Giga Big Mac ギガビッグマックをマクドナルドで実食!ボリューム感やカロリーなどの食レポを紹介

ギガビッグマックのアイキャッチ

2021年最初のマクドナルド限定バーガーである「グランドビッグマック」と「ギガビッグマック」が、2021年1月6日から販売開始になりました。

ギガビッグマックは、グランドビッグマックのビーフパティが2倍になったかなりのボリュームがあるハンバーガーです。

マクドナルドの限定バーガーを食べたのは昨年9月以来になります。

今回は早速、マクドナルドでギガビッグマックを食べてきたので、食レポをお届けしたいと思います。

それでは、早速見ていきましょう。

Giga Big Mac(ギガビッグマック)の外観

今回の注文はマクドナルドのモバイルオーダーではなく通常の注文を利用しました。

ギガビッグマックとマックシェイクバニラ

グランドビッグマックとギガビッグマックのどちらにするか悩んだのですけど、せっかく食べるのであればブログ的にも最大のハンバーガーを食べておこうと考えて、ギガビッグマックにしました。

ギガビッグマックはかなりのボリュームがあるように感じたので、ポテトはなしで、ドリンクをマックシェイクバニラにして、合計2点を注文しました。

価格ですが、ギガビッグマックはクーポン適用で720円、マックシェイクバニラが120円の合計840円で、楽天ポイントを使って支払いました。

それではギガビッグマックのパッケージから紹介していきます。

ギガビッグマックのパッケージ

ギガビッグマックのパッケージは、シェイクと比べてみてもわかるように面積だけでなく高さもあり、かなりの大きさで「Giga Big Mac」の文字が入っています。

ギガビッグマックを上から撮影

ギガビッグマックのパッケージを開けて上から撮影しました。

バンズが明らかにビッグマックより大きく、手のひらサイズに近い大きさがあります。

ギガビッグマックを横から撮影

ギガビッグマックをパッケージに入れたまま横から撮影しました。

ビーフパティが4枚もあり、バンズも厚みがあるので高さがあります。

ビッグマックはレタスが多いように感じますが、ギガビッグマックはさらに多くレタスが入っているように感じました。

ギガビッグマックを手に持って撮影

ギガビッグマックを持って撮影してみました。

写真を撮るため左端を持つと、パティなどの具材の重さでしなりました。

一口で頬張ることができないぐらいのボリュームがあります。

ギガビッグマックのパティをめくって撮影

ギガビッグマックのバンズをめくって撮影しました。

バンズと1番上のビーフパティの間にはソースが塗られていませんでした。

ギガビッグマックのビーフパティをめくって撮影

2枚目のビーフパティと2枚目のバンズの間にレタスやピクルスとオーロラソースが塗られています。

ギガビッグマックの一番下のパティをめくって撮影さらに一番下のビーフパティとバンズの間にチーズやオーロラソースなどがありました。

Giga Big Mac(ギガビッグマック)の食レポ

ギガビッグマックの食レポ

ギガビッグマックの食レポをお届けします。

一口で頬張るのが難しい高さはありますけど、かぶりつきました。

ビッグマックと比べて、ビーフパティが大きく4枚もあって肉が多いから、ビーフパティの味が大きな割合を占めています。

マクドナルドのビーフパティは少しパサパサしているので、4枚もあると大きな割合を占めるため、もう少しジューシーであれば良いのにと感じました。

ビッグマックと言えばオーロラソースですけど、ギガビッグマックもしっかりと塗られていて、多く入っているレタスと合っていました。

ギガビッグマックの製品重量は403グラムで、エネルギーは1067キロカロリーとなり、ハンバーガーのおよそ4倍なので、ハンバーガー4個分ということになりますね。

ギガビッグマックを完食して感じたのは、ギガビッグマックだけで十分満腹になることと、ビッグマックより肉を食べたという気持ちになれることです。

私の場合は、ポテトがなくてもよかったです。

ポイ活を利用して実質無料で食べる方法

マクドナルドの店舗イメージ

マクドナルドの商品代金は、現金でなくても「楽天ポイント」や「dポイント」で支払うことができます。

つまり、ポイ活で貯めたポイントを利用できるということです。

ポイ活をするのであれば、私はポイントサイト「モッピー」を活用するのをおすすめしています。

モッピーとは
  • モッピーは、成功報酬型広告を中心に広告代理業を行っている「ポイントサイト」や「お小遣いサイト」と呼ばれるサイトの一つです。
  • モッピーでは、クレジットカード発行、ネット銀行等の口座開設、無料アプリのダウンロード、スマホの月額サービス利用、楽天市場やYahoo!ショッピングなど有名ネットショップでのお買物、無料ゲームへの参加などで、ポイントを獲得できます。

⇒モッピーの新規登録はこちら

モッピーポイントは、1ポイント=1円換算で現金のほか、「楽天ポイント」「dポイント」「WAONポイント」「nanacoポイント」「Tポイント」などの電子マネーや「Amazonギフト券」「App Store & iTunesギフトカード」「Google Playギフトコード」などのギフト券に交換できます。

ですから、モッピーを利用して獲得したモッピーポイントを楽天ポイントやdポイントに交換すれば、実質無料でマクドナルドの商品を購入することができます。

モッピーは、東証一部上場企業が運営する累計会員数800万人を超える大手ポイントサイトで、信頼度の高さは折り紙付きです。

2021年1月は、当ブログ経由の新規登録と期間までにモッピーの広告やサービス利用で5000ポイントを獲得すると、2000円相当のモッピーポイントがもらえる友達紹介キャンペーンを実施中です。
モッピーの新規登録はこちら

モッピーの登録は、最短5分で完了できて、入会金と年会費は無料なので、安心して登録してください。

まとめ

今回は、2021年最初のマクドナルド限定バーガーである「ギガビッグマック」の食レポをお届けしました。

ギガビッグマックの定価は740円ということで、価格にボリュームはありますが、食べてみるとビッグマックより肉感があってソースに頼らないハンバーガーになっていました。

ビーフパティにあと少しだけでもジューシーさがあれば最高だと思いました。

2020年はコロナ禍の影響で外食産業は大変で、2021年も緊急事態宣言が取り沙汰されるなど厳しい情勢は続きます。

マクドナルドには、今年も感染対策を十分にした上で、コロナ禍を吹き飛ばす魅力的な限定バーガーを販売してもらいたいです。

本日も最後までご覧いただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください