iPhone SE(第3世代)とiPhone12 mini買うならどっち?比べてみた結果を公開

iPhone SE(第3世代)とiPhone12 mini買うならどっち

2022年3月18日(金)に「iPhone SE(3世代)」が販売開始になり、5Gに対応するiPhoneで一番安い機種が更新されました。

同じ5G対応でこれまでで一番安かった「iPhone12 mini」と比べてどちらを買うか迷っている方もいるかもしれません。

私は「iPhone SE(3世代)」と「iPhone12 mini」の両方とも持っています。

今回は、「iPhone SE(3世代)」と「iPhone12 mini」のどちらがおすすめか、比べてみた結果を解説したいと思います。

それでは、早速見ていきましょう。

iPhone SE(3世代)とiPhone12 miniのスペックと価格

iPhone SE(第3世代)とiPhone12 miniを比較

まずiPhone SE(3世代)iPhone12 miniのスペックと価格を比べてみます。

iPhone SE(3世代) iPhone12 mini
画面サイズ 4.7インチ 5.4インチ
ディスプレイタイプ 液晶 有機EL
画面解像度 1,334 x 750ピクセル
2,340 x 1,080ピクセル
サイズ(mm) 138.4×67.3×7.3 131.5×64.2×7.4
重量(g) 144 133
チップ A15 Bionic A14 Bionic
カメラ 広角 広角・超広角
ズーム 最大5倍デジタルズーム 光学2倍ズーム
最大5倍デジタルズーム
セキュア認証 Touch ID Face ID

iPhone SE(3世代)の基本設計は「iPhone6」で、液晶画面にシングルカメラが受け継がられています。

iPhone12 miniは、2020年に初登場しており、昨年登場した「iPhone13 mini」と共通のボディで、有機EL画面にデュアルカメラになっています。

次にApple Storeで購入した場合の税込価格を比べてみます。

iPhone SE(3世代) iPhone12 mini
64GB 57800円 69800円
128GB 63800円 75800円
256GB 76800円 87800円

64GBモデルと128GBモデルで12000円、256GBモデルで11800円、iPhone SE(3世代)が安く買えます。

iPhone SE(3世代)とiPhone12 miniどちらがおすすめ

iPhone SE(第3世代)とiPhone12 miniどっちがおすすめ

結論から言いますと、私は「iPhone12 mini」がおすすめです。

カメラはiPhone12 miniでは、光学2倍ズームが使えて、ナイトモードも搭載されています。

暗いところで撮影するのにナイトモードはあると便利で綺麗に撮ることができます。

iPhone12 miniで一番優位だと私が思うのは、画面が有機E Lで綺麗な上に解像度も高く小さい画面でも見やすいところです。

iPhone SE(第3世代)とiPhone12 miniディスプレイ比較

画面の大きさを実際に比べてみると、本体サイズはiPhone12 miniの方が小さいにもかかわらず、画面表示はiPhone12 miniの方が大きくなっています。

ここ2年ほどは、外出時などはマスクを着けるようになってFace IDが使えないことからTouch IDのあるiPhone SEを選んだ方が多かったと思います。

マスクを着けているとFace IDが認識してくれなかったので指紋認証がいいように言われていましたが、iOS15.4からマスクをしていてもFace IDが使えるようになりました。

認証という点でiPhone SEが持っていたアドバンテージはなくなったと言えます。

iPhone SE(3世代)は、iPhone12 miniより11000円から12000円安いくて最新のチップを積んでいますけど、性能の差を感じることは正直なところありません。

総合的に考えてみると、iPhone SE(3世代)よりiPhone12 miniがおすすめです。

iPhone SE(3世代)とiPhone12 miniをお得に買う方法

iPhone SE(3世代)iPhone12 miniはApple Storeや携帯キャリアで買うことができます。

私がおすすめする買い方は、SIMフリーモデルを取り扱う「ビックカメラ.com」での購入です。

ビックカメラでの購入をおすすめする理由は、ビックポイントがもらえるだけでなく、ポイントサイト「モッピー」を経由して買うとモッピーからもポイントがもらえるためです。

ビックカメラで買物をする際、モッピーに掲載されているビックカメラ.comの広告を経由するたった一手間をかけるだけで、ビックカメラでの購入金額の1.4%分が、モッピーポイントとして還元されます。

モッピーポイントは基本的に1ポイント=1円換算で現金や電子マネーに交換できるため、実質的な割引になります。

今回であれば、ビックポイントが638ポイントもらえて、モッピーポイントも税抜価格の1.4%分がもらえます。

ちなみにモッピー経由でビックカメラ.comを利用してiPhone SE(3世代)128GBを買った時は812ポイントをもらえる予定です。

モッピーの解説
モッピー解説

  • モッピーは、成功報酬型広告を中心に広告代理業を行っている「ポイントサイト」や「お小遣いサイト」と呼ばれるサイトの一つです。
  • モッピーでは、クレジットカード発行、ネット銀行等の口座開設、無料アプリのダウンロード、スマホの月額サービス利用、楽天市場やYahoo!ショッピングなど有名ネットショップでのお買物、無料ゲームへの参加などで、ポイントを獲得できます。
  • モッピーは、東証一部上場企業が運営する累計会員数900万人を超える大手ポイントサイトで、信頼度の高さは折り紙付きです。

モッピーでは、当ブログ経由の新規登録と入会月の翌々月末までにモッピーの広告やサービス利用で5000ポイントを獲得すると、2000円相当のモッピーポイントがもらえる友達紹介キャンペーンを実施中です。

 

モッピーの友達紹介キャンペーンはこちら

 

モッピーの登録は、最短5分で完了できて、入会金と年会費は無料なので、安心して登録してください。

モッピーは、会員登録をすると掲載されている広告が利用できるようになるので、まだ会員になっていない方は次のリンクから会員登録をしてください。

モッピーの新規登録はこちらから>>

モッピーは、登録料や年会費は無料で利用できるので安心して登録してください。

まとめ

今回は、「iPhone SE(3世代)」と「iPhone12 mini」のどちらがおすすめか、比べてみた結果を解説しました。

私の結論は、「iPhone12 mini」がおすすめとしました。

iPhone12 miniの方が12000円ほど値段は高くなりますが、有機ELの高精細な画面や写真撮影のデュアルカメラやナイトモードは、最新のボディだからこそのアドバンテージがあります。

Face IDもiOS15.4からマスクを着けたままでもできるようになったので、指紋認証がなくても困ることはなくなりました。

もし「iPhone SE(3世代)」と「iPhone12 mini」のどちらを買おうか迷っているのでしたら「iPhone12 mini」を買ってみてください。

SIMフリーのiPhoneをネットショップで買うときは、「モッピー」に掲載された「ビックカメラ.com」の広告経由で買うことを忘れないでください。

モッピー経由のiPhone購入はこちらから>>

本日も最後までご覧いただいて、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください