プラチナクラスのカードが初年度実質無料で持てるお得なキャンペーン実施中

ダイナースクラブカード入会キャンペーン

興味のある人
 プラチナカードを持ってみたいですけど年会費が高いですよね。

プラチナカード並みの特典や優待があると言われる「ダイナースクラブカード」で、初年度年会費が実質無料で持てるチャンスがあります。

方法は、ポイントサイト「モッピー」のサイト内に掲載されている「ダイナースクラブカード」の広告を経由して発行することでモッピーからポイントがもらえて初年度の年会費分は実質無料になります。

初年度年会費が実質無料であれば、カードを使ってみて継続するかどうかもしっかりと見極めることができます。

今回は、ダイナースクラブカードの概要と、モッピー経由でポイント還元がもらえるお得な発行方法について解説したいと思います。

それでは、早速見ていきましょう。

ダイナースクラブカードとは

ダイナースクラブカードが、どのようなクレジットカードであるか説明します。

ダイナースクラブカードの概要

ダイナースクラブカードのデザイン

ダイナースクラブカードは、1950年にアメリカで誕生した長い歴史を持つクレジットカードで、日本国内向けのカードは「三井住友トラストクラブ株式会社」が発行しています。

ダイナースクラブカード新デザイン

ダイナースクラブカードのデザインは、新しいものに2020年12月1日から変更されていて、1年半以上が過ぎました。

カードデザインが変更されたと言っても旧デザインから大きく変わることはなく、プラチナをイメージさせる銀色に歴史あるグローブモチーフデザインとダイナースクラブのロゴマークが入っています。

新デザインでは、表面からエンボス加工やカード番号などの重要な情報の記載をなくしています。

裏面には、カード番号、有効期限、会員氏名、セキュリティコードなどを集約して記載するようになったので、表面の盗み見による番号盗用などのリスクが軽減されているほか、ダイナースクラブオリジナルの偽造防止ホログラムがついています。

ダイナースクラブカードの基本情報

ダイナースクラブカードの基本情報は、次のとおりです。

申込対象 27歳以上の方
年会費 本人会員:税込24200円
家族会員:税込5500円
国際ブランド ダイナースクラブ
ポイント制度 ダイナースクラブ リワードプログラム
ポイント還元率 0.4〜1.0%
海外旅行保険 最高1億円
国内旅行傷害保険 最高1億円

ダイナースクラブカードは、27歳以上が申込できる年齢となっており他のクレジットカードより高くなっています。

また、年会費も税込24200円で一般的なゴールドカードと比べると高めですが、プラチナカード並みの優待や特典があることを考えると、逆に割安と考えられます。

カード利用枠は、発行会社の「カード会員様への揺るぎない信頼がもっとも大切だと信じている」というポリシーから、会員ごとの利用状況や支払実績などから設定されていて、限度額は「原則なし」となっています。

ダイナースクラブカードの公式サイトでは、2022年10月2日までの申込分で最大50000ポイントがもらえたり、家族カードが初年度年会費無料になる新規入会キャンペーンを実施中です。

入会特典は、新規入会後3ヶ月以内の利用金額が100万円以上になると最大の50000ポイントがプレゼントされて、20万円以上50万円未満で10000ポイント、50万円以上100万円未満で25000ポイントがもらえます。

ダイナースクラブカードのメリット

ダイナースクラブカードのメリット

ダイナースクラブカードを発行するメリットについて説明します。

「ダイナースクラブカード」には「プラチナ」や「ゴールド」といった上級カードで使われる言葉が入っていないので、一般カードのように思われるかも知れません。

しかし、ダイナースクラブカードは一般カードではなく、プラチナカード並みとも言える優待や特典が数多く用意されています。

ダイナースクラブカードの優待と特典
  1. エグゼクティブダイニングで1人分のコース料金が無料になります。
  2. スムーズダイニングで当日カードの提示やサインが不要です。
  3. ごひいき予約.comが利用できます。
  4. 対象ホテルでの宿泊で朝食や部屋のアップグレードを提供されます。
  5. 国内・海外1000ヶ所以上の空港ラウンジを利用できます。
  6. 手荷物1個の宅配サービスが利用できます。
  7. 24時間365日の海外緊急アシスタンス・サービスが利用できます。
  8. ダイナースクラブカードコンパニオンカードを無料で発行できます。

ダイナースクラブカードの優待

ダイナースクラブカードは、「Diners Club」の名前通り発祥当時から飲食店関係の優待や特典で、優れたものが用意されています。

ダイナースクラブカード優待グルメ

「エグゼクティブダイニング」は、全国300店舗以上となる対象レストランで2人以上のコース料理を注文した場合、1人分のコース料金が無料になったり、6人以上でコース料理を注文した場合、2人分のコース料金が無料になるサービスです。

「ごひいき予約.com」は、2020年9月からはじまった新サービスで、予約が取りにくい有名店等で生じたキャンセル席の情報が早くて2日前からメールで教えてもらえる上に予約まで取れてしまいます。

「ごほうび予約」は、頑張った自分へのご褒美などに使える、いつもよりいいお店で美味しいものがイートインとテイクアウトのどちらでも利用できるサービスです。

ダイナースクラブカード優待ホテル

ダイナースクラブ「国内クラブホテルズ・旅の宿」では、国内の厳選ホテル・旅館で使える優待が用意されていて、会員からの要望が高いものが用意されています。

国内クラブホテルズ・旅の宿では、ホテルで「朝食無料(1室2人分まで)」「予約時に部屋のアップグレード確約」「ホテルクレジット」、旅館で「予約時に部屋のアップグレード確約」「旅館で利用できるクレジット」「食事のアップグレード」の中から1つ以上の特典が提供されます。

ダイナースクラブカード優待

他にもダイナースクラブカードの旅行関連の優待としては、空の旅でも国内主要32空港を含む国内海外1300ヶ所以上の空港ラウンジが利用できたり、海外から帰国の場合に空港から指定した場所まで荷物を1個まで無料で宅配してもらえます。

ダイナースクラブカードのポイントプログラムでマイルを獲得

ダイナースクラブカードのポイントには有効期限がないので、マイルを貯める手段としても適しています。

ダイナースクラブリワードプログラムで、ダイナースクラブカードを利用すると100円ごとに1ポイントが貯まります。

貯まったポイントは、Amazonギフト券・楽天ポイントのほか色々なアイテムに交換できて、「ダイナースグローバルマイレージ」(年間参加料6600円)に入会することでANAなどの航空会社の「マイル」に交換できます。

交換レートは、1ポイント=1マイルになっていて年間の交換上限は航空会社ごとに決められています。

例えば、ANAマイルへと交換する場合、年間の交換上限は40000ポイントまでとなり、2022年1月28日から2.5ポイント=1マイルでJALマイルへ交換できるようになりました。

ダイナースクラブカードとコンパニオンカード

ダイナースクラブカードの国際ブランドは「ダイナースクラブ」のため、他のクレジットカードに比べて日本国内での利用箇所が他の国際ブランドに比べて少ないというデメリットがありました。

しかし、無料で発行できるコンパニオンカードとしてMastercardのプラチナグレードになる「トラストクラブ プラチナマスターカード」が登場したことで、多くの店舗で使えるようになっています。

ダイナースクラブカード発行でモッピーポイント獲得

モッピーのサイト内に掲載されている広告を経由してダイナースクラブカードを発行すると、モッピーポイントがもらえます。

ダイナースクラブカード発行でもらえるモッピーポイント

モッピーポイントで、24200ポイントがもらえます。

MEMO
モッピーポイントは、1ポイント=1円換算で、現金のほか「WAONポイント」「nanacoポイント」「PayPay残高」「Fami Payギフト」「Tポイント」などの電子マネー、「Amazonギフト券」「Apple Gift Card」「Google Playギフトコード」などのギフト券に最低300ポイントから交換できて、さらにJALマイルにも交換できます。

ダイナースクラブカードの年会費は税込24200円なので、24200ポイントを現金に交換すると初年度の年会費が実質無料になります。

ポイント獲得条件は、モッピーのサイト内に掲載されている「ダイナースクラブカード」の広告を経由してダイナースクラブカードを新規発行するだけです。

【獲得対象外】
※不備・不正・虚偽・重複・いたずら・キャンセル
※同一IPアドレスによる申込み
※申込みから3ヶ月以上経過して発券に至らなかった場合
※スポンサーに正常な申込みでないと判断された場合

モッピー経由のダイナースクラブカードの発行手続きは、次のとおりです。

モッピー経由の発行方法
  1. モッピーのサイト内に掲載されているダイナースカードの広告ページから「POINT GET!」をクリック
  2. 移動先のページで「お申し込みはこちら」をクリック
  3. 規約を確認の上「次へ進む」をクリック
  4. 必要事項の入力と入力内容の確認
  5. 申込完了
  6. 審査後にカード発行
  7. カード受取完了

ダイナースクラブカード発行でモッピーポイントがもらえる仕組み

なぜ、モッピー経由で「ダイナースクラブカード」を新規発行するだけで24200円相当のモッピーポイントがもらえるのか、「胡散臭い」「何か怪しい」「もらったポイント以上に請求されないか」など心配になった方のためにモッピー会員がどのような仕組みでポイントをもらえるのかについて説明します。

モッピーポイントがもらえる仕組み
モッピーでポイントがもらえる仕組み【図解】

  1. モッピーが、広告主からの依頼を受けてサイト内に広告を掲載します。
  2. モッピーの会員がサイト内の広告経由で申込・購入・登録などの広告利用をすると、モッピーが広告主に利用通知を行います。
  3. 広告主が確認すれば成功報酬として広告費をモッピーに支払います。
  4. 広告を利用したモッピー会員は、モッピーが受け取った広告費の一部をモッピーポイントとして受け取ります。

今回の案件で言うと、モッピー会員がモッピーに掲載された広告経由で「ダイナースクラブカード」に申し込んで新規カード発行が完了すると広告利用の条件達成になります。

条件を達成すると、広告主である「三井住友トラストクラブ株式会社」からモッピーへ成功報酬が支払われ、モッピーでは受け取った成功報酬の一部を広告利用したモッピー会員にモッピーポイントとして還元しています。

モッピー会員が、広告やサービス利用でもらえる「モッピーポイント」は、モッピーが広告主から受け取った広告費の一部を報酬として会員に還元しているものなので、怪しいことや胡散臭いと言ったことはまったくなく、まして後から何か請求されることもなく、報酬として真っ当に受け取ることができるポイントなので安心してください。

モッピー経由のダイナースクラブカード新規申込はこちらから

モッピーの解説
モッピー解説

  • モッピーは、成功報酬型広告を中心に広告代理業を行っている「ポイントサイト」や「お小遣いサイト」と呼ばれるサイトの一つです。
  • モッピーでは、クレジットカード発行、ネット銀行等の口座開設、無料アプリのダウンロード、スマホの月額サービス利用、楽天市場やYahoo!ショッピングなど有名ネットショップでのお買物、無料ゲームへの参加などで、ポイントを獲得できます。
  • モッピーは、東証プライム上場企業が運営する累計会員数1000万人を超える大手ポイントサイトで、信頼度の高さは折り紙付きです。

モッピーでは、当ブログ経由の新規登録と入会月の翌々月末までにモッピーの広告やサービス利用で5000ポイントを獲得すると、2000円相当のモッピーポイントがもらえる友達紹介キャンペーンを実施中です。

 

モッピーの友達紹介キャンペーンはこちら

 

モッピーの登録は、最短5分で完了できて、入会金と年会費は無料なので、安心して登録してください。

まとめ

今回は、ダイナースクラブカードの概要とモッピー経由の発行について解説しました。

今日のポイント
  1. 年会費は税込24200円ですがプラチナカード並みの優待や特典が数多く用意されています。
  2. 2022年10月2日申込分まで最大5万ポイントがもらえる新規入会キャンペーンを開催中です。
  3. エグゼクティブダイニングは有名レストランで1人分のコース料金が無料になります。
  4. ポイントプログラムで航空会社のマイルに1ポイント=1マイルで交換できます。
  5. モッピー経由で新規発行すると初年度年会費が実質無料になります。

モッピーに掲載されている「ダイナースクラブカード」の広告を経由してからを新規発行するという一手間をかけることで24200円相当のポイントを獲得できます。

モッピーでは、今回紹介したクレジットカード発行の他にも、ネットショッピング、ネット銀行の口座開設、FXの口座開設などの広告やサービス利用で、モッピーポイントを多く獲得することができます。

私自身、モッピーで獲得したポイントを現金に交換したり、ANAマイルやJALマイルに交換して特典航空券を発行することで飛行機に無料で乗ったり、スマホアプリの課金に使ったり、電子マネーに交換してスマホ決済で利用するなど、有効活用できています。

まだ、モッピーに新規登録をされていない方は、ぜひこの機会に登録してみてください。

あなたも、モッピーへ新規登録後にダイナースクラブカードを発行して、初年度年会費無料でプラチナカード並みと言われる特典や優待を体験してみませんか。

モッピーの新規登録はこちら

本日も最後までご覧いただいて、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください