サムライマックの炙り醤油風ダブル肉厚ビーフを実食!新レギュラーのカロリーと夜マックや食レポをお届け

炙り醤油風ダブル肉厚ビーフのアイキャッチ

マクドナルドで、2021年4月7日(水)から新レギュラーメニューの「サムライマック」が販売開始になりました。

新レギュラーメニューは、「炙り醤油風ダブル肉厚ビーフ」と「炙り醤油風ベーコントマト肉厚ビーフ」の2種類です。

今回は、「炙り醤油風ダブル肉厚ビーフ」の食レポやカロリー、そして夜マックの倍バーガーで注文できるかについて解説したいと思います。

それでは、早速見ていきましょう。

炙り醤油風ダブル肉厚ビーフと炙り醤油風ベーコントマト肉厚ビーフのカロリー

マクドナルドの新レギュラーメニューである「炙り醤油風ダブル肉厚ビーフ」と「炙り醤油風ベーコントマト肉厚ビーフ」の2種類のバーガーで気になるカロリーを調べてみました。

炙り醤油風ダブル肉厚ビーフ 625kcl 490円
炙り醤油風ベーコントマト肉厚ビーフ 471kcl 490円
ビッグマック 525kcl 390円
ハンバーガー 256kcl 110円

炙り醤油風ベーコントマト肉厚ビーフは、ビーフパティが1枚のためかビッグマックよりカロリーが少なく、炙り醤油風ダブル肉厚ビーフはビーフパティ2枚とチーズ2枚のためビッグマック以上の高カロリーとなりました。

商品価格は、ビッグマックより100円高くなっています。

レギュラーメニューとは言え、こだわりがあるバーガーなので限定バーガー並の価格設定になっています。

炙り醤油風ダブル肉厚ビーフの外観

マクドナルドの新レギュラーに加わった「炙り醤油風ダブル肉厚ビーフ」を選んだ理由は、晩御飯の時間帯ということもあって肉厚ビーフパティ2枚の食べ応えを期待したからです。

炙り醤油風ダブル肉厚ビーフのセット

今回注文した「炙り醤油風ダブル肉厚ビーフ」のセットです。

代金はセットで820円のところ、モバイルオーダーのクーポン適用で50円OFFの770円になりました。

マクドナルドのモバイルオーダーは、先に席に着いてから注文をすれば席まで届けてくれて、支払いは「PayPay」が使えるので便利です。

炙り醤油風ダブル肉厚ビーフのパッケージ

炙り醤油風ダブル肉厚ビーフのパッケージです。

ダブル肉厚ビーフなのでボックス型のパッケージを予想していましたけど、包装紙でした。

サムライブルーを想像させる紺色に「サムライマック」と「炙り醤油風ダブル肉厚ビーフ」の文字が入っています。

炙り醤油風ダブル肉厚ビーフ上から撮影

炙り醤油風ダブル肉厚ビーフを上から撮影しました。

真ん中でパックリと割れた「ケシの実バンズ」が、おいしそうな期待を持たせてくれます。

炙り醤油風ダブル肉厚ビーフ横から撮影

炙り醤油風ダブル肉厚ビーフを横から撮影しました。

ビーフパティが1枚に見えますけど2枚入っています。

高さは思ったよりありませんでした。

炙り醤油風ダブル肉厚ビーフの中身

炙り醤油風ダブル肉厚ビーフのバンズをめくって撮影しました。

炙り醤油風ソースがジュレのような感じでした。

玉ねぎとチーズの色合いがよくて食欲をそそります。

炙り醤油風ダブル肉厚ビーフの中身をアップ

角度を変えて撮影しました。

チーズが2枚、肉厚ビーフパティが2枚あります。

炙り醤油風ダブル肉厚ビーフの食レポ

炙り醤油風ダブル肉厚ビーフの食レポ

炙り醤油風ダブル肉厚ビーフを実食したので食レポをお届けします。

結論から言いますと、ボリュームがあって炙り醤油風ソースが絶品で私は気に入りました。

ダブル肉厚ビーフでボリュームがしっかりあるので、夜ご飯として食べましたけど、十分お腹が膨れました。

バンズはふっくらした感じでケシの実効果かわかりませんが香ばしさがありました。

ダブル肉厚ビーフは、炙り醤油風ソースとの相性抜群でソースがジュレのような塊になっているのでソースが垂れることなく食べやすかったです。

炙り醤油風ダブル肉厚ビーフは、ソースやバンズの全てに「香ばしさ」があって、マクドナルドの他のレギュラーメニューとは一線を画すおいしさでした。

私は、間違いなくリピートありだと思っています。

これから炙り醤油風ダブル肉厚ビーフをレギュラーメニューとして注文できることが、かなりうれしく思えるレベルです。

炙り醤油風ダブル肉厚ビーフの夜マック

夜ご飯に食べたということで「夜マック」の時間帯に食べたので「倍バーガー」で炙り醤油風ダブル肉厚ビーフが注文できるかどうか気になりました。

残念ながら炙り醤油風ダブル肉厚ビーフは、夜マックの倍バーガー対象外の商品ということでした。

たった100円の追加でダブル肉厚ビーフが倍の4枚になると最高でしたが、流石にそこまではできないようです。

ただ、炙り醤油風ダブル肉厚ビーフでも十分ボリュームがあって満足できると思います。

ポイ活で炙り醤油風ダブル肉厚ビーフを無料で食べる裏技

PayPay

今回、私はモバイルオーダーで注文して「PayPay」で支払いをしました。

この方法であれば、実質無料で食べることができます。

方法は簡単で、ポイントサイト「モッピー」で獲得したポイントを「PayPay残高」に交換するだけです。

モッピーの解説
モッピー解説

  • モッピーは、成功報酬型広告を中心に広告代理業を行っている「ポイントサイト」や「お小遣いサイト」と呼ばれるサイトの一つです。
  • モッピーでは、クレジットカード発行、ネット銀行等の口座開設、無料アプリのダウンロード、スマホの月額サービス利用、楽天市場やYahoo!ショッピングなど有名ネットショップでのお買物、無料ゲームへの参加などで、ポイントを獲得できます。
  • モッピーは、東証一部上場企業が運営する累計会員数800万人を超える大手ポイントサイトで、信頼度の高さは折り紙付きです。

モッピーでは、当ブログ経由の新規登録と入会月の翌々月末までにモッピーの広告やサービス利用で5000ポイントを獲得すると、2000円相当のモッピーポイントがもらえる友達紹介キャンペーンを実施中です。

 

モッピーの友達紹介キャンペーンはこちら

 

モッピーの登録は、最短5分で完了できて、入会金と年会費は無料なので、安心して登録してください。

「モッピー」ではどのような仕組みでポイントがもらえるのかについて説明します。

モッピーポイント獲得の仕組み
モッピーでポイントがもらえる仕組み【図解】

  1. モッピーが、広告主からの依頼を受けてサイト内に広告を掲載する。
  2. モッピーの会員がサイト内の広告経由で申込・購入・登録などの広告利用をすると、モッピーが広告主に利用通知を行う。
  3. 広告主が成功報酬として広告費をモッピーに支払う。
  4. 広告を利用したモッピー会員は、モッピーが受け取った広告費の一部をモッピーポイントとして受け取る。

モッピー会員がもらえるポイントは、モッピーが広告主からもらえる広告費の一部を報酬として会員に還元しているもので、怪しいことはまったくありません。

まとめ

今回は、2021年4月7日(水)から販売開始になった「炙り醤油風ダブル肉厚ビーフ」の食レポやカロリー、そして夜マックの倍バーガーで注文できるかについて解説しました。

マクドナルドの新レギュラーメニューになった「炙り醤油風ダブル肉厚ビーフ」は、限定バーガーに負けず劣らずのこだわりがありながら、期間限定ではなく、いつでも注文できるハンバーガーとして登場しました。

炙り醤油風ダブル肉厚ビーフは、マクドナルドのハンバーガーでも間違いなく上位に位置すると言えるほど、私はおいしく感じました。

他にも炙り醤油風ソースを使ったハンバーガーが出てきてもいいのではないかと思います。

カロリーは625kclとかなり高めですが、満足感が得られるボリュームで、私はリピートしたいと思いました。

あなたもぜひマクドナルドへ行って、炙り醤油風ダブル肉厚ビーフを実食してみてください。

本日も最後までご覧いただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください