ヒルトンとマリオットのアメックスカードはどちらがおすすめか調査した結果を公開

ヒルトンオナーズアメックスとSPGアメックスのアイキャッチ

2021年3月にヒルトンから新しいホテルカード「ヒルトン・オナーズ・アメリカン・エキスプレス・カード」が登場しました。

ホテルカードと言えば、マリオットグループの「スターウッド プリファード ゲスト® アメリカン・エキスプレス®・カード」いわゆる「SPGアメックス」が有名で、陸マイラーの多くの人が所有しています。

どちらのホテルカードを発行するのがいいか、迷う方もいると思います。

今回は、「ヒルトン・オナーズ・アメリカン・エキスプレス・カード」と「スターウッド プリファード ゲスト® アメリカン・エキスプレス®・カード」の特典などを調べてどちらを発行するのがおすすめか解説したいと思います。

それでは、早速見ていきましょう。

ヒルトンオナーズアメックスとSPGアメックスの基本情報

ヒルトンオナーズアメックスとSPGアメックス

今回は、「ヒルトン・オナーズ・アメリカン・エキスプレス・カード」と「スターウッド プリファード ゲスト・ アメリカン・エキスプレス・カード」を比較しています。

記事中の「ヒルトンオナーズアメックス」は「ヒルトン・オナーズ・アメリカン・エキスプレス・カード」のことを指し、「SPGアメックス」は「スターウッド プリファード ゲスト・ アメリカン・エキスプレス・カード」のことを指します。

ヒルトンオナーズには、プレミアムカードもありますが6万円以上の年会費となり、比較しにくいので、通常カードのみを比較対象としました。

それぞれのカードの基本情報を比較した結果は次のとおりです。

カード ヒルトン・オナーズ・アメリカン・エキスプレス・カード スターウッド プリファード ゲスト・ アメリカン・エキスプレス・カード
年会費 税込16500円 税込34100円
家族カード 1枚目:無料
2枚目以降:税込6600円
税込17050円
ホテル上級会員資格 ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータス Marriott Bonvoyゴールドエリート
無料宿泊 150万円以上利用の継続で週末1泊 2年目から更新ごとに50000ポイント以内で1泊
客室アップグレード
ポイント還元率 0.5%〜0.75% 1%

家族カードでの比較

ヒルトンアメックスとSPGアメックスの家族カード

ヒルトンオナーズアメックスとSPGアメックスで、それぞれ家族カードを発行する必要がある場合を考えます。

ヒルトンオナーズアメックスでは、1枚目無料で2枚目以降は年会費税込6600円が必要になります。

一方SPGアメックスは、1枚目から年会費税込17050円が必要になります。

カード ヒルトンオナーズアメックス SPGアメックス
本会員+家族会員(1人) 16500円 51150円

家族カード1枚を含めると35000円以上の価格差になります。

しかもSPGアメックスの家族カードは、17050円の年会費を支払うのに無料宿泊特典などは何もありません。

ヒルトンオナーズアメックスの家族カードも特典はありませんが1枚目は年会費無料なので2人で支払いをまとめるのであれば便利です。

単に家族カードを1枚発行して支払いをまとめるという目的であれば、ヒルトンオナーズアメックスの方が出費も抑えられておすすめです。

SPGアメックスは家族カードを発行するぐらいなら本カードをもう1枚発行して無料宿泊特典をもらう方がいいのではないかと考えます。

ホテルの宿泊特典での比較

ヒルトンホテルとマリオットホテルの比較

ヒルトンオナーズアメックスとSPGアメックスのどちらも2年目以降の継続特典として、グループ内のホテルで無料宿泊が1泊できます。

無料宿泊特典の内容について比べた結果を解説します。

カード ヒルトンオナーズアメックス SPGアメックス
宿泊特典の獲得条件 前年のショッピング利用が合計150万円以上 特になし
宿泊数 1泊 1泊
宿泊可能日 金・土・日 制限なし
利用可能ホテル 規定なし 宿泊日の必要ポイントが50000ポイント以下

ヒルトンオナーズアメックスで宿泊特典を獲得するには、カード更新までの1年間で150万円以上のショッピング利用が必要になります。

SPGアメックスはカード継続で自動的に宿泊特典を獲得できます。

無料宿泊特典が1泊と言うのはどちらも同じですが、ヒルトンオナーズアメックスは金・土・日の週末だけしか利用できません。

SPGアメックスは、曜日の指定はなく、お盆や年末年始の繁忙期でも宿泊に必要なポイントが50000ポイント以下でホテルに空きがあれば、特典を使って無料宿泊ができます。

無料宿泊特典という観点から見るとSPGアメックスの無料宿泊特典は1泊で年会費分を取り戻すことも可能なので魅力的です。

私はSPGアメックスを実際に持っていて無料宿泊特典を有効活用しています。

会員資格での比較

リッツ・カールトン沖縄客室

ヒルトンオナーズアメックスとSPGアメックスのどちらも、カードを発行するだけでホテルグループの上級会員資格を得られます。

上級会員資格の特典について調べてみた結果を解説します。

カード ヒルトンオナーズアメックス SPGアメックス
会員資格 ゴールド ゴールド
アップグレード
レイトチェックアウト 最大午後2時まで 最大午後2時まで
朝食 無料 なし

ヒルトンオナーズアメックスのヒルトンオナーズゴールドは無料で朝食が食べられますが、SPGアメックスのMarriott Bonvoyゴールドエリートは朝食がついておらず無料朝食はプラチナ会員にならないといけません。

ホテルでの朝食ビュッフェ料金は、3000円以上のところが多いので無料で食べられるとかなりのお得感があります。

部屋のアップグレードやレイトチェックアウトについてはそれほど差はありませんけど、無料で朝食が食べられるという点ではヒルトンオナーズアメックスが有利です。

ポイントサイト経由でホテルのアメックスカードをお得に発行

ヒルトンオナーズアメックスやSPGアメックスをポイントサイト「モッピー」経由で発行するとモッピーポイントがもらえます。

モッピー経由のヒルトンオナーズアメックス発行で1000ポイントがもらえます。

モッピー経由のSPGアメックス発行で2000ポイントがもらえます。

MEMO
モッピーポイントは、1ポイント=1円換算で現金のほか、「WAONポイント」「nanacoポイント」「Tポイント」「PayPay」「Pontaポイント」「dポイント」「楽天ポイント」などの電子マネー、「Amazonギフト券」「App Store & iTunesギフトカード」「Google Playギフトコード」などのギフト券に交換できます。
モッピーの解説
モッピー解説

  • モッピーは、成功報酬型広告を中心に広告代理業を行っている「ポイントサイト」や「お小遣いサイト」と呼ばれるサイトの一つです。
  • モッピーでは、クレジットカード発行、ネット銀行等の口座開設、無料アプリのダウンロード、スマホの月額サービス利用、楽天市場やYahoo!ショッピングなど有名ネットショップでのお買物、無料ゲームへの参加などで、ポイントを獲得できます。
  • モッピーは、東証一部上場企業が運営する累計会員数800万人を超える大手ポイントサイトで、信頼度の高さは折り紙付きです。

モッピーでは、当ブログ経由の新規登録と入会月の翌々月末までにモッピーの広告やサービス利用で5000ポイントを獲得すると、2000円相当のモッピーポイントがもらえる友達紹介キャンペーンを実施中です。

 

モッピーの友達紹介キャンペーンはこちら

 

モッピーの登録は、最短5分で完了できて、入会金と年会費は無料なので、安心して登録してください。

まとめ

今回は、「ヒルトン・オナーズ・アメリカン・エキスプレス・カード」と「スターウッド プリファード ゲスト® アメリカン・エキスプレス®・カード」の特典などを調べてどちらを発行するのがおすすめかについて解説しました。

結論としては、ヒルトンオナーズアメックスの方が年会費や家族カードの点でメリットがあり、ホテルで宿泊するときに無料で朝食がついてくるので、コストパフォーマンスに優れておりおすすめだと考えられます。

ヒルトンオナーズアメックスで、週末の無料宿泊特典を獲得するには年間150万円のショッピング利用が必要となりますけど、家族カードを発行して支払いを集中させることで達成できる可能性は十分にあります。

ヒルトンオナーズアメックスとSPGアメックスのどちらも、ポイントサイト「モッピー」のサイト内に掲載されている広告を経由して発行するとモッピーポイントがもらえます。

新型コロナの影響で自由に旅行することは難しいですけど、今のうちにホテルグループで使えるアメックスカードを発行して充実した旅にできるよう準備をしてみませんか。

モッピーの新規登録はこちら

本日も最後までご覧いただいて、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください