iPhone SEのガラスフィルムは要チェック!iPhone8用を買って失敗した事例を紹介

iPhone8とiPhoneSEの画面

2020年5月11日からドコモ、au、ソフトバンクからも発売になった「iPhone SE」の売れ行きが好調です。

近年のiPhoneは性能が高いものの、価格も高くなっていたので、簡単に買い換えることができないスマートフォンになりました。

iPhoneSE(第2世代)は、一番容量の少ない64GBがAppleStoreで税込49,280円、キャリア版はauが税込55,270円と買いやすい価格になったうえに性能はiPhone11Proとほぼ同じというのですから、人気にならないはずがありません。

発売から1週間以上が過ぎたので、もう手に入れたという方やこれから買われる方も多いのではないでしょうか。

スマートフォンにはガラスフィルムなどの保護フィルムが不可欠ですが、iPhone SEのガラスフィルムを買うときは注意してください。

iPhone8用に作られたガラスフィルムだと、ピッタリ貼りつかない可能性があります。

私は、失敗して別のガラスフィルムに貼り換えているので、iPhoneSEのガラスフィルムの注意点と、ピッタリ貼れるおすすめのガラスフィルムを説明したいと思います。

iPhoneSEにiPhone8のガラスフィルムは使えない

iPhoneSEは、基本的にiPhone8の本体をそのまま使っているので、サイズに互換性がありカバーやフィルムがそのまま使えるとされています。

確かにケースはiPhone7やiPhone8用に販売されたものでも、問題なく使えます。

私もiPhone7を使っているときに買ったSpigenのケースが、iPhoneSEでも使えています。

ただ、ガラスフィルムは、問題がありました。

私はSIMフリー版のiPhoneSEを予約したので、発売前にiPhone7とiPhone8用のガラスフィルムを買っていました。

事前の情報では、iPhoneSEはサイズや画面のレイアウトに何の変更もないので、iPhone7やiPhone8で使えるガラスフィルムはそのまま貼り付けられると言われていたからです。

しかし、iPhoneSEが届いて、いざガラスフィルムを貼り付けてみると、画面の左右の両端部分が浮き上がったようになり、ピッタリと貼りつかなかったのです。

iPhoneSEにiPhone8用ガラスフィルム貼付

iPhoneSEにiPhone8用のガラスフィルムを貼り付けたところです。

画面両端に空気が入ったような線が入っているのがわかるかと思います。

空気が入った線のところは、いくら押さえてもガラスフィルムは貼りつきませんでした。

iPhone8とiPhoneSEは本体に変更はなかったのですが、液晶画面は仕様変更がありました。

左右の画面端が微妙にラウンドしているため、ガラスフィルムが浮いてしまうのです。

ガラスフィルムでなければ画面のラウンドに沿って貼りつくと思われます。

ですから、ガラスフィルムでiPhone8用のものをiPhoneSE用として販売しているものは、貼り付けると私のように失敗する可能性が高いので注意してください。

iPhoneSEにピッタリ貼りつくガラスフィルム

それでは、iPhoneSEにガラスフィルムは貼れないのかというと、そうではありません。

iPhoneSEの画面でもピッタリと貼ることができるガラスフィルムを見つけました。

NIMASO製のiPhoneSE用ガラスフィルムです。

このガラスフィルムは、iPhoneSE用に新設計されたもので、画面のラウンドにも対応して浮き上がることなく貼り付けることができます。

iPhoneSEにNIMASOガラスフィルム貼付

iPhoneSEにNIMASO製のガラスフィルムを貼り付けたところです。

先ほどとは違って、画面両端まで真っ黒になって貼りついていることがわかってもらえるかと思います。

きれいに貼りついてくれるとうれしいものです。

NIMASOのiPhoneSE用ガラスフィルムは2枚セットになっているので、使っている間に割れたとしても予備が1枚あるので安心です。

iPhoneSEガラスフィルム

このガラスフィルムは、画面側全体をカバーするタイプで、端の方は滑らかに角を落とす処理がされていて、手触りが良いです。

iPhoneSEに貼り付けるときはプラスチック製の台紙が少し剥がしにくいですけど、位置を合わせてガラスフィルムを乗せるときれいに貼りついてくれました。

ガラスはツルツルとしていて手触りが良いです。

落としたときの保険という意味でもガラスフィルムを貼っていると安心できます。

iPhoneSEのガラスフィルムでどれにしようか迷われている方は、NIMASO製のガラスフィルムを検討してみてください。

まとめ

今回は、iPhoneSEのガラスフィルムを買うときに注意することとおすすめのiPhoneSE用ガラスフィルムを紹介しました。

要点をまとめると次のようになります。

  • iPhoneSEとiPhone8は液晶画面が共通ではない
  • iPhone8用のガラスフィルムをiPhoneSEに貼ると両端が浮き上がる
  • NIMASOのiPhoneSE用ガラスフィルムは専用設計
  • 液晶全体をカバーするガラスフィルム
  • NIMASOのガラスフィルムは浮くことなくきれいに貼れる

私はiPhone8用のものをあわてて買って失敗したので、きっちりiPhoneSE用に新しく設計されたガラスフィルムを買ってください。

本日は、最後までご覧いただいて、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください