iPhoneXR購入後の初実機レビュー!同じ大画面のiPhoneXSMaxに勝てるのか調査結果を公開

iPhoneXRが2018年10月26日(金)に発売されました。

もう購入されましたか。

iPhone6、iPhone6s、iPhone7シリーズを使っていた方が買い換える需要も見込まれています。

一方で今までiPhoneにあったホームボタンが無くなることを敬遠して、価格の下がったiPhone8を購入している方もおられるみたいですね。

iPhoneXRは、2018年の新型iPhoneでは最も価格が安い位置付けにはなっているものの、性能はiPhoneXSシリーズと変わらず、しかも6.1インチの大画面という、ユーザーから受け入れられる要素がたくさんあります。

今回は、iPhoneXRの実機レビューを、iPhoneシリーズ最大の画面を誇るiPhoneXSMaxとの比較を交えながら実施します。

それでは早速見ていきましょう。



iPhoneXRとiPhoneXSMaxの比較

iPhoneXRとiPhoneXSMaxのスペックを対比するため表にまとめてみました。

iPhoneXRiPhoneXSMax
CPUA12 BionicチップA12 Bionicチップ
RAM3GB4GB
ディスプレイ6.1インチIPS液晶6.5インチOLED
解像度1792×828ピクセル2688×1242ピクセル
背面カメラシングル12MPカメラ

(広角)

デュアル12MPカメラ

(広角と望遠)

高さ150.9mm157.5mm
75.7mm77.4mm
厚さ8.3mm7.7mm
重量194g208g
64GB税別価格84,800円124,800円
128GB税別価格90,800円
256GB税別価格101,800円141,800円
512GB税別価格164,800円

iPhoneXRとiPhoneXSMaxは、価格差の割にiPhoneXRのスペックが健闘しているように感じます。

大きさは、iPhoneXRの方が若干小さいですが、iPhoneXSMaxより厚みがあります。

 

iPhoneXRの実機レビュー

iPhoneXRの実機をレビューしていきます。

今回購入したのは、iPhoneXRのブルー、128GBです。

 

iPhoneXRは、ケースで本体の色がわかるようになっており、ブルーのiPhoneXR本体と側面の文字が青色になっています。

 

iPhoneXRとiPhoneXSMaxのケースを並べてみました。

iPhoneXSMaxのケースが高さは少しだけ大きく、幅は同じでした。

 

ケースの中身とiPhoneXRの画面から見て右側面です。

付属品はiPhoneXSMaxと変わりません。

 

iPhoneXRとiPhoneXSMaxの厚さを比較してみました。

iPhoneXRの方が、わずかですが厚みがあるのがおわかりでしょうか。

実際に持ち比べてみると、わずか0.6mm の違いしかないのですが、思ったより分厚く感じます。

 

背面を並べてみました。

iPhoneXSMaxの方が一回り大きく見えます。

iPhoneXRのブルーは水色に近く、フレームは水色のアルミ素材となっています。

 

画面表示を比較してみました。

実際のサイズ以上にiPhoneXSMaxの方が大きく見えます。

iPhoneXRの液晶はOLEDと見比べても違いがわからないほどクオリティは高く感じます。

ただ、iPhoneXRは液晶のせいなのか縁が割と太いです。

 

iPhoneXRのレビューをiPhoneXSMaxと比較しながらしてみましたが、iPhoneXRは廉価版というものではなく、他のiPhoneに負けない、立派なバリエーションの一つになっています。

しかも6色の中から好きな色を選べるので、高い評価と相まって人気が出てくるのではないかと感じました。

iPhoneXRをiPhone6sPlusやiPhone7Plusからの買い替え機種として考えてみると、画面の大きさが十分にあり、性能的にも十分満たしているので、おすすめできる機種だと言えます。

 

カメラのポートレート撮影を比較

iPhoneXRで気になる新機能と言えば、シングルカメラであるにもかかわらず、画像処理で背景がぼける写真を撮影できることです。

ポートレートモードで撮影した場合、デュアルカメラのiPhoneXSMaxとどのような違いがあるのか、撮影してみました。

 

iPhoneXSMaxのポートレートモード(室内照明)で撮影した写真です。

オリジナルから画像サイズだけを縮小して掲載しています。

デュアルカメラを使っているので、奥に置いたiPhoneXSのケースがうまくぼけて手前のiPhoneXRのケースが際立っています。

手前のケースは結構近い場所に置いていたのですが、ピントがしっかり合っていました。

 

iPhoneXRのポートレートモード(室内照明)で撮影した写真で、オリジナルから画像サイズだけを縮小して掲載しています。

ポートレートモードは本来人物を撮影するので、ものだけでは機能しにくいからでしょうか、奥の方がそれほどぼけておらず不自然なように感じます。

それでもシングルカメラで撮影しただけなのに内部で画像処理ができるのは、優秀なCPUのおかげなのでしょうか。

iPhoneXRは、広角レンズのみで撮影しているので、iPhoneXSMaxと同じようなアングルで撮っても画角が結構かわります。

 

まとめ

今回は、iPhoneXRの実機レビューをiPhoneXSMaxと比較しながらしてみましたが、いかがでしたか。

iPhoneXRは、前評判が高かったので期待していましたが、実機を持った感想は、厚みが気になります。

わずか0.6mmですが、実際に持ってみるとiPhoneXSMaxより厚さを感じてしまうのが正直なところです。

しかしながら、豊富なカラーバリエーションやシングルカメラでもポートレートが使えて、価格が安いというのはiPhoneXRの購入動機としては十分なものになります。

iPhoneXSMaxは大きすぎますけど、iPhoneXRは一回り小さいので、大画面であるのに持ちやすいサイズになっています。

2018年モデルのiPhoneをすべて見てから購入する機種を決めようと考えていた方には、iPhoneXRはおすすめできる機種だと私は思います。

今後も機会を見てレビューを続けていこうと考えていますの、またご覧ください。

 

今日も最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

このブログのランキングを上げるのにご協力いただける方は、下にある2つのボタンをそれぞれクリックしてください!

ため蔵に1票が入って、ブログランキングを見ることができます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

節約・貯蓄ランキング

RSSリーダーのfeedlyに登録していただけるとうれしいです。
follow us in feedly