Apple Watch series 6のファーストレビュー!ステンレスからアルミへ変えた理由と使い勝手を公開

AppleWatchNikeSeries6アイキャッチ

2020年9月18日から「Apple Watch Series6」の販売が開始になりました。

もう購入されましたか。

私は、AppleStoreの公式サイトで、「Apple Watch Nike Series6」の「スペースグレイアルミニウムケースとNikeスポーツバンド」を注文して発売日に受け取ることができました。

昨年に販売開始になった「Apple Watch Series5」では、ステンレススチールケースを選んだのですけど、今年はアルミニウムケースにしてみました。

今回は、「Apple Watch Nike Series6 スペースグレイアルミニウムケースとNikeスポーツバンド」のファーストレビューとステンレススチールケースからアルミニウムケースに変更した理由を解説したいと思います。

それでは、早速見ていきましょう。

Apple Watch Nike Series6の外観

Apple Watch Nike Series6のパッケージや本体の外観から紹介します。

Apple Storeで配送

Apple Storeの公式サイトで9月16日午前6時頃に予約しました。

本当はAppleStoreで受け取りをしたいのですけど、コロナ禍で店頭受取が不可なので自宅への配送で注文しました。

AppleWatchNikeSeries6

選んだのは、「Apple Watch Nike Series6(GPS+Cellularモデル)44mmスペースグレイアルミニウムケースとアンサスライト/ブラックNikeスポーツバンド」でAppleCare+を追加しました。

気になる価格は、本体が56800円、AppleCare+が7800円で、合計税込71060円でした。

発表から発売まで間がない状態で発送が間に合うか気にしていましたが、9月18日の発売日にヤマト運輸の宅急便で無事到着しました。

AppleStore配送箱

Apple Watch Series6は、外観からはAppleの製品かどうかもわからない段ボールに入って送られてきました。

Apple Watch Nike Series6のパッケージ

AppleWatchNikeSeries6外箱

Apple Watch Nike Series6の外箱は、ほかのApple Watch製品と比べてコンパクトで薄くなっています。

AppleWatchNikeSeries6本体と充電ケーブル

AppleWatchNikeSeries6バンド

一つの箱に本体と充電ケーブルが入っていて、もう一つの箱にスポーツバンドが入っているのは、Series5と同じです。

Apple Watch Nike Series6の本体

Apple Watch Nike Series 6の本体です。

AppleWatchNikeSeries6本体

スペースグレイアルミニウムケースですけど、ほとんど黒色に見えます。

画面は光沢があり、本体のケース部分はつや消しになっています。

AppleWatchNikeSeries6デジタルクラウン

セルラーモデルのデジタルクラウンに赤色のラインが入っているのはSeries5と同じです。

AppleWatchNikeSeries6センサー側

裏側のセンサー部分です。

写真ではわかりませんが、センサーの周囲に小さい文字とNikeのマークが入っています。

ステンレスからアルミに変えた理由

AppleWatchNikeSeries6と5ケース比較

今回、ステンレススチールケースからアルミニウムケースへ変えました。

一番というか唯一の理由は、価格です。

1年間ステンレススチールケースのApple Watchを使いましたけど、価格差に見合うメリットを感じることができなかったのでアルミニウムケースへ戻しました。

ステンレススチールケースの感想

AppleWatchseries5注文

私が昨年購入した「Apple Watch Series 5 (GPS + Cellularモデル) – 44mmステンレススチールケースとミッドナイトブルースポーツループ」の価格は77800円、追加で注文したAppleCare+が7800円で、合計税込92448円でした。

私はSeries3と4はアルミニウムケースを使っており、Series5で初めてステンレススチールケースを購入しました。

たしかにステンレススチールケースはアルミニウムケースより高級感があり、画面もサファイアガラスなので傷がつきにくいというメリットはありました。

しかし、機能が上がるわけでもなく、本体に細かい傷はつくので、2万円ほど高価なステンレススチールケースを使うメリットは感じられなかったのが正直なところです。

スペースグレイアルミニウムケースの感想

今年購入した「Apple Watch Nike Series6(GPS+Cellularモデル)44mmスペースグレイアルミニウムケースとアンサスライト/ブラックNikeスポーツバンド」は、最初から黒色のアルミニウムケースで買うことを決めていました。

Series4以来のアルミニウムケースですけど、スペースグレイを選んだので新鮮に感じます。

仕事で使うため黒色革製のバンドを使っていますが、色が合っていて、ステンレススチールケースより落ち着いた雰囲気になりました。

画面に使われているガラスの違いは、私にはまったくわかりませんが、サファイアガラスではないのでカバーや保護フィルムなしで使うと傷がつくかも知れません。

重さですが、アルミニウムケースの方がわずかながら軽く感じます。

Apple Watchの機種変更と新機能

2020年はiPhoneの発表が遅れるので、先にApple Watchを購入することになりました。

Apple Watch同士の機種変更と新機能の「血中酸素濃度」の測定について説明します。

機種変更

Appleの機種変更は、年々便利になっていて、機種変更も簡単にできるようになってきました。

Apple Watch Series5から6への機種変更もスムーズにできました。

注意点としては、iPhoneはiOS14、Apple Watch Series5はWatchOS7へ先にアップデートしておいてください。

また、Apple Watch Series5にモバイルSuicaを入れている場合は、先に削除しておいてください。

iPhoneは、古いApple Watchのペアリングを解除していなくても新しいApple Watchとペアリングができました。

2台のApple Watchを使う場合は、手首への装着で自動検知をしてくれます。

新機能の血中酸素濃度測定をお試し

Apple Watch Series6では、新たに血中酸素濃度が測定できるようになりました。

利用方法は、Apple Watch Series6を装着してデジタルクラウンを一度押して、血中濃度測定アプリを選択するだけです。

開始を選択すると15秒で測定が終了して測定結果が次のように表示されます。

AppleWatchNikeSeries6血中酸素濃度測定結果

標準値が95%~100%と言われており、私の数値が低いので心配していましたが、バンドをきっちり止めて測定すると「100%」になりました。

まとめ

今回は、Apple Watch Series6のファーストレビューをお届けしました。

正直なところ、外観も含めて劇的な変化はなく、マイナーチェンジと言えます。

バッテリーについても毎日夜に充電しているので、朝に家を出てから夕方に家へ帰るまでもってくれれば十分です。

新しい機能の血中濃度測定も具体的にどのように活用できるのか、効果が実感できないところもあります。

Apple Watch Series5を持っている方であれば、Apple Watch Series6を新しく購入する必要はないかもしれません。

でも私は最新のApple Watch Series6が使いたかったから購入したのです。

今後もApple Watch Series6を使ってレビューをしていきたいと考えています。

本日も最後までご覧いただいて、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください