2021年のグラコロはいつまで販売?グラコロの新メニュー注文で後悔したことと実食レビューを公開

コク旨アンガスビーフボロネーゼグラコロ実食レビュー

マクドナルドの冬の定番「グラコロ」が2021年12月1日(水)から販売開始になりました。

定番のグラコロに加えて2021年は新メニュー「コク旨アンガスビーフボロネーゼグラコロ」が登場しました。

新しいグラコロの味はどうなのか、また販売期間がいつまでなのか、カロリーはどれくらいあるのか気になるところです。

私は、新メニューの「コク旨アンガスビーフボロネーゼグラコロ」を食べてみたのですが、実際に食べてみると注文すれば良かったと思ったことがあって少し後悔しました。

今回は、2021年グラコロの新メニュー「コク旨アンガスビーフボロネーゼグラコロ」の実食レビューをお届けしたいと思います。

それでは、早速見ていきましょう。

2021年グラコロの販売期間とカロリーは

2021年のグラコロの販売期間とカロリーについて説明します。

2021年グラコロの販売期間

マクドナルドで冬の定番限定メニューである2021年のグラコロはいつまで販売されるのでしょうか。

2021年は「グラコロ」と「コク旨アンガスビーフボロネーゼグラコロ」の2種類のハンバーガーが発売されています。

2種類のグラコロは、2021年12月1日(水)から販売開始になり、2022年1月上旬まで販売予定となっています。

2021年グラコロのカロリー

2021年の期間限定で販売される「グラコロ」と「コク旨アンガスビーフボロネーゼグラコロ」のカロリーは、次のとおりです。

グラコロのカロリー
商品名 標準重量(1個) カロリー
グラコロ 160グラム 407kcal
コク旨アンガスビーフボロネーゼグラコロ 181グラム 437kcal

「コク旨アンガスビーフボロネーゼグラコロ」はボロネーゼソースの分だけ重量とカロリーが増えているのがデータとして出ています。

コク旨アンガスビーフボロネーゼグラコロの実食レビュー

2021年のグラコロで「コク旨アンガスビーフボロネーゼグラコロ」を食べたので実食レビューをお届けします。

コク旨アンガスビーフボロネーゼグラコロの外観

コク旨アンガスビーフボロネーゼグラコロ

今回は、コク旨アンガスビーフボロネーゼグラコロ、チキンマックナゲット15ピース、プレミアムローストコーヒーMサイズをそれぞれクーポンで注文して合計860円でした。

コク旨アンガスビーフボロネーゼグラコロ包装紙

コク旨アンガスビーフボロネーゼグラコロのパッケージです。

割と高さはあるのですけど包装紙で包まれています。

包装紙はボロネーゼソースをイメージさせる色になっています。

コク旨アンガスビーフボロネーゼグラコロ上から撮影

コク旨アンガスビーフボロネーゼグラコロを上から撮影しました。

私が好きなフワフワ系のバンズです。

マクドナルド公式サイトでは、「バターを加えたリッチなふわふわの蒸しバンズ」と説明されています。

キャベツが多く入っていて、バンズからはみ出しています。

コク旨アンガスビーフボロネーゼグラコロ横から撮影

コク旨アンガスビーフボロネーゼグラコロを横から撮影しました。

バンズの厚みとグラタンコロッケの厚みがあるので、高さは結構あります。

コク旨アンガスビーフボロネーゼグラコロのソース

バンズをめくってみました。

バンズとグラタンコロッケの間にボロネーゼソースが塗られています。

コク旨アンガスビーフボロネーゼグラコロのたまご

グラタンコロッケをめくるとキャベツとタマゴソースがありました。

コク旨アンガスビーフボロネーゼグラコロの食レポ

コク旨アンガスビーフボロネーゼグラコロ食レポ

コク旨アンガスビーフボロネーゼグラコロは、ボロネーゼソースの味がもっとするかと思いましたが、グラタンコロッケの味がしっかりしているので、あまり主張していませんでした。

注文するときに、ボロネーゼソース多めで注文すれば良かったと後悔しましたが、モバイルオーダーだったので、そこまで細かい注文をすることができませんでした。

公式サイトの画像にあるくらいの量がかかっていれば、ボロネーゼソースの味をしっかりと感じられると思います。

コク旨アンガスビーフボロネーゼグラコロを注文するときは、ぜひ「ボロネーゼソース多めで」と言って注文してみてください。

グラコロ自体は定番のおいしさで、海老の味があまり好きではない私でもおいしく食べられるグラタンコロッケは素晴らしいと思います。

ふわふわのバターバンズもグラコロの味を引き立てていて、このグラタンコロッケを食べると本格的な冬がはじまるように感じます。

グラコロを実質無料で食べられるお得な方法

マクドナルドでPayPay払い

先ほど言いましたように、今回食べた「コク旨アンガスビーフボロネーゼグラコロ」などは、スマートフォンに入っている「マクドナルド」アプリのモバイルオーダーから注文しました。

モバイルオーダーは、マクドナルドのお店で席を決めてから注文するだけで、席番号を指定した場合はカウンターで待つことなく店員さんが席まで持ってきてくれます。

モバイルオーダーの支払い方法は、Apple PayやPayPayなど、いろいろなキャッシュレス決済が選べてアプリで支払いまで完結するので財布を取り出す必要がありません。

私は、ポイントサイト「モッピー」で獲得したポイントをPayPay残高に交換しているので、今回注文した「コク旨アンガスビーフボロネーゼグラコロ」などの合計860円はPayPay残高で支払い、実質無料で食べられました。

ポイントサイト「モッピー」とは、一体どんなサイトなのか、気になったと思われるので、概要やポイント獲得方法などについて説明します。

モッピーの解説
モッピー解説

  • モッピーは、成功報酬型広告を中心に広告代理業を行っている「ポイントサイト」や「お小遣いサイト」と呼ばれるサイトの一つです。
  • モッピーでは、クレジットカード発行、ネット銀行等の口座開設、無料アプリのダウンロード、スマホの月額サービス利用、楽天市場やYahoo!ショッピングなど有名ネットショップでのお買物、無料ゲームへの参加などで、ポイントを獲得できます。
  • モッピーは、東証一部上場企業が運営する累計会員数900万人を超える大手ポイントサイトで、信頼度の高さは折り紙付きです。

モッピーでは、当ブログ経由の新規登録と入会月の翌々月末までにモッピーの広告やサービス利用で5000ポイントを獲得すると、2000円相当のモッピーポイントがもらえる友達紹介キャンペーンを実施中です。

 

モッピーの友達紹介キャンペーンはこちら

 

モッピーの登録は、最短5分で完了できて、入会金と年会費は無料なので、安心して登録してください。

新規入会キャンペーンの条件を達成すれば、合計7000円相当以上のモッピーポイントがもらえるので、PayPay残高に交換すれば、マクドナルドのモバイルオーダーで実質無料で食べることができます。

まだモッピーに登録したことがない方は、ぜひこの機会に新規登録をしてみてください。

モッピーの新規登録はこちらから

まとめ

今回は、2021年グラコロの新メニュー「コク旨アンガスビーフボロネーゼグラコロ」の実食レビューをお届けしました。

冬定番のグラコロで、まずは新メニューを試したのですが、グラタンコロッケやバンズの安定したおいしさがありました。

ただ、せっかくのボロネーゼソースがあまり主張していないので、注文時にソースを増やしてもらえば良かったと感じました。

2021年最後の限定バーガーとなる「グラコロ」は2022年1月上旬まで販売予定なので、定番のグラコロだけでなく新メニューもぜひ食べてみてください。

本日も最後までご覧いただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください