Apple PayでPASMOが使えるように!オートチャージができるクレジットカードをお得に発行

PASMOオートチャージ対応クレカアイキャッチ

iPhoneを持っていてPASMOを使っている方の不満が解消されます。

2020年中にもPASMOがApple Payで利用できるようになります。

Androidでは2020年3月18日から「モバイルPASMO」としてサービスがスタートしていたので、ようやくといった感じもありますね。

Suicaと同じように、iPhoneやApple WatchにPASMOを入れることで改札を通過できます。

私はSuicaをApple Watchに入れているので、財布やiPhoneを出すことなく、まして切符を買うことなくApple Watchを着けている手首を近づけるだけで改札を通過できます。

PASMOでも同じことができるようなります。

せっかくPASMOを使うならオートチャージに対応しているクレジットカードを使うと便利ですよ。

今回は、PASMOでオートチャージが使えるクレジットカードのお得な新規発行キャンペーンについて解説したいと思います。

PASMOのオートチャージ対応クレジットカード

PASMOがApplePayに対応

PASMOのオートチャージは、入場時に残額が2000円であったり、出場時の運賃引き去り後の残額が2000円以下の場合、改札機で3000円がチャージされるよう初期設定がされています。

オートチャージの設定は、券売機や窓口で変更することができます。

PASMOにオートチャージができるカード

PASMOとAndroid版モバイルPASMOでオートチャージができるクレジットカードは10種類となります。

PASMOオートチャージ対応カード

  • 小田急ポイントクレジットカード
  • 京王パスポートカード
  • 京急プレミアポイントカード
  • 京成カード
  • 相鉄カード
  • SEIBU PRINCE CLUBセゾンカード
  • TOKYU CARD
  • Tokyo Metro To Me CARD
  • 東武カード
  • 横浜交通hama-eco card

小田急、京王、京急、西武、東武、東京メトロなど

他にもオートチャージができるカードはあります。

オートチャージでポイントゲット

ポイント貯める

PASMOのオートチャージでクレジットカードのポイントが貯まります。

クレカ名 チャージポイント付与 ポイント名 チャージポイント付与率
小田急ポイントクレジットカード 小田急ポイント 0.5%
京王パスポートカード ワールドプレゼント 0.5%
京急プレミアポイントカード 京急プレミアポイント 0.5%
京成カード 京成グループポイント 0.5%
相鉄カード 相鉄グループポイント 0.5%
SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン 永久不滅ポイント 0.5%
TOKYU CARD(東急カード) TOKYUポイント 0.5%(※Web明細申込で1%)
Tokyo Metro To Me CARD メトロポイント 0.5%
東武カード 東武グループポイント 0.5%
横浜交通hama-eco card ワールドプレゼント 0.5%

ポイント付与率は、ほぼすべてのカードで0.5%となっています。

PASMOオートチャージ対応カード発行でポイントゲット

ポイントサイトでポイ活

先ほどのクレジットカードでは、ポイントサイト「モッピー」を経由してカードを発行すると、モッピーからポイントが付与されます。

モッピーポイントがもらえるPASMOオートチャージ対応のクレジットカードから、ポイント獲得数が多い2件の発行案件を紹介します。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

ソラチカカード

ソラチカカードは、ANAとJCBが提携して発行するクレジットカードで、ANAカードの機能があるのでANAマイルを貯められます。

PASMOへのオートチャージで「メトロポイント」を貯められます。

PASMOを使って貯めたメトロポイントやカードを使って貯めたokidokiポイントをANAマイルへ交換するという使い方もできます。

初年度年会費無料で2年目以降の年会費は税込2200円となりますが、更新のたびにANAマイルがもらえます。

モッピーソラチカカード

モッピー経由で発行すると、モッピーポイントで5500ポイントがもらえます。

モッピーポイントの交換先
モッピーポイントは、1ポイント=1円換算で現金のほか、「WAONポイント」や「nanacoポイント」、そしてウェル活に使える「Tポイント」などの電子マネー、「Amazonギフト券」「App Store & iTunesギフトカード」「Google Playギフトコード」などのギフト券に交換できます。

ポイント獲得条件は、初回クレジットカード発行となります。

18歳以上の方(高校生除く)で本人または配偶者に安定継続収入があり、国内の金融機関に個人口座を持っている方がポイント対象になります。

ポイント獲得の流れ
広告サイトへアクセス→ お申込みはこちら→規約に同意→必要事項の入力→入力内容の確認→申込完了→審査→カード受取 →カード発行完了

東急カード

東急カード

東急カードは、東急グループの「東急百貨店」「東急ストア」「東急ハンズ」などで利用するとTOKYUポイントが貯まります。

PASMOへのオートチャージで「TOKYUポイント」が貯まります。

初年度年会費無料で2年目以降の年会費は税込1100円となります。

モッピー東急カード

モッピー経由で発行すると、モッピーポイントで3500ポイントがもらえます。

ポイント獲得条件は、新規クレジットカード発行となります。

ポイント獲得の流れ
広告サイトへアクセス→東急カードのお申込みはこちらをクリック→必要事項を入力→入力内容の確認→口座振替設定→カード到着→カード発行完了

モッピーポイントがもらえる仕組み

モッピーを経由してソラチカカードや東急カードを発行するだけで5500円分や3500円分のモッピーポイントがもらえるなんて、「怪しい」「危険だ」「タダより高い物はない」と思った方はいませんか。

そんな慎重なあなたのために、モッピーポイントがもらえる仕組みを図で説明します。
モッピーでポイントがもらえる仕組み【図解】

moppyの仕組み
  1. モッピーが、広告主からの依頼を受けてサイト内に広告を掲載する。
  2. モッピーの会員がサイト内の広告経由で申込・購入・登録等の広告利用をすると、モッピーが広告主に利用通知を行う。
  3. 広告主が成功報酬として広告費をモッピーに支払う。
  4. 広告を利用したモッピー会員は、モッピーが受け取った広告費の一部をモッピーポイントとして受け取る。
モッピー会員がもらえるポイントは、モッピーが広告主から受け取った広告費の一部を報酬として、利用した会員に還元しているもので、怪しいことや危ないことはまったくありません。

しかも、モッピーを運営しているのは東証一部上場企業の「株式会社セレス」で、累計会員数は800万人を超えているので、十分に信頼できるサイトであり、私も3年以上利用してトラブルが起きたことは一度もありません。

8月は新規入会キャンペーンを実施中で、当ブログからの紹介による新規登録と、モッピーのサイト内に掲載されている広告から5000円分以上を利用するという条件を達成すると、2000ポイントがもらえるので次のリンクから登録してみてください。

モッピーの新規登録はこちらから

まとめ

今回は、PASMOでオートチャージが使えるクレジットカードのお得な新規発行キャンペーンについて解説しました。

PASMOがApple Payで使えるようになれば利用者が増えたりしそうです。

新たにPASMOを作るのであれば、モッピー経由でソラチカカードや東急カードを発行するのはいかがでしょうか。

公式サイトではもらうことのできないポイントをモッピーは用意してくれています。

モッピーは、クレジットカード発行、スマホの月額サービス、口座開設、FX口座開設と取引、ネットショッピング、友達紹介などを利用して、多くのポイントが稼げる優良ポイントサイトです。

あなたも、ぜひこの機会にモッピー経由で「ソラチカカード」または「 東急カード」を新規発行してみませんか。

今日も最後までご覧いただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください