おまかせ投資のTHEOで約2ヶ月経過!資産は増加したかそれとも減少したか結果を公開

THEOdocomo資産推移イメージ

おまかせ資産運用の「THEO+docomo」をはじめてからもうすぐ2ヶ月になろうとしています。

結果は、世界的に不安定な情勢の中、THEO+docomoに預けた資産の推移を見てみると増やしてくれています。

ポイントサイト「モッピー」を経由して新規口座開設をしたので、モッピーポイントが付与されており、合計すると9,000円ほどのプラスになっています。

現在の状況ではTHEO+docomoは、おまかせ投資として有望なプログラムではないかと感じています。

今回は、THEO+docomoの概要と資産推移、モッピー経由の新規口座開設について解説したいと思います。

THEO+docomoとは

私が利用している「THEO+docomo」がどのようなサービスか説明します。

THEO+docomoの概要

THEO+docomo運用イメージ

「THEO+docomo」は、 おまかせ資産運用の「THEO」とdocomoが共同で運営する資産運用のプログラムです。

THEO+docomoの特徴は、資産によって毎月dポイントが付与されて、ドコモの携帯電話を利用している人は1.5倍のポイントが付与されます。

資産額 ドコモ回線 ドコモ回線以外
50万円 900ポイント 600ポイント
100万円 1,800ポイント 1,200ポイント
300万円 5,400ポイント 3,600ポイント

例えばTHEO+docomoに50万円の資産を預けている場合、毎月、ドコモ利用者で900ポイント、ドコモ利用者以外でも600ポイントが付与されます。

ですから、1年間でドコモ利用者は10,800ポイント、ドコモ利用者以外は7,200ポイントがもらえます。

dポイントは、1ポイント=1円で、d払いやドコモの携帯料金などに利用できるため、実質的には配当と同じことになります。

THEO+docomoの資産運用方針

THEOドコモ資産推移イメージ

資産運用の方針は5つの質問に答えるだけで終わる診断をもとに行われます。

用意されている231通りのポートフィリオから1つを選んで運用されます。

基本的にTHEOにおまかせとなるので、特にすることはありません。

長期間にわたって積立をしていく、ほったらかし投資が一番あっています。

おまかせ運用は、大学教授と資産運用のプロが監修するとともに毎月1回の投資政策委員会で、パフォーマンスや取引状況をモニタリングしています。

THEO+docomoのメリット

THEO+docomoを利用するメリットには、どのようなものがあるか調べてみました。

THEO+docomoメリット
  • プロとAIによるおまかせ資産運用
  • 231通りの中から専用の運用を開始
  • 世界86の国・地域で11,000銘柄以上に分散投資
  • 8.5万人が運用して満足度90%
  • dポイントとの連携で毎月ポイントがもらえる

資産運用が、完全におまかせできます。

THEO+docomoの資産推移

2020年5月25日に6万円を入金して運用を開始しており、6月に積立で1万円を入金しています。

記事作成時点(2020年7月20日)における資産推移は次のとおりです。

THEO+docomo資産推移

2020年6月30日に+1,745円(+2.91%)であったのが+3,457円(+4.94%)になりました。

今のところ、順調に資産を増やしてくれています。

完全におまかせなので、私は資産推移を見ることがあまりありません。

金額を気にすることなく、気が向いたときに状況を見るようにしています。

THEO+docomoのお得な申込方法

私は、「THEO+docomo」の申込をポイントサイト「モッピー」経由で行いました。

モッピーのサイト内にある「THEO+docomo」の広告から新規申込後、30日以内に5万円以上を入金して運用を開始すると、モッピーポイントで5,500ポイントがもらえたからです。

モッピーTHEO+docomo

ポイント獲得の流れ
広告サイトへアクセス→今すぐ始めるをクリック→ユーザー登録→アカウント登録完了→必要事項の入力→入力内容の確認→新規口座開設完了→5万円以上の入金→運用開始完了

モッピーポイントは、1ポイント=1円換算で現金、電子マネー、ギフト券などに交換できるため、5,500円相当がもらえることと同じです。

モッピーの会員になると、クレジットカード発行や口座開設、ネットショッピングなど、インターネット上でのさまざまな行動にモッピーを経由させることで、モッピーポイントが獲得できます。

私は、THEO+docomoのような新規口座開設やクレジットカード発行のほか、楽天市場やYahoo!ショッピングのようなネットショッピングでも、モッピーを活用してポインを稼いでいます。

モッピーについて、詳しく知りたい方はこちらのモッピー公式サイトをご覧ください。

[特典付]モッピー公式サイトはこちら

まとめ

今回は、THEO+docomoで資産運用をはじめてみた結果について公開しました。

今日のポイント
  1. THEO+docomoはおまかせ運用が可能
  2. 毎月一定額を積み立てて放置する「ほったらかし投資」がおすすめ
  3. 預けた金額に応じて毎月dポイントがもらえる
  4. 2020年5月25日から6万円で運用をはじめて+3,457円
  5. モッピー経由の新規口座開設と5万円以上の運用でモッピーポイントで5,500ポイントがもらえる

世界的に経済状況が不安定なところにあっても、「THEO+docomo」では+4%以上で運用をしてくれています。

dポイントが毎月付与されますし、まめに動くのが苦手な私からすると、おまかせで運用してもらえるのはかなり魅力です。

今ならモッピー経由で新規口座開設をすればモッピーポイントを稼ぐこともできるので、ぜひこの機会にTHEO+docomoをはじめてみてください。

モッピーの新規登録はこちら>

本日も最後までご覧いただいて、ありがとうございました。

 

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください