復活のサムライマック「炙り醤油風トリプル肉厚ビーフ」はいつまで販売?カロリーや実食レビューも公開

サムライマック炙り醤油風トリプル肉厚ビーフ

マクドナルド「サムライマック」の限定バーガー「炙り醤油風トリプル肉厚ビーフ」が復活して、2022年8月24日(水)から販売開始になりました。

毎日午後5時からの「夜マック」限定で注文できます。

サムライマックの期間限定バーガー「炙り醤油風トリプル肉厚ビーフ」は、2022年4月に販売されて食べたのですが、また食べたくなって早速を食べてきました。

今回は、「炙り醤油風トリプル肉厚ビーフ」がいつまで販売なのかカロリーはどれだけあるのか、また実際に食べてきたのでレビューをお届けしたいと思います。

それでは、早速見ていきましょう。

炙り醤油風トリプル肉厚ビーフの販売期間とカロリー

復活した炙り醤油風トリプル肉厚ビーフがいつまで販売されるのか、販売期間と気になるカロリーを調べてみました。

炙り醤油風トリプル肉厚ビーフの販売期間

マクドナルドのサムライマック

炙り醤油風トリプル肉厚ビーフは、サムライマックのレギュラーメニューである「炙り醤油風ダブル肉厚ビーフ」をパワーアップした商品となります。

2022年8月24日(水)からの期間限定で、午後5時からはじまるディナー限定の「夜マック」の時間帯に食べることができます。

販売期間は、2022年4月と同じく8月24日(水)からの2週間限定となります。

ちなみに炙り醤油風トリプル肉厚ビーフは、昨年も販売されていて2021年4月28日から2021年5月下旬までの販売期間となっていました。

2022年の炙り醤油風トリプル肉厚ビーフは、4月に販売期間が短くなって再登場して、さらに8月にも同じく2週間で再々登場しました。

炙り醤油風トリプル肉厚ビーフのカロリーは

炙り醤油風トリプル肉厚ビーフの重さやカロリーですが、1個あたりの標準製品重量が294グラムで、カロリーは841キロカロリーになります。

マクドナルドのほかのレギュラーメニューと比べると、ノーマルのハンバーガーが標準製品重量104グラムで256キロカロリーとなり、ビッグマックが標準製品重量217グラムで525キロカロリーですから、重さとカロリーはビッグマックを余裕で上回ります。

ハンバーガーの種類 標準製品重量 カロリー
ハンバーガー 104グラム 256キロカロリー
ビッグマック 217グラム 525キロカロリー
炙り醤油風トリプル肉厚ビーフ 294グラム 841キロカロリー

さすがに厚みのあるビーフパティを3枚も重ねて、さらにチーズを間に挟んでいるだけあって、かなりのハイカロリーになるため、おいしいからと言って食べ過ぎには気をつけてください。

炙り醤油風トリプル肉厚ビーフの実食レビュー

私は、炙り醤油風トリプル肉厚ビーフの味とボリュームがお気に入りのため、販売開始日に早速マクドナルドまで食べに行ってきました。

炙り醤油風トリプル肉厚ビーフの外観

炙り醤油風トリプル肉厚ビーフのセット

今回も、4月と同じく炙り醤油風トリプル肉厚ビーフのバリューセットを注文しました。

炙り醤油風トリプル肉厚ビーフは、単品が640円でバリューセットが940円とビーフパティ3枚を使っているためか、セットは1000円近くかかります。

炙り醤油風トリプル肉厚ビーフのパッケージ

炙り醤油風トリプル肉厚ビーフのパッケージです。

重量級である割にパッケージはボックスではなく包装紙で、4月の時と同じ色で同じデザインの包装紙に包まれていました。

炙り醤油風トリプル肉厚ビーフを上から撮影

炙り醤油風トリプル肉厚ビーフを上から撮影しました。

ケシの実入りバンズは相変わらず香ばしい感じを出していて、炙り醤油風ソースやチーズが見えてテンションが上がります。

炙り醤油風トリプル肉厚ビーフを横から撮影

炙り醤油風トリプル肉厚ビーフを横から撮影しました。

3枚のビーフパティがあり、バンズからソースがはみ出ているのとチーズがいい感じにとろけて、おいしそうな雰囲気を出しています。

炙り醤油風トリプル肉厚ビーフを中身を撮影

炙り醤油風トリプル肉厚ビーフのバンズをめくって撮影しました。

炙り醤油風ソースが塗られて、その下に玉ねぎ、チーズ、ビーフパティの順になっています。

炙り醤油風トリプル肉厚ビーフの食レポ

炙り醤油風トリプル肉厚ビーフの食レポ

2022年4月に引き続き今年になって2回目の「炙り醤油風トリプル肉厚ビーフ」を食べてみました。

私はやっぱり「炙り醤油風トリプル肉厚ビーフ」が好きだと再認識しました。

今回は炙り醤油風ソースが多めに塗られていたせいか、ソースとビーフパティ3枚のバランスが取られていて、かなりおいしくいただけました。

普通であれば大きめのビーフパティ3枚になると肉が勝って肉の味がメインになりますが、炙り醤油風ソースの味をしっかり感じながら食べることができました。

最初の一口を食べる時に、ソースのおいしさがきて、後からビーフパティ、チーズ、玉ねぎなどの食感がきました。

炙り醤油風ソースは、いい意味で醤油っぽさがなく、ドロドロになった玉ねぎの甘さやニンニクの風味が楽しめるマクドナルドの中でも上位に入るソースだと思います。

チェダーチーズやシャキシャキの玉ねぎも食べた時に良いアクセントになって楽しめました。

ビーフパティが3枚もあるので十分な量で、食べてお腹いっぱいになりました。

炙り醤油風トリプル肉厚ビーフは、値段は高いものの味とボリュームが高いレベルでバランスが取れているので、私は強く推したいです。

炙り醤油風トリプル肉厚ビーフを実質無料で食べる方法

マクドナルドでPayPay払い

今回食べた「炙り醤油風トリプル肉厚ビーフ」のセットは、カウンターで注文しました。

私は普段マクドナルドで注文する時は、モバイルオーダーは使うことが多く、マクドナルドの店舗に入って席を決めてから注文すれば、カウンターで待つことなく店員さんが席まで持ってきてくれます。

モバイルオーダーの支払い方法は、Apple PayやPayPayなどのキャッシュレス決済から選べて、アプリで支払いができるため財布を出す必要がありません。

私は、ポイントサイト「モッピー」で獲得したポイントをPayPayポイントに交換しているため、今回注文した「炙り醤油風トリプル肉厚ビーフ」セットの代金940円をPayPayで支払うことができて、実質無料で食べられます。

ここで、私が利用しているポイントサイト「モッピー」とは、一体どのようなサイトであるのか、概要やポイント獲得方法などについて説明します。

モッピーの解説
モッピーロゴ
モッピー解説

  • モッピーは、成功報酬型広告を中心に広告代理業を行っている「ポイントサイト」や「お小遣いサイト」と呼ばれるサイトの一つです。
  • モッピーでは、クレジットカード発行、ネット銀行等の口座開設、無料アプリのダウンロード、スマホの月額サービス利用、楽天市場やYahoo!ショッピングなど有名ネットショップでのお買物、無料ゲームへの参加などで、ポイントを獲得できます。
  • モッピーは、東証プライム上場企業が運営する累計会員数1000万人を超える大手ポイントサイトで、信頼度の高さは折り紙付きです。

モッピーでは、当ブログ経由の新規登録と入会月の翌々月末までにモッピーの広告やサービス利用で5000ポイントを獲得すると、2000円相当のモッピーポイントがもらえる友達紹介キャンペーンを実施中です。

 

モッピーの友達紹介キャンペーンはこちらから

 

モッピーの登録は、最短5分で完了できて、入会金と年会費は無料なので、安心して登録してください。

クレカ発行でも口座開設でも!モッピーなら特典とポイントをまとめてGET!

まとめ

今回は、「炙り醤油風トリプル肉厚ビーフ」の販売期間、カロリーや食レポをお届けしました。

2022年4月に続き、8月24日(水)から復活した「炙り醤油風トリプル肉厚ビーフ」は、夜マックになるだけのボリューム感があり味も満足できるものです。

マクドナルドのハンバーガーとしては1個640円と高い気はしますが、ビーフパティ3枚にチェダーチーズ3枚をしっかり食べられるので、それだけの値打ちはあると私は思いますし、リピートもしたくなるおすすめのハンバーガーです。

醤油風トリプル肉厚ビーフは、2022年8月24日(水)から2週間限定で販売されるハンバーガーなので、ぜひ食べてみてください。

本日も最後までご覧いただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください