子側

充電の端子は、従来と同じLightningにです。

スピーカーの穴は本体が小さいためか6個となっており、iPhone12やiPhone12ProMaxと比べて少なくなっています。

iPhone12ProMaxのパッケージと本体

iPhone12ProMaxも11月6日にApple公式オンラインストアで予約をして11月13日に到着しました。

iPhone12ProMaxのSIMフリーモデルは、「ビックカメラ.com」でも買えます。

「ビックカメラ.com」で購入するときは、ポイントサイト「モッピー」を経由すると購入金額の1%がモッピーポイントでもらえますし、ビックポイントももらえるのでお得になります。

モッピービックカメラiPhone12ポイント

iPhone12はモッピーを経由してビックカメラ.comで予約購入できたので、iPhone12 128GBの本体価格1%に当たる908円分のポイントがモッピーからもらえます。

モッピーは、成功報酬型広告を中心に広告代理業を行っている「ポイントサイト」や「お小遣いサイト」と呼ばれるサイトの一つで、クレジットカード発行、ネット銀行等の口座開設、無料アプリのダウンロード、スマホの月額サービス利用、楽天市場やYahoo!ショッピングなど有名ネットショップでのお買物、無料ゲームへの参加などで、多くのポイントを稼ぐことができます。

 

モッピー会員がモッピーのサイト内に掲載されている広告やサービスを利用することによってもらえるポイントは、モッピーが広告主から受け取る広告費の一部を報酬として、利用した会員に還元しているもので、怪しいことや危ないことはまったくありません。

 

モッピーは累計会員数800万人を超える大手ポイントサイトで信頼度の高さは折り紙付きですよ。

 

2020年11月は、新規登録とモッピーを利用して5000ポイント以上獲得すると、入会特典として2000ポイントがプレゼントされる友達紹介キャンペーンを実施しています。

 

モッピーの新規登録は次のリンクから簡単にできます。

モッピーの新規登録はこちら

モッピーは登録料と毎月の利用料が無料なので安心して登録してください。

今回は、iPhone12ProMaxかiPhone12miniへの予約が殺到したのかビックカメラ.comに繋がらず注文できなかったので、公式オンラインストアで予約しました。

iPhone12ProMax外箱

iPhone12ProMaxの外箱です。

デザインはiPhone12Proとまったく同じで大きさが違うだけで、色はパシフィック・ブルーを選んだので画面は青色ベースになっています。

iPhone12ProMax中身

箱を開けると、iPhone12ProMaxのカメラ側が見られます。

三眼カメラはiPhone11ProMaxと同じで、Appleマークは濃い青色で目立ちにくくなっています。

本体裏側は、iPhone12miniと違ってアルミになっているので艶はなくサラサラとした手触りです。

iPhone12ProMax箱と本体

付属品はiPhone12miniと同じくLightningケーブルのみです。

iPhone12ProMax電源ボタン側

サイドの電源ボタン側です。

周囲はステンレス素材で作られているので裏側と違って艶があり、パシフィック・ブルーは指紋が目立ちそうです。

三眼カメラの厚みが結構あって、本体からかなり飛び出している感じがします。

iPhone12ProMax端子側

充電の端子はLightningです。

スピーカーの穴は全部で10個あります。

iPhone12/12Proシリーズの大きさ比較

iPhone12miniとiPhone12ProMaxのサイズ感を見てみようと思います。

iPhone12とminiとProMaxのサイズ比較

iPhone12miniとiPhone12ProMaxの大きさをiPhone12と比較してみました。

やはりiPhone12miniがかなり小さく感じます。

これだけコンパクトな本体なのにiPhone12と同じ性能が入っているのでお得感があります。

iPhoneサイズ比較

手元にあったiPhoneを並べて大きさを比べてみました。

左から「iPhone12mini」「iPhoneSE」「iPhoneX」「iPhone12」「iPhone12ProMax」となります。

iPhoneXは、昨年発売されたiPhone11Proと同じボディなので、新しいボディになったiPhone12とiPhone12Proは前のモデルより大きくなっていることがわかります。

iPhone12miniとiPhoneSE大きさ比較

また、iPhone12miniはiPhoneSEよりも小さいのに画面は大きくなっているといういいことづくめになっています。

5Gも使えることから初代iPhoneSEからの買い替え候補としてiPhone12miniが選ばれることも増えそうに思います。

まとめ

今回は、「iPhone12mini 128GB グリーン」と「iPhone12ProMax 256GB パシフィック・ブルー」のファーストレビューをお届けしました。

iPhone12miniとiPhone12ProMaxの大きさを比べてみると、違いがよくわかります。

iPhone12miniのサイズ感は初代iPhoneSEを使っている方からするとベストサイズで、なおかつ画面が大きくなるといういいことづくめではないかと思います。

iPhone12ProMaxは、iPhone11ProMaxより少し大きくなっていて、画面もギリギリまであるので表示面積がとても広く感じられます。

iPhone12miniとiPhone12ProMaxはどちらも5Gに対応しているので、従来モデルからの買い替えとしては良いタイミングではないかと思います。

今後もiPhone12mini、iPhone12、iPhone12ProMaxの使用感などを紹介していきます。

本日も最後までご覧いただいて、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください