東急カードの入会特典が期間限定アップで合計11500円相当がもらえる新規発行キャンペーン実施中

東急カード(TOKYU CARD)のアイキャッチ

  • 東急線や東急百貨店をよく利用する
  • PASMO一体型のクレジットカードが欲しい
  • ポイントの貯まるクレジットカードを持ちたい

この記事は、そんな方に向けて書いてみました。

東急カードが、お得に発行できるキャンペーンを実施しています。

ポイントサイト「モッピー」を経由して、東急カードを発行すると、公式サイトの入会特典だけでなくモッピーからポイントがもらえます。

初年度年会費無料で、もらえる入会特典やモッピーポイントなどが2021年9月26日までの期間限定で大幅アップしているので、東急カードを発行するチャンスです。

今回は、東急カード(TOKYU CARD)の概要とモッピー経由の発行キャンペーンについて解説したいと思います。

それでは、早速見ていきましょう。

東急カード(TOKYU CARD)とは

東急カードは、どのようなクレジットカードであるのか説明します。

東急カード(TOKYU CARD)の概要

東急カードとは、東急グループのクレジットカード部門である「東急カード株式会社」が発行するクレジットカードです。

この記事では、東急カードの中でも「TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO」について説明します。

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO

カードデザインは、東急グループのロゴをモチーフにしたものに「TOKYU CARD」「clubQ」のロゴなどが入っています。

東急カードでは、新規入会キャンペーンで2021年9月26日(日)までの申込と2021年10月31日までの発行で3000円分のTOKYU POINTと、エントリー後の利用で2000円分のTOKYU POINTがもらえるキャンペーンを実施しています。

東急カード(TOKYU CARD)の基本情報

「TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO」の基本情報は、次のとおりです。

申込対象 18歳以上で本人または配偶者に安定継続収入のある方
または、高校生を除く18歳以上で学生の方
※未成年の学生の方は、親権者の同意が必要となります。
年会費 初年度年会費無料
2年目以降税込1100円
家族会員 初年度年会費無料
2年目以降税込330円
国際ブランド VISA
Mastercard
ポイント制度 TOKYU POINT
ポイント還元率 0.5%〜3%
電子マネー機能 PASMO
スマホ決済 Google Pay
楽天ペイ

初年度年会費無料で2年目以降の年会費も税込1100円と、カードを継続して持つことが負担にならない価格設定になっています。

東急カード(TOKYU CARD)のメリット

東急カードのメリット

東急カード(TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO)を発行するメリットについて説明します。

東急カードのメリット
  1. 東急線PASMO定期券やPASMOオートチャージで最大2%ポイント加算があります。
  2. 「TOKYU POINT」加盟店で最大10%のポイントが貯まります。
  3. 東急グループ以外でも1%のポイント還元があります。
  4. JMB機能があるのでJALマイルも貯められます。

「TOKYU ROYAL CLUB」のメンバーになると東急線PASMO定期の購入やPASMOオートチャージサービスの利用で最大2%のポイントが貯まります。

PASMOオートチャージサービスは、PASMOの残額が設定した実行残額以下の時に改札機を通過すると、自動的にチャージされるサービスで、通常は毎月の利用額に応じてTOKYU POINTが1%分貯まります。

主に東急沿線にあるTOKYU POINT加盟店では、TOKYU POINTが最大10%分貯まって、貯まったポイントは1ポイント=1円換算で買物に使えます。

VISAまたはMastercardの加盟店で利用した場合もTOKYU POINTが1%分貯まります。

東急カード(TOKYU CARD)発行でモッピーポイント獲得

モッピーのサイト内に掲載されている「東急カード(TOKYU CARD)」の広告を経由してカードを発行すると、先ほど紹介した公式サイトのキャンペーンはもちろん、モッピーポイントも獲得できます。

東急カード(TOKYU CARD)発行でもらえるモッピーポイント

モッピーポイントで、6500ポイントがもらえます。

MEMO
モッピーポイントは、1ポイント=1円換算で、現金のほか「dポイント」「WAONポイント」「nanacoポイント」「PayPay残高」「Fami Payギフト」「Tポイント」「楽天ポイント」などの電子マネー、「Amazonギフト券」「App Store & iTunesギフトカード」「Google Playギフトコード」などのギフト券に最低300ポイントから交換できて、さらにJALマイルにも交換できます。

ポイント獲得条件は、新規カード発行完了です。

初めて東急カードを申込される方がポイント対象となります。

【獲得対象外】
※不備・不正・虚偽・重複・いたずら・キャンセル
※カード切替えの場合
※同一ユーザーの二回目以降の発券の場合
※その他お申込内容に不備がある場合

ポイント獲得の流れ
広告サイトへアクセス→東急カードのお申込はこちらをクリック→必要事項を入力→入力内容の確認→口座振替設定→カード到着→カード発行完了!

東急カード(TOKYU CARD)発行でモッピーポイントがもらえる仕組み

なぜ、モッピー経由で「東急カード(TOKYU CARD)」を新規発行するだけで6500円相当のポイントがもらえるのか、「胡散臭い」「何か怪しい」などと思われた用心深いあなたのために、「モッピー」でどのような仕組みでポイントがもらえるのかを図で説明します。

モッピーポイントがもらえる仕組
モッピーでポイントがもらえる仕組み【図解】

  1. モッピーが、広告主からの依頼を受けてサイト内に広告を掲載します。
  2. モッピーの会員がサイト内の広告経由で申込・購入・登録などの広告利用をすると、モッピーが広告主に利用通知を行います。
  3. 広告主が確認すれば成功報酬として広告費をモッピーに支払います。
  4. 広告を利用したモッピー会員は、モッピーが受け取った広告費の一部をモッピーポイントとして受け取ります。

今回の案件で言うと、モッピー会員がモッピーに掲載された「東急カード(TOKYU CARD)」の広告を経由してカードを発行すると広告利用の条件達成になります。

条件を達成すると、広告主である東急カード株式会社からモッピーへ成功報酬が支払われ、モッピーでは受け取った成功報酬の一部を広告利用したモッピー会員にモッピーポイントとして還元します。

モッピー会員が広告やサービス利用でもらえる「モッピーポイント」は、モッピーが広告主から受け取る広告費の一部を報酬として会員に還元しているものなので、「怪しい」「胡散臭い」と言ったことや後から高額請求されることのない、報酬として正当に受け取ることができるポイントなので安心してください。

モッピーの解説
モッピー解説

  • モッピーは、成功報酬型広告を中心に広告代理業を行っている「ポイントサイト」や「お小遣いサイト」と呼ばれるサイトの一つです。
  • モッピーでは、クレジットカード発行、ネット銀行等の口座開設、無料アプリのダウンロード、スマホの月額サービス利用、楽天市場やYahoo!ショッピングなど有名ネットショップでのお買物、無料ゲームへの参加などで、ポイントを獲得できます。
  • モッピーは、東証一部上場企業が運営する累計会員数800万人を超える大手ポイントサイトで、信頼度の高さは折り紙付きです。

モッピーでは、当ブログ経由の新規登録と入会月の翌々月末までにモッピーの広告やサービス利用で5000ポイントを獲得すると、2000円相当のモッピーポイントがもらえる友達紹介キャンペーンを実施中です。

 

モッピーの友達紹介キャンペーンはこちら

 

モッピーの登録は、最短5分で完了できて、入会金と年会費は無料なので、安心して登録してください。

まとめ

今回は、東急カード(TOKYU CARD)の概要とモッピー経由の発行キャンペーンについて解説しました。

「東急カード(TOKYU CARD)」は、東急沿線を利用する方だけでなく、PASMOやポイント利用される方にも便利なクレジットカードです。

しかも、初年度年会費無料でモッピー経由で発行することによって最大11500円相当のポイントがもらえます。

モッピーでは、今回紹介したクレジットカード発行のほかにも、ネットショッピング、口座開設などの広告やサービス利用のほか、友達紹介で多くのモッピーポイントを獲得することができます。

私自身、モッピーで獲得したポイントを現金に交換してお小遣いにしたり、ANAマイルやJALマイルに交換して特典航空券の発行に利用して無料で飛行機に乗ったり、スマホアプリの課金に使ったり、電子マネーに交換してスマホ決済で利用したりと、とても有意義なポイ活ができるようになりました。

あなたも、この機会にモッピーへ新規登録をしてから「東急カード(TOKYU CARD)」を発行してみませんか。

モッピーの新規登録はこちら

本日も最後までご覧いただいて、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください