ANAもスマホ決済に参戦!マイルが貯まるANA Pay(アナ ペイ)の調査結果を公開

ANAPayのアイキャッチ

航空会社の「ANA」が新たにスマホ決済をはじめました。

名前は「ANA Pay(アナ ペイ)」で、QRコードやバーコードを読み取ってもらって支払いをします。

ANA Payは、JCBと提携する形で実施され、利用することでマイルが貯まっていきます。

ANAのマイルが貯まるということで、陸マイラーにとって気になるスマホ決済であることに間違いありません。

今回は、新しく参入したスマホ決済のANA payについて、メリットや使い勝手に関する調査結果を紹介したいと思います。

それでは、早速見ていきましょう。

ANA Payの概要

ANAPay利用イメージ

ANA Payは、全日本空輸株式会社(ANA)が提供するキャッシュレス決済で、2020年12月10日からサービスが開始されました。

ANA Payの基本情報は、次のとおりです。

アプリ ANAマイレージクラブアプリ
支払い方法 QR/バーコード表示
利用箇所 ANA PayまたはSmartCodeのロゴマークがある店舗
チャージ方法 JCBのクレジットカードからチャージ
チャージ手数料:無料
ポイント還元 ANAマイル
還元率 200円=1マイル

ANA Payは専用アプリではなく、ANAマイレージクラブアプリにある機能として利用します。

支払いは、アプリでQRコードまたはバーコードを表示して読み取りすることで、あらかじめチャージした金額から差し引かれます。

ANAPay利用店舗

利用できるのは、「ANA Pay」または「Smart Code」のロゴマークが表示されている店舗となります。

チャージは、現在のところJABのクレジットカードのみが対応しています。

ANa PayではANAマイルが付与され、200円の利用ごとに1マイルが貯まります。

ANA Payのメリット

ANA Payを利用するメリットとして、どのようなものがあるか調べてみました。

ANA Payのメリット
  • ANAのマイルが貯まる
  • ANA JCBカードのチャージでマイルがさらに貯まる
  • 今なら会員登録で500マイルとダブルマイルが貯まる

ANa Payの特徴として一番大きいのは、ANAのマイルが貯まることで、スマホ決済から直接マイルを貯められるのは魅力的です。

ANA JCBカードでANA Payにチャージすると、次のように1000円分のチャージごとに最大11マイルが付与されます。

JCBカード種類 積算マイル
ANA JCBカード(一般) 1マイル
ANA JCBカード(ゴールド) 6マイル
ANA JCBカード(プレミアム) 11マイル

ANAPay JCBカードマイル還元

ANA JCBゴールドカードであれば、チャージと支払いを合わせて1000円で11マイルになるので、マイル還元率が1.1%になります。

注意点としては、JCBカードのポイント制度である「Oki Dokiポイント」はANA Payのチャージに利用した場合は、ANAマイルのみが付与されます。

ANA Payではサービス開始を記念して新規入会キャンペーンを実施しています。

ANA Payへの新規登録とエントリーで500マイルと期間中は通常の倍になる200円の利用ごとに2マイルが付与される特典がもらえます。

ANA Payは入会金・年会費が無料なので、キャンペーン期間中に登録して500マイルとダブルマイルを獲得してください。

ANA Payの使い勝手

ANA Payを利用するには事前にアプリのダウンロードと登録が必要となります。

ANAPay利用開始方法

ANAには、「ANA」アプリと「ANAマイレージ」アプリの2種類があり、ANA PayはANAマイレージアプリから使います。

ANAマイレージアプリを開くと画面下にインフォメーションがあるので、選択して登録画面に移動します。

実際に使ってみると、決済用のバーコードを表示させるのに手間がかかると感じました。

ANAマイレージクラブとの紐つけに便利なのかもしれませんが、ANA Pay専用アプリにする方がわかりやすかったのではないかと思います。

ANAマイルを大量に貯める方法

ANAマイルを貯めると、特典航空券に交換してANAの国内線や国際線を無料で利用することができます。

ANA Payの利用でもマイルを貯められますが、特典航空券を発行できるほどのマイルを貯めるとなれば、かなりの金額が必要になります。

そこでおすすめなのが、ポイントサイト「モッピー」を活用した「ポイ活」です。

モッピーで貯めたポイントは、ポイント中継サイトなどを利用してANAマイルへ交換すると、キャンペーンを活用した場合80%以上の高レートで交換できます。

モッピーポイント10000ポイントで約8000マイルへと交換できる計算です。

モッピーに掲載されている広告を経由して利用すると、モッピーポイントがもらえる仕組みについて図を使って説明します。

モッピーでポイントがもらえる仕組み【図解】

  1. モッピーが、広告主からの依頼を受けてサイト内に広告を掲載する。
  2. モッピーの会員がサイト内の広告経由で申込・購入・登録等の広告利用をすると、モッピーが広告主に利用通知を行う。
  3. 広告主が成功報酬として広告費をモッピーに支払う。
  4. 広告を利用したモッピー会員は、モッピーが受け取った広告費の一部をモッピーポイントとして受け取る。
モッピー会員が広告やサービスを利用してもらえるポイントは、モッピーが広告主から受け取る広告費の一部を報酬として還元しているので、怪しいことや危険なものではありません。

クレカ発行のほかにもネットショッピング、商品購入、ネット銀行や証券会社の口座開設、不動産投資面談、ネットショッピング、スマホの月額サービス利用など、パソコンやスマホを活用ことでポイントがもらえます。

モッピーは、東証一部に上場する企業「株式会社セレス」が運営する会員数が800万人以上の老舗ポイントサイトなので安心して登録してください。

2020年12月は、新規登録とモッピーの広告やサービスを利用して5000ポイント以上を獲得する条件を達成すると、2000ポイントがもらえる新規入会キャンペーンを実施しているので、次のリンクから登録してください。

モッピーの新規登録はこちら

モッピーは、入会金無料、年会費無料で利用できるので、ぜひこの機会に入会してみてください。

まとめ

今回は、新しく参入したスマホ決済のANA payについて、メリットや使い勝手に関する調査結果を紹介しました。

ANA Payの専用アプリがないため、登録方法や利用に少し手間取りますが、決済するだけでANAマイルが直接貯められるのは大きな魅力です。

ANA Payはまだサービスを開始したばかりで、利用環境はさらによくなっていくと思われます。

モッピーを活用したポイ活でポイントを貯めてANAマイルに交換しつつ、日常の支払いはANA Payを使って補助的にマイルを貯めていくと、かなりのマイルが貯められるのではないでしょうか。

またANA Payを通じて、さまざまな用途へのサービス拡大が期待されます。

あなたもANA Payを活用してANAマイルを貯めてみませんか。

本日も最後までご覧いただいて、ありがとうございました。

モッピーの新規登録はこちら

今日も最後までご覧いただいてありがとうございました。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください