FX口座の開設と取引で合計3万円分のポイントがもらえるお得なポイ活の利用方法を公開

FX口座開設のアイキャッチ

FXに興味がある人
FXって怖いイエメージがあります。失敗を気にしないで試すことはできませんか?

FXの取引がはじめての方は、不安がありますよね。

私も初めてFXの取引をするとき、手に汗をかいたことを覚えています。

リスクを減らすという観点から言えば、ポイントサイト「モッピー」経由でFXの口座開設をしてみるのはいかがでしょうか。

モッピーのサイト内に掲載されてる2件の口座開設案件を利用すると、合計3万円分のポイントがもらえますし、FXの取引っ方法を覚えたり、取引ツールの使いやすさなどを比較することができるというメリットもあります。

今回は、モッピーに掲載されているFXの口座開設案件からおすすめの案件を紹介したいと思います。

それでは早速見ていきましょう。

モッピー経由の外為どっとコム新規口座開設

外為どっとコム

外為どっとコムは、「株式会社外為どっとコム」が運営するFX取引口座です。

FX人気部門ランキングとFX情報部門ランキングで第1位に輝いています。

2020年12月は最大103000円のキャシュバックキャンペーンを実施中で、3000円は獲得しやすい条件になっています。

外為どっとコムのメリット
  • 取引単位が1000通貨からなので数千円からはじめられます。
  • 取引手数料だけでなく各種手数料も無料です。
  • スマホで本人確認を利用すると最短当日に口座開設が完了します。
  • スマホアプリでいつでもどこでも取引ができます。

外為どっとコム取引ツール

モッピー経由の申込で、モッピーポイント18000ポイントがもらえます。

ちなみに18000ポイントは、過去最大級のポイント還元になっているので、利用するのであれば今がおすすめです。

MEMO
モッピーポイントは、1ポイント=1円換算で現金のほか、「WAONポイント」や「nanacoポイント」「dポイント」、そしてウェル活に使える「Tポイント」などの電子マネー、「Amazonギフト券」「App Store & iTunesギフトカード」「Google Playギフトコード」などのギフト券に交換できます。

ポイント獲得条件は、新規口座開設と新規取引合計10万通貨以上になります。

【獲得対象外】
※新規口座開設申込み後、30日以内に新規で合計10万通貨以上の取引しなかった方
※本人以外のなりすまし入力と判断された場合
※入力された内容が無効または不備がある場合
※同一人物、世帯に準ずる複数お申込をされたお客様・外為どっとコムにて過去に口座開設のお申込をいただいた方の場合
※お申込完了に至らなかった場合
※過去ご利用履歴がある場合
※禁止事項に抵触したことが判明した場合
※取引完了までにキャンセルされてしまった場合
※重複・その他お申込内容に不備がある場合
※いたずらによるお申込、または記載内容に不正・不備・虚偽があった場合
※ポイント目当てと判断された場合
※法人様の口座開設

米ドル/円10lot(1万通貨)の場合、新規で10回取引すれば条件を達成できます。

実際の取引回数で言うと、10回新規注文をして10回決済をするので、合計20回米ドルと円の売買をすることになります。

私が「外為どっとコム」の案件を利用して米ドル/円で10万通貨の取引をしたときは、1万通貨で新規注文と決済をそれぞれ10回ずつ売買をして、「-270円」という結果でした。

モッピー経由のマネックス証券「FX PLUS」新規口座開設

マネックス証券FXPLUS

マネックス証券「FX PLUS」は、金融持株会社の一つ「マネックスグループ株式会社」の完全子会社であるマネックス証券株式会社が運営する外国為替証拠金取引サービスです。

マネックス証券FX PLUSのメリット
  • 米ドル/円0.2銭など取引しやすいスプレッドです。
  • マーケットを徹底攻略して多量かつ多彩な投資情報が得られます。
  • シンプルで使いやすいトレーディングツールでスピーディーな取引ができます。

マネックス証券FX PLUSでは、スプレッドの狭さを売りにしています。

取引手数料が0円で、全ての通貨ペアで1000通貨単位から取引できるのでコストを抑えることができます。

モッピー経由の新規口座開設と取引完了で12000ポイントがもらえます。

ポイント獲得条件は、モッピーのサイト内に掲載されている「マネックス証券FX PLUS」の広告を経由して新規口座開設申込後、60日以内に口座開設を完了して1万通貨以上の新規注文成立になります。

【獲得対象外】
※ポイント付与完了前に出金した場合
※申込後60日以内にFXPLUS口座にて指定のお取引をされなかった場合
※申込後60日以内に口座開設に至らなかった場合
※マネックス証券の口座を既に開設されている場合

※不備・不正・虚偽・重複・いたずら・なりすまし・キャンセル
※不正な取引
※申込後審査に落ちた場合
※同一IPからの2回目以降のお申込み
※本キャンペーンページ以外からのお申込み

ポイント獲得条件が1万通貨取引完了と、すぐに達成できるほど緩いためおすすめです。

モッピーポイントがもらえる仕組み

モッピーを経由してFX口座開設と取引をしただけでモッピーからポイントがもらえるなんて、「怪しい」「危険だ」「タダより高い物はない」と思った方はいませんか。

慎重なあなたのために、モッピーの広告を経由してFXの口座開設と取引が完了した報酬として、モッピーポイントがもらえる仕組みを図で説明します。
モッピーでポイントがもらえる仕組み【図解】

  1. モッピーが、広告主からの依頼を受けてサイト内に広告を掲載する。
  2. モッピーの会員がサイト内の広告経由で申込・購入・登録等の広告利用をすると、モッピーが広告主に利用通知を行う。
  3. 広告主が成功報酬として広告費をモッピーに支払う。
  4. 広告を利用したモッピー会員は、モッピーが受け取った広告費の一部をモッピーポイントとして受け取る。
モッピー会員がモッピーのサイト内に掲載されている広告やサービスを利用することによってもらえるポイントは、モッピーが広告主から受け取る広告費の一部を報酬として、利用した会員に還元しているもので、怪しいことや危ないことはまったくありません。

クレジットカード発行のほかにもネットショッピング、商品購入、ネット銀行や証券会社の口座開設、不動産投資面談、ネットショッピング、スマホの月額サービス利用など、パソコンやスマホを活用ことでポイントがもらえます。

モッピーは、東証一部に上場する企業「株式会社セレス」が運営する会員数が800万人以上の老舗ポイントサイトなので安心して登録してください。

もちろん入会金や年会費は無料で使えます。

2020年12月は、新規登録とモッピーの広告やサービスを利用して5000ポイント以上を獲得する条件を達成すると、2000ポイントがもらえる新規入会キャンペーンを実施しているので、次のリンクから登録してください。

モッピーの新規登録はこちら

FX口座開設にはマイナンバーカードが便利

マイナポイント事業イメージ

FXの新規口座開設には身分証明書が必要となります。

通常は運転免許証になりますけど、FXの口座ではマイナンバーの登録が必要になります。

マイナンバーカードがあれば、1枚で身分証明とマイナンバーの証明に使えるので便利です。

マイナンバーカードを発行することで、最大5000円分のマイナポイントがもらえることも大きいです。

私は7月にマイナンバーカードを発行してから、FX口座開設の身分証明にはマイナンバーカードだけを使っていて、運転免許証は使わなくなりました。

モッピーでは、FX口座開設だけでなく、クレジットカード発行やネット銀行の口座開設などで大量ポイントをもらえるので、今まで写真付きの身分証明書を持っていなくて案件に取り組みにくかった方はマイナンバーカードを発行してみてください。

まとめ

今回は、モッピーのサイト内に掲載されているFX口座開設で大量ポイントが獲得できるおすすめ案件を紹介しました。

紹介した「外為どっとコム」「マネックス証券FX PLUS」は、どちらもポイント獲得までの取引数量が少なめで、条件が達成しやすくなっています。

2社でFXの取引を体験しておくと、ツールの使い勝手などがわかるようになって、FX会社が選べやすくなりますし、合計30000円分のモッピーポイントがもらえるので、ぜひ取り組んでもらいたい案件です。

モッピーでは、今回紹介したFX口座開設のほかにも、クレジットカード発行、スマホの月額サービス、口座開設、ネットショッピング、友達紹介などを利用して、多くのポイントを稼ぐことができます。

私は、モッピーでポイントを稼げたおかげで、ポイントを現金に交換して小遣いにしたり、プリペイド式のクレジットカードにチャージして最新のiPhoneを買ったり、マイルに交換して無料で飛行機に乗ったりするなど、今までにない生活ができるようになりました。

こんなに簡単に稼げるのなら、もっと早くモッピーを知ってはじめておけばよかったと感じました。

あなたもぜひこの機会にモッピーへ新規登録をしてからFXの新規口座開設でポイントを稼ぐ、ポイ活にをはじめてみませんか。

モッピーの新規登録はこちら

本日も最後までご覧いただいて、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください