ポイ活はGポイントで充実!おすすめの稼ぎ方とポイント交換を公開

Gポイント新規登録キャンペーン

ポイントサイトの「Gポイント」を使っていますか。

Gポイントは、モッピー、ハピタス、ポイントインカムなど、ほかのポイントサイトと同じように広告やサービスの利用でポイントが稼げます。

さらにGポイントは、他のポイントサイトで貯めたポイントを交換する中継地点としても使えるポイ活に欠かせないおすすめのポイントサイトです。

今回は、Gポイントでのポイント稼ぎとおすすめの交換先を解説していきたいと思います。

Gポイントとは

Gポイントのロゴ

Gポイントの名前を初めて聞いた方もいると思うので、まずGポイントがどのようなポイントサイトであるかを説明します。

Gポイントの概要

Gポイントは、成功報酬型広告を中心に広告代理業を行っている、「ポイントサイト」や「お小遣いサイト」と呼ばれるサイトの一つです。

東京都品川区東品川4ー12ー4品川シーサイドパークタワー3Fに所在する「ジー・プラン株式会社」が運営しています。

ジー・プラン株式会社は、ビッグローブ株式会社と三井住友カード株式会社が出資している会社です。

Gポイントの基本情報は、次のとおりです。

運営会社 ジー・プラン株式会社
運営開始 2001年
年齢制限 12歳から利用可能
※12歳から18歳は保護者の同意が必要
ポイント制度 Gポイント
ポイント単位 G
有効期限 1年間ポイントの増減がないと失効
レート 1G=1円
会員数 400万人以上

Gポイントは、2001年からサービス開始になっており会員数は400万人を超えています。

保護者の同意があれば12歳から利用できるので、中学生、高校生でも利用できるポイントサイトです。

ポイントのレートは、1G=1円換算となるので、広告やサービスを利用するときに何円相当を獲得できるかがすぐにわかります。

Gポイントのメリット

Gポイントのメリット

Gポイントを利用するメリットにどのようなことがあるか調べてみました。

結論として、Gポイントは信頼度の高い安心して使えるポイントサイトであると言えます。

Gポイントのメリット
  • 広告やサービス利用でポイントが貯まる
  • 他のポイントサイトのポイントを合算できる
  • 運営会社がしっかりしている
  • 運営20年目で会員数400万人と信頼度が高い
  • 友達紹介でもポイントが貯まる

運営会社がKDDIグループのビッグローブ株式会社と三井住友グループの三井住友カード株式会社の共同出資ということで、安定度と信頼性が高いです。

運営が20年目に入り、会員数も400万人を突破するなど、ポイントサイトの中でも抜群の信頼度を誇ります。

Gポイントは、ポイントサイトとしても大量ポイントを獲得できる広告が用意されており、他のポイントサイトからポイントを合算する中継地点としても活用できるので、ポイントをまとめることができます。

Gポイントへお得に新規登録

Gポイントには、友達招待から新規登録をするのがお得です。

登録はこちら⇒Gポイント友達招待

上のバナーから新規登録をして電話認証が完了するとポイントがプレゼントされます。

新規登録の入力事項

新規登録時に入力する事項を説明します。

Gポイント会員IDとパスワードは自分で決められるので先に決めておくと登録がスムーズにできます。

入力項目
  • Gポイント会員ID
  • パスワード
  • 姓名(セイメイ)
  • メールアドレス
  • 性別
  • 生年月日
  • 郵便番号

入力をすべて終わってから画像認証に表示されている英数字を入力して確認画面に移動します。

その後、登録したメールアドレス宛に仮登録確認メールが届くので、7日間以内に【Gポイント会員登録完了URL】をクリックして会員登録を完了させてください。

Gポイントは完全無料

Gポイントなどのポイントサイトを使ったことがない方は、「入会金が高いのではないか。」「稼ぎ以上の利用料を取られるのではないか。」などという心配をする方もいると思います。

でも安心してください、Gポイントは、登録料が無料で、毎月の利用料もかからないので完全無料で使えます。

まだGポイントに登録したことのない方は、ぜひこの機会に登録してみてください。

Gポイントの新規登録はこちらから

Gポイントの稼ぎ方

Gポイントでポイントを貯める

Gポイントは、これまで説明してきたようにポイントサイトとしてポイントを貯めることができます。

しかも他のポイントサイトと遜色ないポイントが稼げる優秀なポイントサイトとなっています。

Gポイントの高還元サービス

Gポイントに掲載されている広告やサービスを利用するにあたって、おすすめする高還元サービスを紹介します。

Gポイント高還元サービス

  • dカードGOLD 23,500G
  • 出光カード 3,500G
  • トラノコ口座開設・ポイント投資 5,000G
  • 三井住友カード 3,000G
  • GMOとくとくBB「auひかり」 30,000G
  • ネスレ「バリスタ アイ」 13,000G
  • エポスカード 5,000G
  • 不動産投資RENOSY(リノシー) 30,000G

Gポイントでは、クレジットカード発行、口座開設、不動産投資面談、ショッピングなど、ポイントサイトで大量ポイントを稼げる広告が数多く掲載されています。

特に紹介している広告は、かなりの高還元で大量ポイントが稼げるので、ぜひ利用してください。

旅行にはGポイントトラベル

また、Gポイントトラベルを利用すると、「じゃらん」「楽天トラベル」など、各旅行サイトのポイントとGポイントが同時に貯まるので旅行に行くときは一度利用してみてください。

Gポイントトラベル

Gポイントでポイントがもらえる仕組み

Gポイントは完全無料で使えるうえに、Gポイントを経由して広告やサービスを利用するとポイントが稼げてしまうことを不思議に思ったり、怪しい・危険と感じる方も中にはいるのではないかと思います。

そのような方に向けて、なぜGポイントを利用するとポイントがもらえるのか、その仕組みを解説します。

Gポイントもらえる仕組み

Gポイントの仕組み
  • Gポイントが、広告主からの依頼を受けてサイト内に広告を掲載する。
  • Gポイントの会員がサイト内の広告経由で申込・購入・登録等の広告利用をすると、Gポイントが広告主に利用通知を行う。
  • 広告主が成功報酬として広告費をGポイントに支払う。
  • 広告を利用したGポイント会員は、Gポイントが受け取った広告費の一部をポイントとして受け取る。

Gポイントの新規登録はこちらから

Gポイントの交換先

Gポイントの交換先

Gポイントは、ポイントサイトとして広告やサービスを利用してポイントを貯めるだけでなく、他のポイントサイトなど「ポイント交換パートナー」のポイントをまとめて、別のポイントサービスで使えるポイントに交換することができます。

Gポイントの交換先
Gポイントは、1G=1円換算で現金のほか、「dポイント」「Pontaポイント」「WAONポイント」「nanacoポイント」、そしてウェル活に使える「Tポイント」などの電子マネー、「Amazonギフト券」「App Store & iTunesギフトカード」「Google Playギフトコード」などのギフト券やマイルに交換できます。

Gポイントでおすすめの交換先を紹介します。

  • 楽天銀行 500G⇒500円
  • ゆうちょ銀行 500G⇒500円
  • BIGLOBE 1G⇒1円分支払
  • Amazonギフト券 98G⇒100円分
  • dポイント 100G⇒100ポイント
  • Tポイント 100G⇒100ポイント
  • LINEポイント 100G⇒100ポイント
  • Ponta 100G⇒100Pontaポイント
  • WAONポイント 100G⇒100ポイント
  • Vポイント 500G⇒500Vポイント
  • App Store & iTunesギフトカード 490G⇒500円分
  • Google Playギフトコード 490G⇒500円分
  • ANAマイレージクラブ 30G⇒10マイル
  • JALマイレージバンク 30G⇒10マイル

まとめ

今回は、Gポイントでのポイント稼ぎとおすすめの交換先を解説しました。

今日のポイント
  1. ポイントサイトとしてポイントが貯まる
  2. ポイントをまとめる中継地点としても利用できる
  3. 運営20年で会員数400万人以上と信頼度が高い
  4. 招待からの新規登録で50Gがもらえる
  5. 友達紹介でも稼げる

Gポイントは、ポイントサイトとしても高還元サービスが多く用意されているので、ポイントを稼ぐことができます。

また、ポイント交換パートナーのポイントをまとめてから、人気のポイントサービスへポイント交換をすることができるので使い勝手がいいです。

私がGポイントを利用するようになったのは、BIGLOBEモバイルを利用していることで毎月ポイントがもらえるようになってからですが、利用頻度が高くなるとともに充実したポイ活ができています。

あなたもGポイントに新規登録して、新しいポイ活をはじめてみませんか。

Gポイントの新規登録はこちらから>

今日も最後までご覧いただいて、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください