ポイントサイトのポイ活で貯めたポイントで不動産投資にチャレンジする方法を公開

Rimpleのアイキャッチ

ポイントサイトで貯めたポイントは、現金をはじめ電子マネーやギフト券などいろいろなものに交換できます。

中にはポイント交換で不動産投資に使えるものがあります。

ポイントサイト「モッピー」では、獲得したポイントを不動産クラウドファンディングに使えるコインに交換できます。

また、モッピー経由で不動産クラウドファンディングに申し込んでファンド応募が完了すればポイントがもらえます。

今回は、不動産クラウドファンディング「Rimple」にモッピーを活用してチャレンジする方法について解説したいと思います。

それでは、早速見ていきましょう。

不動産投資「Rimple」の概要

不動産投資のRimple

モッピーポイントが活用できる不動産投資「Rimple」についてまずは解説していきます。

Rimpleは、2020年2月から運営がはじまったサービスで、内容を簡単に説明すると「不動産投資型のクラウドファンディング」ということになります。

不動産クラウドファンディングの「Rimple(リンプル)」では、「リアルエステートコイン」というコインを使い、「1コイン=1円」の価値で不動産に投資することができます。

不動産投資と聞けば、マンションなどの不動産を購入して家賃収入で稼ぐイメージがありますけど、Rimpleでは、複数人の共同出資を募って不動産等を購入し、家賃収入などの利益を分配する方式を取っています。

Rimple不動産投資型クラウドファンディング

そのため、何千万円というローンを組む必要はなく、1人1口10000リアルエステートコイン=10000円から気軽にはじめることができます。

特に不動産投資では、入居者募集や建物・部屋の管理などの手間がかかりますが、Rimpleが代行してくれるため、余計な手間は必要ありません。

Rimpleの運営会社とメリット

プロパティエージェント株式会社

投資と聞くと、ギャンブルのようなものに思え、不安で身構える方が中にはいます。

投資でも確かに儲けたり損したり、リスクがありますけど、大切な資金を預けるので運営する会社は信頼できるところがいいに決まっています。

その点、Rimpleを運営する「プロパティエージェント」は東証一部上場企業で、個人向けの不動産投資も数多く取り扱っているので経験が豊富です。

Rimpleで不動産投資をするメリットとしては、次のようなことがあげられます。

Rimpleのメリット
  1. 不動産投資が1口1万円の少額からはじめることができます。
  2. スマホ一つで不動産投資ができます。
  3. 運営会社は東証1部上場のプロパティエージェントです。
  4. 不動産の管理は運営会社におまかせできます。
  5. モッピーポイントを交換して投資ができます。

Rimpleは、不動産投資をはじめてみたいという方や新しい投資を増やしたい方にも魅力的なサービスだと言えます。

さらにRimpleの申込をモッピー経由で行うと、モッピーポイントがもらえます。

モッピーポイントで3600ポイント(3600円相当)がもらえます。

ポイント獲得条件は、新規会員登録後、ファンド応募完了となります。

初めてRimpleに会員登録して2ヶ月以内にファンド応募が完了すれば抽選で外れた場合でもポイント対象になります。

⇒モッピー経由のRimple新規会員登録はこちらから

モッピーポイントでRimpleに投資

モッピーのポイント交換

ポイントサイト「モッピー」は、獲得したポイントを不動産投資の「Rimple」で使える「リアルエステートコイン」に交換できます。

ここでモッピーが、どのようなサイトであるか説明しておきます。

モッピーの解説
モッピー解説

  • モッピーは、成功報酬型広告を中心に広告代理業を行っている「ポイントサイト」や「お小遣いサイト」と呼ばれるサイトの一つです。
  • モッピーでは、クレジットカード発行、ネット銀行等の口座開設、無料アプリのダウンロード、スマホの月額サービス利用、楽天市場やYahoo!ショッピングなど有名ネットショップでのお買物、無料ゲームへの参加などで、ポイントを獲得できます。
  • モッピーは、東証一部上場企業が運営する累計会員数800万人を超える大手ポイントサイトで、信頼度の高さは折り紙付きです。

モッピーでは、当ブログ経由の新規登録と入会月の翌々月末までにモッピーの広告やサービス利用で5000ポイントを獲得すると、2000円相当のモッピーポイントがもらえる友達紹介キャンペーンを実施中です。

 

モッピーの友達紹介キャンペーンはこちら

 

モッピーの登録は、最短5分で完了できて、入会金と年会費は無料なので、安心して登録してください。

モッピーポイントからリアルエステートコインへの交換は次のとおりです。

交換レート 1モッピーポイント→
1リアルエステートコイン
交換日数 リアルタイム
交換手数料 無料
最低交換ポイント 1000ポイント
MEMO
モッピーポイントは、1ポイント=1円換算で現金のほか、「WAONポイント」や「nanacoポイント」「dポイント」、そしてウェル活に使える「Tポイント」などの電子マネー、「Amazonギフト券」「App Store & iTunesギフトカード」「Google Playギフトコード」などのギフト券に交換できます。

リアルエステートコインを使ってRimpleに投資ができます。

モッピーポイントRimple投資

私も実際にRimpleで2口20000リアルエステートで投資をした結果、6ヶ月で税引後324円の分配金がもらえました。

出資額 分配金 源泉徴収額 振込金額
20000リアルエステートコイン
(20000円)
406円 -82円 20324円

投資の運用期間が6ヶ月、予定分配率(年利)が4.1%の案件でしたので、ほぼ予定通りの分配金をもらうことができました。

まとめ

今回は、不動産クラウドファンディング「Rimple」にモッピーを活用してチャレンジする方法について解説しました。

Rimpleは、1万円からはじめられる不動産投資のクラウドファンディングです。

東証1部上場企業が運営しており、信頼度が高く、モッピーポイントを交換して得られたリアルエステートコインで出資することができます。

モッピーでは、クレジットカード発行の他、ネットショッピング、ネット銀行の口座開設、FXの口座開設などの広告やサービス利用や友達紹介で、多くのモッピーポイントを稼ぐことができます。

私自身、モッピーで獲得したポイントを現金に交換してお小遣いにしたり、ANAマイルやJALマイルに交換して特典航空券の発行に利用して無料で飛行機に乗ったり、スマホアプリの課金に使ったり、電子マネーに交換してスマホ決済で利用しており、他にもこの記事で紹介した「リアルエステートコイン」に交換して出資するなど、有意義で充実したポイ活ができています。

あなたもモッピーへ新規登録後にRimpleへ新規登録をしてから、モッピーポイントをリアルエステートコインに交換して不動産投資ができる「ポイ活」を始めてみませんか。

モッピーの新規登録はこちら

今日も最後までご覧いただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください