iPhone14 Plusが発売日に届いたのでファーストレビューとお得な購入方法を紹介

 

iPhone14 Plusファーストレビュー

2022年のiPhoneで最後の発売となった「iPhone14 Plus」が、2022年10月7日(金)から販売開始になりました。

iPhone14の画面サイズは、6.7インチになり、iPhone14 Pro Maxと同じ画面の大きさを持つ無印iPhoneが登場しました。

発売日である2022年10月7日に無事届きました。

今回は、iPhone14 Plusのファーストレビューとお得な購入方法を紹介したいと思います。

それでは、早速見ていきましょう。

iPhone14 Plusのパッケージ

iPhone14 Plusがどのようなパッケージングで販売されているのか説明します。

iPhone14 Plusの箱

iPhone14 Plusの箱

iPhone14 Plusの箱です。

iPhone14 Pro Maxと同じく白色をベースにしたパッケージになっています。

2022年は、ディスプレイ側を使ったデザインで統一されています。

iPhone14 Plusの箱の中身

iPhone14 Plusの箱の中身

iPhone14 Plusの箱の中身です。

iPhone14 Plus本体に説明書とUSB-CタイプのLightningケーブルが同梱されています。

電源アダプターが同梱されなくなったので厚みもなくコンパクトな箱に収まっていて、箱を置いておく主義の私からするとありがたいです。

iPhone14 Plusのレビュー

iPhone14 Plusが私の手元に来たのでレビューをお届けします。

iPhone14 Plusの外観

iPhone14 Plus本体

iPhone14 Plusの本体です。

色は「パープル」にしました。

同じ紫でもiPhone14 Pro Maxの「ディープパープル」とは色の感じが違っていて、どちらかと言えばラベンダーに近い明るい紫色です。

裏面の一番上にある素材はガラスになっています。

iPhone14 Pro Maxのカメラが占める面積に比べると、iPhone14 Plusのカメラは小さくて占める割合がかなり低くなっています。

iPhone14 Plus電源ボタン側

iPhone14 Plusの電源ボタン側です。

周囲は艶のないアルミ素材になっています。

この角度から見てもカメラの出っ張りはあまりなくて、コンパクトに収まっています。

iPhone14 Plus音量ボタン側

iPhone14 Plusの音量ボタン側です。

上からサイレント切替スイッチ、音量ボタン、SIMトレイとなっています。

下にはスピーカーとLightningの充電端子があります。

iPhone14 Plusのカメラとディスプレイ

iPhone14 Plusカメラ

iPhone14 Plusのカメラをアップにしてみました。

台座の部分や二眼のレンズもそれほど出っ張っていないことがわかります。

iPhone14 Pro Maxは三眼のレンズで台座が出ているので、かなり本体から飛び出ている印象を受けますが、無印iPhone14のカメラはあまり飛び出していません。

ちなみにカメラの位置が今までのiPhoneと違っているため、「iPhone13 Pro Max」や「iPhone12 Pro Max」の純正レザーケースは流用できませんでした。

「iPhone13 Pro Max」のケースであれば、カメラが小さくなっている「iPhone14 Plus」のケースがうまくはまることを期待していたので残念です。

iPhone14 Plusディスプレイ

iPhone14 Plusのディスプレイです。

大きさやノッチがあることから「iPhone13 Pro Max」と同じように見えます。

6.7インチは画面が大きくて情報量も多く表示されるので使いやすく感じます。

すぐにディスプレイの保護ガラスを貼り付けていて、私は、NIMASOのiPhone14Plus用アンチグレアフィルムを使っています。

ガイドが付いているので、はめてから保護ガラスを置くだけで位置がきっちりと決まって綺麗に貼ることができるのでおすすめです。

 

iPhone14 Plusのお得な買い方

iPhone14 Plusがお得に買える方法を紹介しますので、ぜひ使ってみてください。

大手家電量販店「ビックカメラ」のECサイトである「ビックカメラ.com」では、オンラインショッピングで、Apple Storeと同価格のSIMフリー版iPhone14 Plusを買うことができて、しかもビックカメラのポイントがもらえます。

SIMフリー版iPhone14 Plusを購入して付与されるポイントは商品代金の1%にあたる1348ポイントです。

さらにお得になるのが、ポイントサイト「モッピー」に掲載されている「ビックカメラ.com」の広告を経由して買うと、商品金額の1%分がモッピーポイントとしてもらえます。

MEMO
モッピーポイントは、1ポイント=1円換算で、現金のほか「WAONポイント」「nanacoポイント」「PayPayポイント」「Fami Payギフト」「Tポイント」などの電子マネー、「Amazonギフト券」「Apple Gift Card」「Google Playギフトコード」などのギフト券に最低300ポイントから交換できて、さらにJALマイルにも交換できます。

税抜価格が10000円の商品であれば、100円相当のモッピーポイントがもらえる計算になります。

iPhone14 Plusをモッピー経由後にビックカメラ.comで買うことで、ビックカメラのポイントとモッピーポイントの二重取りができます。

「ポイントサイト」や「モッピー」という言葉を初めて聞かれた方に向けて、どのようなサイトであるか説明します。

\ポイントサイト「モッピー」とは/

モッピー解説
  • モッピーは、成功報酬型広告を中心に広告代理業を行っている「ポイントサイト」や「お小遣いサイト」と呼ばれるサイトの一つです。
  • モッピーでは、クレジットカード発行、ネット銀行等の口座開設、無料アプリのダウンロード、スマホの月額サービス利用、楽天市場やYahoo!ショッピングなど有名ネットショップでのお買物、無料ゲームへの参加などで、ポイントを獲得できます。
  • モッピーは、東証プライム上場企業が運営する累計会員数1000万人を超える大手ポイントサイトで、信頼度の高さは折り紙付きです。

モッピーでは、当ブログ経由の新規登録と入会月の翌々月末までにモッピーの広告やサービス利用で5000ポイントを獲得すると、2000円相当のモッピーポイントがもらえる友達紹介キャンペーンを実施中です。

 

モッピーの友達紹介キャンペーンはこちらから

 

モッピーの登録は、最短5分で完了できて、入会金と年会費は無料のため安心して登録してください。

クレカ発行でも口座開設でも!モッピーなら特典とポイントをまとめてGET!

まとめ

今回は、iPhone14 Plusのファーストレビューとお得な購入方法を紹介しました。

無印iPhone14ではコンパクトモデルの「mini」が消えて、代わりに大画面の「iPhone14 Plus」がラインアップに加わりました。

iPhone14 Plusは、iPhone14 Pro Maxまでの性能やカメラ機能は求めないけど、大きい画面で見たいという方のニーズにぴったりのモデルとなっています。

価格は円高の影響を受けて高くなったのでお手頃感は少なくなりましたが、それでもiPhone14 Pro Maxを買うより安く大画面を楽しめます。

iPhone14 Plusの販売状況は、予約数から見るとあまり売れ行きがよくないみたいですが、実際手に取ってみると、使い勝手が良さそうで、人気が出てもいいのにと思えるモデルですし、私はおすすめします。

もしiPhone14 Plusの購入を考えている方は、一度モッピー経由で「ビックカメラ.com」から買う方法も検討してみてください。

iPhone14 Pro Maxに興味がある方はこちらの記事もご覧ください。

本日も最後までご覧いただいて、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください