iPhoneSE(第2世代)のファーストレビュー!ドコモ・au・ソフトバンクより早く安く手に入って最高

iPhoneSEアイキャッチ用イメージ

2020年4月24日金曜日にiPhoneSEの第2世代が発売開始になりました。

もう手に入れられましたか。

私は、Appleオンラインストアで注文していたものが無事に届きました。

新型コロナウィルスの影響などで配達が遅れる可能性もあったので、発売日当日に手に入れることができて良かったです。

今までは、キャリアのショップかAppleストアへ直接取りに行ったのですが、今回は自宅での受取になりました。

今回は、iPhoneSEのファーストレビューをお届けします。

iPhoneSEの購入はAppleオンラインストアもおすすめ

メリットのイメージ

iPhoneSE(第2世代)は、Appleのほかに3大キャリアであるドコモ・au・ソフトバンク、大手家電量販店のビックカメラとヨドバシカメラで取り扱っています。

今年の4月8日から正式にサービスを開始した楽天モバイルは、残念ながらiPhoneを取り扱っていません。

Appleストア、ビックカメラ、ヨドバシカメラは、SIMフリー版のiPhoneSEを販売しており、ドコモなどの携帯キャリアが販売するiPhoeSEはSIMロックがかかっていて、対応するキャリアのSIMのみ使えます。

購入価格で考えると、実はAppleストア等で販売するSIMフリー版の方が、キャリアより安いことをご存知ですか。

キャリアは、2年で機種を交換というプランで毎月の費用を安く見せかけています。

しかし、端末を返却して次の機種に買い替えるか、そのまま支払い続けるかを選択する必要があり、トータルで考えると、今はSIMフリー版を買う方がトータルコストは低くなります。

以前は、月月割のような機種に応じた毎月の割引で実質半額以下で購入することができていましたけど、総務省の指導でそのような販売方法ができなくなりました。

分割払いを利用するのであれば、Appleでは24回払いの金利が無料になるキャンペーンを実施しているので、2年間の支払で自分のものにする方を私はおすすめします。

iPhoneSE(第2世代)のファーストレビュー

それでは、本日到着したiPhoneSE(第2世代)を紹介します。

iPhoneSE(第2世代)のパッケージと外観

iPhoneSE(第2世代)は、4月17日に予約したところ配送予定日が4月24日になり、Appleストアから自宅まで配達されました。

iPhoneSE宅配パッケージ

パッケージより二回り以上大きな段ボールに入れられています。

iPhoneSEパッケージ

iPhoneSE(第2世代)のパッケージです。

iPhoneXRは画面側、iPhone11Proはカメラ側でしたけど、iPhoneSE(第2世代)は画面側になっていました。

iPhoneSE箱の中身

パッケージを開いたところです。

今回はホワイトを選びました。

ホワイトとブラックというのは、iPhone4S時代を思い出して懐かしくなります。

ホワイトを選んだ理由は、指紋が目立ちにくそうだったからです。

iPhoneSEホワイト

ゴールドやシルバーに慣れていましたけど、久しぶりのホワイトもいいですね。

iPhoneSEサイド

サイドは、シルバーになっていてアルミの素材感があります。

iPhoneSEとiPhoneXRの大きさ比較

iPhoneXRと並べて大きさを比較してみました。

やはり、iPhoneSE(第2世代)はコンパクトですね。

初代iPhoneSEの4インチサイズより大きくなっているものの、現在の主流となっている大きさよりは十分コンパクトではないかと感じます。

iPhoneSEiPhoneXR画面大きさ比較

iPhoneXRと並べてみると、やはりiPhoneSEの画面は小さく感じますね。

iPhoneSEホワイトのロック画面は、赤色がベースとなったものでした。

このあと、iPhoneXRからiPhoneSEへデータを転送してみたところ、約30分ほどで作業が終わり、しっかりコピーされていて使えるようになりました。

FaceIDは認識が早くていいのですが、マスクをしていると認識されずにパスコードを入れる手間が増えます。

TouchIDのiPhoneSE(第2世代)を久しぶりに使いましたけど、マスクが必須となっている今の状況では、こちらの方が使いやすいですね。

今年の秋には出るはずの次のiPhoneでは、画面内に指紋認証が入っていればいいなと感じました。

レザーケースを購入

iPhoneSE(第2世代)は、基本的にiPhone8やiPhone7と同じ大きさなので、ケースはそのまま流用できます。

iPhone7を持っているときに使っていたケースを試してみると、きっちりとはまりました。

ただ、せっかく新しい機種を購入したので、ケースも新調してみました。

iPhoneSEレザーケース

購入したのは、Apple純正のレザーケースです。

定価が税抜5,800円とやや高いものの手にしたときの肌触りや質感が高く、満足感があります。

ケースを検討されている方は、ぜひ候補に入れてみてください。

iPhoneSE(第2世代)をお得に購入する裏技

iPhoneSEのSIMフリー版は、Appleストア、ビックカメラ、ヨドバシカメラで購入できます。

お得な購入方法の一つとして、ビックカメラのオンラインストア「ビックカメラ.com」を紹介します。

ビックカメラ.comで購入する前に、ポイントサイト「モッピー」のサイト内に掲載されている「ビックカメラ.com」の広告を経由して購入すると、購入金額の3%がモッピーポイントとして還元されます。

モッピーポイントは、1ポイント=1円で現金や電子マネーに交換できるので、実質3%割引で買えることになりますよ。

モッピーは登録料・毎月の利用料が無料で、新規登録は3分もあれば終わるので、モッピーに興味がある方は次のリンクから新規登録をしてみてください。

モッピー経由のビックカメラ.com購入はこちら>

また、ソフトバンクのネットショップとなる「おとくケータイ.com」では、iPhoneSE(第2世代)の機種購入を伴うMNPでの乗り換えや新規契約で20,000円のキャッシュバックが受けられます。

機種代金と相殺する場合は、税込22,000円分の値引きになるので、購入金額を低く抑えることができますよ。

おとくケータイ.netからの申込はこちら>

おとくケータイ.netには会員登録等はないので、次のリンクからサイトへ移動してから、購入相談フォームでiPhoneSEについて問い合わせをしてみてください。

4年ぶりに登場したiPhoneSEは、最新機種と同等の性能を持ちながら価格が安いので、かなりのお買い得感があり、大ヒットするのではと言われています。

今までiPhone6、7、8や初代iPhoneSEを使っていた方、AndroidからiPhoneデビューを考えている方の候補としてiPhoneSE(第2世代)をおすすめします。

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください