楽天モバイルの1年間無料キャンペーンはいつまで!?楽天回線の電波状況の改善は?

楽天モバイル1年間無料キャンペーン

楽天モバイルの申込件数が300万回線を突破しました。

1年間無料のキャンペーンは先着300万回線までとなっていましたが、2021年4月7日の申込までプラン料金1年間無料が適用されるようです。

楽天モバイルで気になるのが電波状況ですが、私の近くでは改善されている印象を受けています。

今回は、楽天モバイルの1年間無料キャンペーンと楽天回線エリアの状況について解説したいと思います。

それでは、早速見ていきましょう。

楽天モバイルの1年間無料キャンペーン

楽天UN-LIMIT1年間無料キャンペーン

楽天モバイルでは、「Rakuten UN-LIMIT V」を1年間無料で使えるキャンペーンを実施しています。

楽天モバイルの月額料金プランはワンプランの税込3278円なので、1年間で考えると39000円以上の節約になります。

しかも楽天回線エリアであれば、データ通信や通話がよっぽどな使い方をしない限り使い放題で利用できる大盤振る舞いのキャンペーンです。

新規利用者が、ここまで有利なキャンペーンは今までに見たことがなく、私も昨年4月になってすぐに申し込んだので、もうすぐ1年の無料期間が終了しようとしています。

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT V」の1年間無料キャンペーンが適用されるのは、先着300万回線までとなっていました。

楽天モバイルでは、2021年3月9日に申込が300万回線を突破したことを発表しています。

⇒楽天モバイルの新規申込はこちらから

楽天モバイル1年間無料適用はいつまで

私は、楽天モバイルの料金プラン1年間無料キャンペーンについては300万回線に到達した時点で終了すると思っていました。

しかし、楽天モバイルからの発表でキャンペーンの受付終了は、2021年4月7日(水)とアナウンスされました。

300万回線を突破しましたが、まだしばらくは1年間無料プラン申し込むことができます。

楽天モバイルの独自回線は「Rakuten UN-LIMIT V」ですが、2021年4月1日から「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」にアップグレードされます。



「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」へ変更となっても1年間無料キャンペーンは継続して適用されるので、今からでも「Rakuten UN-LIMIT」に申し込んでも問題はありません。

無料期間が終了してからでも1回線目の場合、データ通信量が1GB未満の月は月額料金が0円になります。

データ利用量 1回線目 2回線目〜5回線目
0GB〜1GB 無料(0円) 税込1078円
1GB超過後〜3GB 税込1078円 税込1078円
3GB超過後〜20GB 税込2178円 税込2178円
20GB超過後〜無制限 税込3278円 税込3278円

最大料金は税込3278円で、楽天回線エリア内であれば、データ通信がほぼ使い放題で利用できて、「Rakuten Link」アプリを使えば国内通話がかけ放題になります。

通信速度は、楽天回線エリアが高速回線のデータ無制限で、パートナー回線エリアは5GB超過後は最大1Mbpsで使い放題となります。

メイン回線として利用するかサブ回線として利用するか、いろいろなパターンがあるとは思いますが、いずれにしても1回戦持っていても損はないと思います。

楽天モバイルポイント還元キャンペーン

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT V」の新規申込で最大25000円相当の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。

⇒楽天モバイルの新規申込はこちらから

楽天回線エリアの改善状況

楽天回線の電波改善

楽天モバイルの回線を利用するにあたっては電波状況が気になるところです。

私が住んでいるところでは、楽天モバイルのホームページの地図ではエリア内に入っているものの、実際は電波が入らず楽天モバイル回線で通信ができない状況でした。

しかし、今年の3月になってから「Rakuten UN-LIMIT」のSIMを入れたiPhone12miniを見てみると、今まで圏外になっていたアンテナが5段階の2まで立っているようになってきたのです。

ちなみにiPhone12miniでは、楽天U N-LIMITのAPNを最初に設定しておけば電波を掴んでくれるようになりました。

iPhonemini楽天回線

今までは、全く電波が入らなかったので、大きな改善だと思います。

楽天回線FASTcom計測結果

ただ、通信速度については、FAST.comで計測すると「9.9Mbps」と10Mbpsに近い速度が出るものの、Webページの切り替えはもっさりしているように感じます。

ウェブサイトでもう少し早く切り替わってくれるとメイン回線での利用も視野に入ってくるのですけど、自宅での電波状況からするとメインで使うにはまだもう少し様子を見る必要があるように感じます。

ただ、楽天モバイルは4Gだけでなく5Gも使えて料金が税込3278円で収まりますし、電波状況が改善されつつあるのでメイン回線の候補になりえると思います。

2021年4月1日以降、どれくらい電波状況がよくなっていくのかを楽しみにしています。

⇒楽天モバイルの新規申込はこちらから

まとめ

今回は、楽天モバイルの1年間無料キャンペーンと楽天回線エリアの状況について解説しました。

楽天モバイルの1年間無料キャンペーンは、「Rakuten UN-LIMIT」を実際に使ってみたい方にぜひおすすめしたいキャンペーンです。

1年間無料キャンペーンが終了してからでも、一月のデータ利用量を1GB未満に抑えると1回線目は料金が0円になるので、回線を持っていても負担になりません。

2021年4月7日までに申し込まないと無料キャンペーンが適用されないので、まだ楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」を申し込んだことがない方は、ラストチャンスを逃さないようにしてください。

楽天回線エリアの電波状況は、少しずつ改善されていて、自宅で今まで全く電波が入らず圏外であったのが、アンテナ2本ぐらいが立つようになりました。

しっかり電波が入るところに比べるとウェブサイトの表示に時間がかかってもどかしいところはありますけど、もっと改善してくれることを期待しています。

楽天モバイルのデータ無制限を無料で使えるラストチャンスなので、この機会に楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」の新規登録をしてみてください。

Rakuten UN-LIMITの新規申込はこちら

本日も最後までご覧いただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください