楽天モバイルは解約か継続かどっち?乗換でおすすめの方法を公開

楽天モバイルは継続か解約

楽天モバイルが無料で使えなくなってしまいます。

以前から契約している方は、2022年7月1日から「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」へ自動的に移行します。

プラン変更最大のデメリットは、これまで月間データ利用量次第で無料で使えていたのが、全て有料になってしまうことです。

メイン回線でデータ利用量が多い方はあまり関係ありませんが、私はサブ回線で楽天モバイルを使っており、0円で使えていたので有料になるのは悩みどころです。

今回は、楽天モバイルを継続するかそれとも解約するか、携帯電話会社の乗換でお得な方法について解説したいと思います。

それでは、早速見ていきましょう。

楽天モバイルの新料金プラン

楽天モバイル新料金プラン

楽天モバイルでは、2022年7月1日(金)から新料金プラン「Rakuten UN-LIMITVII」の提供が始まります。

新料金プランでは、月間データ利用量が3GB以下の場合は税込1078円、3GBを超え20GB以下の場合は税込2178円、20GBを超えた場合はデータ利用量の上限なく税込3,278円となります。

現行の料金プランである「Rakuten UN-LIMITVI」との月額料金(税込)の比較です。

料金プラン Rakuten UN-LIMITVI Rakuten UN-LIMITVII
〜1GBまで 0円 1078円
〜3GBまで  1078円  1078円
〜20GBまで 2178円 2178円
20GB~ 3278円 3278円

サブ回線で利用する場合に一番のメリットとなる0円での維持が、2022年7月1日からできなくなります。

ただ「Rakuten UN-LIMITVI」を利用していた方は、2022年7月1日から8月31日までは料金が据え置きになり、2022年9月1日から10月30日までは、プラン料金相当分の楽天ポイントがもらえるので実質無料で使えます。

楽天モバイルの継続をおすすめする方

楽天モバイルSIM

楽天モバイルを解約せずに継続をおすすめするのは次のような方です。

楽天モバイルをメインで使ってデータ利用量が1GB以上となり、毎月の料金がすでに1078円を超えている方は、プラン変更の影響はありません。

電波状態や通話の質に問題を感じなければ、現在の利用を続けてください。

今までデータ利用量1GBの縛りがあるせいで使用を控えていた方は3GBまでなら1078円になるので、それほど負担にならずデータ利用量を増やすことができるのでないかと思います。

楽天モバイルの解約をおすすめする方

楽天モバイルから乗換

楽天モバイルを解約して他の携帯電話会社への乗換をおすすめするのは次のような方です。

サブ回線で月のデータ利用量が1GBにならない方は、これまで基本料金0円で回線を維持できていましたけど、毎月1078円がかかるようになります。

楽天モバイルのデータ回線はずいぶん良くなったとはいえ、まだまだと感じる時も多いので、同じ金額を支払うのであれば、他の携帯電話会社の使用が視野に入ってきます。

私も楽天モバイルをサブ回線で持っており、毎月のデータ利用で1GBも使うことがなかったので0円で維持できていました。

0円維持は、とても効率が良かったのですが有料になるため乗換を検討するようになりました。

また携帯電話会社によっては、乗換でスマートフォンが割引になるキャンペーンを実施しているので、新しいスマートフォンを安く買いたい方にもおすすめです。

楽天モバイルから乗換の候補になりそうな携帯電話会社を選んでみました。

楽天モバイルからの乗換候補
  1. povo2.0
  2. IIJmio
  3. mineo
  4. ahamo
  5. UQモバイル
  6. OCNモバイルONE
  7. LINEMO
  8. イオンモバイル

0円で維持したい方にはpovo2.0が有力候補になってきます。

データを使わなかれば基本的に0円で維持できて決められた期間内にトッピングを利用するだけなので、維持費が抑えられます。

私も楽天モバイルからの乗換をする確率が高いと思います。

楽天モバイルからお得に乗換する方法

楽天モバイルから他の携帯電話会社に乗換をするときは、ポイントサイト「モッピー」を経由して申し込むと、モッピーからポイントがもらえてお得に乗換ができます。

モッピーのサイト内に広告が掲載されている携帯電話会社は次のようなところです。

方法は簡単で、乗換をしたい携帯電話会社のサイト内の広告を経由してから指定されたプランで新規契約をするだけです。

モッピーの新規登録はこちらから>>

なぜ、モッピー経由で携帯電話会社の乗換をするだけでモッピーポイントがもらえるのか、「胡散臭い」「何か怪しい」「もらったポイント以上に後から請求されないか」など、不安に感じられたあなたのために、モッピー会員がどのような仕組みでモッピーポイントをもらえているのか説明します。

モッピーポイントがもらえる仕組み
モッピーでポイントがもらえる仕組み【図解】

  1. モッピーが、広告主からの依頼を受けてサイト内に広告を掲載します。
  2. モッピーの会員がサイト内の広告経由で申込・購入・登録などの広告利用をすると、モッピーが広告主に利用通知を行います。
  3. 広告主が確認すれば成功報酬として広告費をモッピーに支払います。
  4. 広告を利用したモッピー会員は、モッピーが受け取った広告費の一部をモッピーポイントとして受け取ります。

今回の案件で言うと、モッピー会員がモッピーに掲載された携帯電話会社の広告経由で新規契約が完了すると広告利用の条件達成になります。

条件を達成すると、広告主からモッピーへ成功報酬が支払われ、モッピーでは受け取った成功報酬の一部を広告利用したモッピー会員にモッピーポイントとして還元します。

モッピー会員が広告やサービス利用でもらえる「モッピーポイント」は、モッピーが広告主から受け取る広告費の一部を報酬として会員に還元しているものなので、「怪しい」「胡散臭い」と言ったことや後から高額請求されることのない、報酬として正当に受け取ることができるポイントなので安心してください。

モッピーの解説
モッピー解説

  • モッピーは、成功報酬型広告を中心に広告代理業を行っている「ポイントサイト」や「お小遣いサイト」と呼ばれるサイトの一つです。
  • モッピーでは、クレジットカード発行、ネット銀行等の口座開設、無料アプリのダウンロード、スマホの月額サービス利用、楽天市場やYahoo!ショッピングなど有名ネットショップでのお買物、無料ゲームへの参加などで、ポイントを獲得できます。
  • モッピーは、東証一部上場企業が運営する累計会員数900万人を超える大手ポイントサイトで、信頼度の高さは折り紙付きです。

モッピーでは、当ブログ経由の新規登録と入会月の翌々月末までにモッピーの広告やサービス利用で5000ポイントを獲得すると、2000円相当のモッピーポイントがもらえる友達紹介キャンペーンを実施中です。

 

モッピーの友達紹介キャンペーンはこちら

 

モッピーの登録は、最短5分で完了できて、入会金と年会費は無料なので、安心して登録してください。

まとめ

今回は、楽天モバイルを継続するかそれとも解約するか、携帯電話会社の乗換でお得な方法について解説しました。

楽天モバイルはいずれ有料化されると思っていましたが、想像以上に早かったです。

私は、楽天モバイルの回線を2つ持っていて合計4GBが1078円で使えていたので、電波状況にやや不満があるもののコストパフォーマンスは良かったです。

2022年7月1日からの「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」導入で、楽天モバイルの契約数がどうなるか気になります。

楽天モバイルからの乗換を考えている方はモッピー経由の契約も参考にしてみてください。

モッピー経由の乗換はこちらから

本日も最後までご覧いただいて、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください