マイナポイント選択の有力候補!合計最大8,800円分がもらえる攻略法を公開

マイナポイントWAON

マイナポイントでもらうキャッシュレス決済サービスの選択が2020年7月1日からはじまりました。

もう申込はされましたか。

一度申し込みをしたキャッシュレス決済サービスは変更できないので慎重に選びたいところです。

私が今のところ最有力候補にしているのは、「WAON」です。

WAONを最有力候補にしている理由は、マイナポイントのほかにも独自ボーナスが付与され、WAONが使えるクレジットカード発行でもポイントがもらえ、合計最大8,800円相当がもらえるからです。

今回は、マイナポイントの決済サービス申込でWAONを最有力候補にする理由と、9月1日からのポイント付与にそなえた準備について解説します。

マイナポイントの仕組み

マイナポイントイメージ

マイナポイントの仕組みとどのようなポイントがもらえるのか調べてみたので解説します。

マイナポイントはポイント名?

「マイナポイント」という名前がついているのですから、何かのポイントという風に考えるのが当たり前です。

ただマイナポイントは、ポイントと言いながら実際にはポイントではありません。

実際に付与されるポイントは、選択した決済サービスのポイントになります。

例えば、PayPayであれば「PayPayボーナス」、d払いであれば「dポイント」、au PAYであれば「au PAY残高」と言った具合です。

キャッシュレス決済サービスに付与されるポイントを総称して「マイナポイント」と呼んでいます。

マイナンバーカードと結びつけるための名称だと思われます。

マイナポイントの仕組み

マイナポイント事業イメージ

マイナポイントは、マイナンバーカードと紐付けしたキャッシュレス決済サービスでチャージや買物をすることで、チャージや決済額の25%分、上限5,000円分のポイントが還元されます。

還元されるマイナポイントは、選択した決済サービスに対応するポイントになります。

注意
マイナポイントがもらえるのは2020年9月1日以降の利用分となります。決済サービスの申込が完了しても2020年8月31日まで利用した分はマイナポイントの対象外になります。

マイナポイント事業について詳しくは、総務省の動画をご覧ください。

マイナポイントの準備と申込

マイナポイントの準備に必要なものは次のとおりです。

  • マイナンバーカード
  • マイナンバーカード作成時の4桁の暗証番号
  • キャッシュレス決済サービス
  • NFC対応スマートフォン(あると便利)
  • マイナポイントアプリ

マイナンバーカードの暗証番号は、マイなポイントアプリを利用するときに必要になり、3回入力を間違えると不正防止のためロックがかかって再度、窓口で設定手続きをすることになり面倒くさくなるので、きっちりと確認しておいてください。

NFC対応のスマートフォンはiPhoneの場合、iPhone7以降に発売されたものであればマイナンバーカードを読み取ることができます。

Androidは、NFCが利用可能かどうか機種の仕様を確認してください。

マイナポイントの予約と申込方法についてはこちらの総務省の動画をごらんください。

マイナポイントで選べるキャッシュレス決済サービスは、一つだけです。

しかも一度選ぶと変更はできないので、慎重に選びましょう。

キャッシュレス決済サービスはWAONが最有力

2020年7月1日からはじまったマイナポイントの申込ですが、私は今のところ「WAON」が最有力候補になっています。

マイナポイントでのWAON詳細

マイナポイント事業で説明しているサービス概要とマイナポイント付与の詳細は次の表のとおりです。

登録サービス名 WAON
区分 電子マネー
利用方法 前払
概要 1日から末日までのチャージ額を集計し、まとめて翌月末頃にWAONでマイナポイントを付与します。
登録サービスロゴ WAONロゴ
付与されるポイント名 WAON
付与対象の利用単位 1円
付与上限 5,000円

WAONは、チャージした金額の25%が上限5,000円分までWAONで還元されます。

2020年9月1日に2万円をWAONにチャージすると、10月末頃に5,000円分のWAONが付与されます。

WAONの独自ボーナス

マイナポイントWAONキャンペーン

マイナポイントで5,000円分のWAONが付与されるだけでなく、WAONでは独自のボーナスが用意されています。

WAONでは、マイナポイントの25%にプラスして10%のWAONがプレゼントされます。

ですから、ポイント付与上限になる2万円をチャージすると、7,000円相当のWAONがもらえることになるのです。

ほかのキャッシュレス決済サービスでも、独自のボーナスを設定しているものはありますけど、現在のところWAONのさらに10%上乗せが一番お得ではないかと思われます。

WAONが使えるクレカ発行でさらにポイントアップ

WAONを使うのであれば、WAON一体型のイオンカードがあればチャージとWAONの利用が1枚のカードで使えるので便利です。

イオンカードWAON一体型

イオンカードは、名前のとおりイオンが発行するクレジットカードで、WAONとの相性は抜群です。

イオンカードは、公式サイトやお近くにイオンでも発行できますが、ポイントサイト「モッピー」経由で発行すると、記事作成時点で1,800円分のモッピーポイントがもらえます。

モッピーイオンカードWAON一体型

モッピーポイントは、1ポイント=1円換算で現金、電子マネー、ギフト券などに交換できて、WAONへの交換も手数料無料でできるので、マイナポイント・独自ボーナス・モッピーをあわせて最大8,800円相当のWAONがもらえます。

2人ですると最大17,600円相当になるので、利用しないのはもったいないですね。

モッピーは、登録料無料、年会費無料で利用できて、登録も最短1分でできるほど簡単なので、まだモッピーの会員になっていない方は、ぜひこの機会にモッピーへ新規登録してみてください。

モッピーの新規登録はこちらから

まとめ

今回は、マイナポイントの決済サービス申込でWAONを最有力候補にする理由と、9月1日からのポイント付与にそなえた準備について解説しました。

今日のポイント
  1. マイナポイントは7月1日から申込開始です。
  2. ポイント付与のキャッシュレス決済サービスを一つ選びます。
  3. 利用額の25%で上限5,000円相当のポイントが付与されます。
  4. WAONは独自サービスでさらに10%上乗せでWAONが還元されます。
  5. モッピー経由でイオンカードWAON一体型を発行すると1,800円相当のポイントがもらえます。
  6. マイナポイントでWAONを選ぶと最大8,800円相当のポイントがもらえるのでお得です。

マイナンバーカードの必要性が感じられず発行することを考えていませんでしたが、事情で必要になり発行しました。

マイナポイントも「総務省が発行するポイントなんて使えるかどうかわからないからいらない。」と思っていましたが、調べているうちにいつも使っているキャッシュレス決済サービスのポイントがもらえるとわかって利用することにしました。

国の施策は、私達にわかりにくく、使いにくい印象がいつもありますけどマイナポイント事業は、せっかくもらえるポイントなので、ぜひ活用しましょう。

あなたもモッピーに新規登録をしてからイオンカードWAON一体型を発行して、ほかの人より多くマイナポイントの還元を受けてみませんか。

モッピーの新規登録はこちらかから>

今日も最後までご覧いただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください