Google Pixel 5aはおすすめ機種?外観やカメラ機能などのファーストレビューを公開

Pixel5aアイキャッチ

  • Pixel 5aに興味がある
  • Google製のスマートフォンが欲しい
  • Androidを長く使いたい

この記事は、そんな方に向けて書いてみました。

Google製のスマートフォン「Pixel 5a」が2021年8月26日(木)発売開始になりました。

Pixel 5aは、Google製のスマートフォンなだけあってAndroidのメジャー更新の対応が約束されているので安心して買える機種とも言えます。

私はメイン機種は「iPhone」ですけどサブ機種でAndroidのスマートフォンを使っていたのでPixel 5aも興味があり、予約開始日に予約して発売日に届きました。

今回は、Pixel 5aのポートレート撮影や外観などのファーストレビューを紹介したいと思います。

それでは、早速見ていきましょう。

Pixel 5aのパッケージ

Pixel 5aの配送やパッケージがどのようなものであったか説明します。

Pixel 5aの配送はゆうパック

Pixel5a配送

Pixel 5aは予約が解禁になった当日午前11時頃でした。

予約した時点で届いたメールに配送予定は「8月27ー29」と書かれていたので、発売日には届かないと思っていたのですが、発売日に届きました。

ただ、ゆうパックは時間指定や再配達の手続きがやりにくく感じるので、宅急便や佐川急便の方がいいと思います。

Pixel 5aのパッケージ

Pixel5a箱

Pixel 5aのパッケージです。

本体のカメラ側をメインにしています。

色は現在のところMostly Blackと呼ばれる黒一色のみです。

また、パッケージには「5G」の文字があり、5G対応であることがすぐにわかります。

Pixel5aケース大きさ比較

「iPhone12ProMax」と「iPhone12mini」のパッケージを並べて大きさを比較してみました。

iPhoneは充電器を同梱しなくなったので箱が薄くなりましたが、Pixel 5aは倍ほどの厚みがあります。

Pixel 5aのパッケージ中身

Pixel5aパッケージ中身

Pixel 5aのパッケージの中身です。

初めからついているフィルムに気泡が入りまくっていて見た目があまり良くありません。

すぐに剥がすとはいえ、5万円以上する商品なのでもう少し綺麗に貼り付けることができないかと思いました。

Pixel 5aでは充電器がまだセットになっているので、その分先程の比較写真のようにパッケージが厚くなっています。

Pixel 5a本体の外観

それではPixel 5a本体のレビューに移ります。

Pixel 5a本体カメラ側

Pixel5aカメラ側

Pixel 5a本体のカメラ側です。

素材はアルミニウムということですが、それほど金属という感じはありません。

つや消しの黒で汚れは目立ちにくいと思います。

カメラユニットにはレンズが2つとフラッシュのライトがついてます。

指紋認証は背面で、認識は登録やロック画面からの解除でも素早い動きになっていました。

Pixel 5aの電源と音量ボタン

Pixel5a電源と音量ボタン

画面から向かって右側に上から電源ボタン、音量ボタンの順番についています。

ボタンは押した感覚はやや固めで、しっかりと押す必要があります。

ところで、ボタンの配置ですけど、私は電源ボタンは下の方が使いやすくていいのですが、皆さんはいかがでしょうか。

Pixel 5aの画面

Pixel5a画面

Pixel 5aの画面です。

最初に起動してから表示される画面です。

カメラは左上についていて、ベゼルの幅は均等になっています。

有機ELで、画面表示は明るいように感じます。

画面には保護フィルムを自分で貼りました。

ノングレアタイプのサラサラした手触りで、指紋の跡がつきにくくていいです。

Pixel5aとiPhone12Pro Max画面大きさ比較

画面の大きさ比較で「iPhone12ProMax」と並べてみました。

iPhone12ProMaxの横幅が結構広いことに気づきました。

Pixel 5aは横幅が細く縦長のイメージです。

Pixel 5aのカメラ機能

Pixel 5aのカメラ機能を見るためポートレート撮影をしてみました。

画像は、編集ソフトでトリミングをしてサイズ変更したものなので、オリジナルではありませんが、雰囲気はわかってもらえると思います。

Pixel5aポートレート

手前にPixel 5aのパッケージを置いて、後ろにはiPhone12ProMaxのパッケージを置いてあります。

iPhone12ProMaxのパッケージデザインがわかる程度にぼけています。

Pixel5aとiPhone12Proポートレートのぼかし部分比較

境界付近をアップにしてみました。

Pixel 5aのパッケージでは少し輪郭がぼけている部分がありますけど、境界はクッキリとしています。

Pixel5aとiPhone12Proポートレート比較

比較のためiPhone12ProMaxで同じ状況を撮影してみました。

後ろのパッケージは、輪郭がぼけ過ぎて元の形やデザインが不明になっています。

Pixel5aとiPhone12Proポートレートぼかし部分比較

境界付近の輪郭もPixel 5aよりぼけているように感じます。

また、色はPixel 5aの方がホワイトバランスがきっちりしているためか実際に見た色に近くて、解像度も高いように感じます。

ポートレートで1枚撮影しただけですが、Pixel 5aのカメラ機能は、かなり優秀ではないかと思います。

まとめ

今回は、Pixel 5aのポートレート撮影や外観などのファーストレビューを紹介しました。

Pixel 5aはGoogle製のスマホでミッドレンジの商品となり、5G対応で税込51700円という価格設定もiPhoneと比べてお買い得に感じます。

実際にPixel 5aを手に取ってみると、そつのない作りで欠点らしい欠点は見当たらず、よくできたスマートフォンだと思います。

ただ、Pixel 5aでなければという、こだわりを感じたことはありませんでした。

Google製のスマートフォンということで、安心感があり、変なアプリも入っていないAndroidが使える点はおすすめです。

本日も最後までご覧いただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください