マイナポイントのキャッシュレス決済サービス選び!独自キャンペーンでボーナスポイント増加中

マイナポイント申込とマイナンバーカード

2020年7月1日からマイナポイントの申込がはじまりました。

マイナポイントが付与されるのは、2020年9月1日からの利用分なのであせって申込をする必要はありませんけど、申込の前段階となる予約は済ましておきたいところです。

マイナポイントで付与される25%分のポイント以外に独自でポイントを上乗せしているキャッシュレス決済サービスもあり、上乗せするポイントを変更している業者も出てきています。

今回は、マイナポイントで独自にポイントを上乗せしている業者をいくつかピックアップするので、キャッシュレス決済サービス選びの参考にしていただければと思います。

マイナポイントで上乗せがあるキャッシュレス決済サービス

マイナポイントでは、ポイント付与されるキャッシュレス決済サービスを一つだけ選べるようになっています。

そのため、マイナポイントに登録しているキャッシュレス決済サービス業者では、顧客を取り込んで利用を増やせるチャンスと捉えて、マイナポイントだけでなく独自のキャンペーンを実施する業者も出ています。

マイナポイントで25%(上限5,000円)のポイント還元以外に独自キャンペーンでボーナスポイントが上乗せされるサービスを紹介します。

WAON

WAONは、マイナポイントに対する取組が抜群です。

WAONを選ぶメリット
  • 独自に10%の特典上乗せで最大2,000WAONをプレゼント
  • WAONマイナポイント申込アプリで簡単に申込
  • チャージ月の翌月末頃にポイント付与

記事作成時点で2,000円分のボーナスポイントは最大級の上乗せになります。

WAONは全国にあるイオンで毎日の買物に使えるので、使い勝手がよく、ポイントを消費しやすいメリットがあります。

申込用のアプリを作成するなど、イオンがマイナポイントに本気で取り組んでいるのがわかります。

今のところ、イオンで買物をすることが多いので、家族の分も含めてマイナポイントで使うキャッシュレス決済サービスは、WAONにしようかと考えています。

メルペイ

メルペイは、当初発表していた独自キャンペーンからボーナスポイントを上乗せして、さらに抽選でプレゼントまで盛り込む発表をしました。

家電量販店である「他店徹底対抗」ではありませんけど、キャッシュレス決済サービス業者の熾烈な戦いが今後も予想されます。

メルペイを選ぶメリット
  • 独自キャンペーンで最大2,000ポイントをプレゼント
  • 1等1,000万相当のポイントを抽選でプレゼント
  • メルカリの取引完了またはメルペイでの支払完了翌日にポイント付与

メルペイも最大2,000円分のボーナスポイントを上乗せしてきました。

メルペイは、メルカリで使えるだけでなく残高にチャージすると「iD」やコード決済でも使えます。

Suica

JR東日本のキャッシュレス決済サービスである「Suica」も独自キャンペーンでポイントボーナスがあります。

Suicaを選ぶメリット
  • 独自キャンペーンでJREポイントを最大1,000ポイントプレゼント
  • 1ヶ月間のチャージ額に応じて翌月上旬以降にまとめてポイント付与

SuicaとJREポイントを紐付けする作業が必要になります。

Suicaのチャージは2万円が限度なので、残高がある場合は一度で上限までいかず、2回以上にわけてチャージする必要があります。

PayPay

今までの派手なキャンペーンから、マイナポイントで一番期待していたのは「PayPay」ですが、思ったより地味になりそうです。

ボーナスポイントの上乗せはなく、抽選でPayPayボーナスがプレゼントされます。

PayPayを選ぶメリット
  • 1等100万円相当のPayPayボーナスを抽選でプレゼント
  • PayPay残高へのチャージと同時にポイント付与
  • PayPayで決済した翌日から30日後にポイント付与
ランク 賞品 当選人数
1等 100万円相当 10人
2等 5万円相当 150人
3等 5千円相当 1500人
4等 500円相当 150000人
注意
2020年8月31日までにマイナポイント申込をしないと抽選に参加できません。

4等の15万人から外れてしまうと少し悲しくなりますね。

確実にもらえる上乗せボーナスを狙うか、10人に当たる100万円相当のボーナスを狙うか悩みどころです。

au Pay

auのスマホ決済である「au Pay」では、独自キャンペーンでボーナスポイントが上乗せされます。

au PAYを選ぶメリット
  • 独自キャンペーンでau PAY残高を最大1,000円相当プレゼント
  • au PAYで決済した数時間後にポイント付与

au PAYでは、Pontaポイントではなくau PAYの残高が増えます。

ただし、au PAY残高へのチャージはマイナポイントの対象になっておらず、マイナポイントをもらうには実際にau PAYを使う必要があります。

マイナポイントとは

マイナポイントは国(総務省)が実施する事業です。

マイナポイントとは一体どのような事業であるのかについて説明します。

マイナポイントの概要

マイナポイント事業は、マイナポイントの活用により、消費の活性化、マイナンバーカードの普及促進、官民キャッシュレス決済基盤の構築を目的とする事業です。

マイナポイント事業で付与されるポイントは、国からキャッシュレス決済サービスを通じて付与されます。

マイナポイントをもらうには、「マイナンバーカードの取得」と「マイナポイントの申込」が必要です。

マイナポイント申込に必要なもの

マイナンバーカード

マイナポイント申込に必要なものを説明します。

必ず必要
  • マイナンバーカード
  • キャッシュレス決済サービス
マイナンバーカードとキャッシュレス決済サービスがないとマイナポイントは付与されません。

自治体によっては、10万円給付とマイナポイントの関係でマイナンバーカードの窓口がかなり混雑していると聞きます。

自治体からのお知らせなどを見て、臨時窓口など三密を避けられる場所を選んでマイナンバーカードの発行手続きをしてください。

キャッシュレス決済サービスは、先ほど紹介した独自キャンペーンを実施しているところであれば、マイナポイントに上乗せしてボーナスがもらえるのでおすすめです。

あると便利
  • NFC対応スマートフォン
  • パソコンとマイナンバーカード対応のICカードリーダライター

マイナンバーカードが読み取れるスマートフォンかパソコンがあれば、マイナポイントを付与されるのに必要な申込がオンラインでできます。

マイナポイント申込の流れ

マイナポイント申込の流れについて説明します。

マイナポイント申込手続き
  1. マイナンバーカードを取得
  2. マイナポイントを予約
  3. マイナポイントを申込

マイナポイントを発行したときに設定した暗証番号は確実に覚えておいてください。

マイナポイントで利用するキャッシュレス決済サービスは、2020年9月になるまで決めなくても大丈夫なのでマイナポイントの予約まで確実に進めておいてください。

キャッシュレス決済サービスで使うクレカをお得に発行

キャッシュレス決済サービスで特にスマホ決済ではクレジットカードと紐付けられているものが多いです。

クレジットカードを発行するときは、ポイントサイト「モッピー」を経由して発行すると、モッピーポイントが還元されるので、公式サイトから発行するよりお得になります。

例えば、WAONが使える「イオンカード(WAON一体型)であれば、モッピー経由の発行で1,800ポイントがもらえます。

ほかにもPayPayで使える「Yahoo!カード」、Suicaで使える「ビックカメラSuicaカード」「ビュー・Suicaカード」、dポイントで使える「dカードGOLD」などを発行してもポイントがもらえます。

モッピーでポイントがもらえる仕組み【図解】

モッピーでクレジットカードを発行してもらえるのは、広告主からもらえる広告費の一部を報酬として還元しているからなので、怪しいことはまったくありません、心配はご無用です。

モッピーでは、商品購入、クレジットカード発行、ネット銀行の口座開設、不動産投資、ネットショッピング、スマホの月額サービス利用など、パソコンやスマホを利用するいろいろなことでポイントがもらえる広告が用意されています。

今なら当ブログからの紹介でモッピーへ新規登録してからモッピーポイントで5,000ポイントを獲得すると、入会特典として1,000ポイントがもらえる紹介キャンペーンを実施中なので、まだモッピーに登録されていない方はぜひこの機会に新規登録をしてみてください。

モッピーは、登録料と毎月の利用料が完全無料なうえに東証一部上場企業が運営する累計会員数800万人以上の信用あるポイントサイトなので、なんの心配もなく登録できますよ。

モッピーの新規登録はこちらから

まとめ

今回は、マイナポイントの概要とマイナポイントでお得になる決済サービスを解説しました。

今日のポイント
  • 2020年7月1日からマイナポイントの申込が始まりました。
  • マイナポイントが付与されるのは2020年9月1日以降の利用分からです。
  • 25%還元で上限5,000円分のポイントなどが付与されます。
  • キャッシュレス決済サービス独自のキャンペーンでポイント上乗せがされています。
  • ほかのサービスのキャンペーンを見て内容が変わることもあるので急いで申込をする必要はありません。
  • マイナポイントの予約だけをまず済ましておいてください。

家族4人がマイナポイントに申し込んで利用すると、最大2万円分のポイント還元がもらえます。

独自キャンペーンを実施しているキャッシュレス決済サービスを利用すると、ポイント還元が上乗せされたり、当選すると最大1,000万円分のポイントがもらえます。

国が実施する施策の説明には、わかりにくいところがあって、敬遠している人もおられるかと思います。

しかし、マイナポイントは、マイナンバーカードを発行してキャッシュレス決済サービスと連携させるだけなので、ぜひ利用してポイント還元をもらっておきましょう。

モッピーの新規登録はこちらから

今日も最後までご覧いただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください