【ワイルドビーフバーガー】8年ぶり復活の限定バーガーはいつまで販売?実食レビューも公開

ワイルドビーフバーガーのレビュー

マクドナルドで、2022年10月26日(水)から「ワイルドビーフバーガー」を含む3種類のバーガーが、期間限定で販売開始になりました。

3つのバーガーはいずれも「サッカーW杯」をイメージして作られた限定バーガーです。

ケバブ風チキンバーガーは、「FIFAワールドカップカタール2022」をイメージして作られた限定バーガーで、2002年の「こく旨かるびマック」と2014年の「ワイルドビーフバーガー オニオンリング&チーズ」は復刻版として販売され、「時をかけるバーガー」となっています。

今回は、2014年に登場した「ワイルドビーフバーガー」を食べたので、実食レビューとともに販売期間やカロリーなど調べた結果についてお届けしたいと思います。

それでは、早速見ていきましょう。

ワイルドビーフバーガーの販売期間とカロリー

時をかけるバーガー

2022年10月の限定バーガー「ワイルドビーフバーガー」がいつまで販売になるのか、またカロリーはどれくらいなのか調べてみました。

ワイルドビーフバーガーは、マクドナルドのレギュラーメニューではなく、2014年ブラジル大会に登場した限定バーガーを期間限定で復活した特別なハンバーガーです。

そのため販売期間は限定されており、いつまで販売されるのかと言いますと2022年11月中旬までの予定になっています。

ほかの「時をかけるバーガー」である「こく旨かるびマック」と「ケバブ風チキンバーガー」も同じ時期に販売されます。

次にマクドナルドのハンバーガーを食べると気になるカロリーです。

ワイルドビーフバーガーのカロリーは、標準製品重量が190グラムで、は543キロカロリーとなっています。

マクドナルドの定番レギュラーメニューであるハンバーガーのカロリーは、標準製品重量が104グラムで256キロカロリーあるので、重量が約1.8倍でカロリーが約2.1倍となります。

重さはそれほどないのにカロリーはハンバーガー2個分もあるので食べ過ぎには注意ですね。

ワイルドビーフバーガーのレビュー

ワイルドビーフバーガーのセット

ワイルドビーフバーガーをバリューセットで購入して、通常価格は790円でしたが、クーポンで740円になりました。

ワイルドビーフバーガーのパッケージ

ワイルドビーフバーガーのパッケージです。

2014年FIFAワールドカップブラジル大会の開催国であるブラジルの国旗をイメージさせる包装紙に包まれてい「ブラジルの衝撃」という言葉も見えます。

ワイルドビーフバーガーを上から撮影

ワイルドビーフバーガーを上から撮影しました。

ほかの「時をかけるバーガー」と同じくサッカーボールをイメージさせる模様の入ったバンズがあり、チーズとベーコンがはみ出ているのがわかります。

ワイルドビーフバーガーを横から撮影

ワイルドビーフバーガーを横から撮影しました。

横から見てもチェダーチーズのはみ出しとベーコンが見えています。

ワイルドビーフバーガーのバンズをめくって撮影

ワイルドビーフバーガーのバンズをめくって撮影しました。

バンズの下には5種類のスパイスの効いたピリ辛ソースが塗られていて、ピクルスとオニオンリングがあります。

ワイルドビーフバーガーの食レポ

ワイルドビーフバーガーの食レポ

ワイルドビーフバーガーの食レポをお届けします。

包装紙をめくるとチェダーチーズのにおいが結構します。

時をかけるバーガーで使われるバンズは、通常のハンバーガーで使われるバンズと違って結構固めの生地になっていて、食べ応えがあります。

オニオンリングは、オニオンスライスではなく成型タイプのため、食べた第一印象はオニオンの感じや味があまりしませんでした。

ピリ辛ソースとはなっていますが、私はそれほど辛さを感じることもなくおいしく食べることができました。

スモークベーコンやチーズは、味が強めで主張をしていました。

ワイルドビーフバーガーは、チーズやベーコンのおかげで私好みの味になっていたので、販売期間が終了するまでにまた食べてみたいと思いました。

ワイルドビーフバーガーを実質無料で食べる裏技

マクドナルドでPayPay払い

私が今回食べた「ワイルドビーフバーガー」のバリューセット(クーポン価格740円)は、スマートフォンの「マクドナルドアプリ」内にあるモバイルオーダーから注文しました。

私はマクドナルドの店舗で注文する時は、「モバイルオーダー」を使うことがほとんどです。

理由は、先に席を確保してから、席に座ったまま注文ができて、さらに店員さんが席まで注文品を持ってきてくれるからです。

モバイルオーダーでの支払い方法は、「Apple Pay」や「PayPay」などのキャッシュレス決済やスマホ決済から選んで支払いができるため、カウンターで財布から現金やクレジットカードを出して支払う手間などいりません。

また、私は、ポイントサイト「モッピー」で獲得したポイントを「PayPayポイント」へ交換して、モバイルオーダーではPayPayを使って支払いをしています。

今回注文したワイルドビーフバーガーセットの代金も、モッピーポイントから交換したPayPayポイントで支払ったので、実質無料で食べることができました。

ここで、私が利用するマクドナルドハンバーガーでのPayPay払いが実質無料になるポイントサイト「モッピー」とは、一体どのようなサイトなのか、概要やポイント獲得方法などについて説明します。

\ポイントサイト「モッピー」とは/

モッピー解説
  • モッピーは、成功報酬型広告を中心に広告代理業を行っている「ポイントサイト」や「お小遣いサイト」と呼ばれるサイトの一つです。
  • モッピーでは、クレジットカード発行、ネット銀行等の口座開設、無料アプリのダウンロード、スマホの月額サービス利用、楽天市場やYahoo!ショッピングなど有名ネットショップでのお買物、無料ゲームへの参加などで、ポイントを獲得できます。
  • モッピーは、東証プライム上場企業が運営する累計会員数1000万人を超える大手ポイントサイトで、信頼度の高さは折り紙付きです。

モッピーでは、当ブログ経由の新規登録と入会月の翌々月末までにモッピーの広告やサービス利用で5000ポイントを獲得すると、2000円相当のモッピーポイントがもらえる友達紹介キャンペーンを実施中です。

 

モッピーの友達紹介キャンペーンはこちらから

 

モッピーの登録は、最短5分で完了できて、入会金と年会費は無料のため安心して登録してください。

クレカ発行でも口座開設でも!モッピーなら特典とポイントをまとめてGET!

まとめ

今回は、2014年に限定販売され、2022年に復活した「ワイルドビーフバーガー」の実食レビューや販売期間・カロリーなどを調べた結果についてお届けしました。

2022年10月26日(水)から販売開始になった「ワイルドビーフバーガー」は、スパイスの混じったピリ辛ソースとチェダーチーズやベーコンの組み合わせが癖になる、おいしい期間限定バーガーでした。

サッカーボールに見立てたバンズも通常のバンズと違う固さで厚みと歯ごたえがあって、いつものハンバーガーと違う食感が楽しめます。

ワイルドビーフバーガーを含む3種類の「時をかけるバーガー」は、2022年11月中旬まで販売されるので、興味がある方はぜひ食べてみてください。

本日も最後までご覧いただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください