ANA国内線特典航空券が完全無料ではなくなる!?旅客施設使用料の負担増とは

ANA国内線特典航空券の旅客施設使用料アイキャッチ

ANAのマイルを貯めて特典航空券に交換して利用する場合、今までは完全に無料で利用できました。

しかし、ANAの制度改悪で、空港の旅客施設使用料を搭乗人数分だけ支払わなければならないようになり、完全無料ではなくなります。

今回は、ANA国内線特典航空券の旅客施設使用料に関する変更点とANAマイルを貯める方法について解説します。

それでは早速見ていきましょう。

ANA国内線特典航空券の変更内容

ANA国内線特典航空券の使用料変更

ANAのマイルを交換して発券できる「国内線特典航空券」の変更内容を説明します。

ANA国内線特典航空券では、これまで空港を利用するときに国内線旅客施設使用料(Passenger Facility Charge)の支払いは必要ありませんでした。

しかし、国内線旅客施設使用料を支払う必要が生じます。

これまではANAが負担していたものを、特典航空券で旅客機に搭乗する人に負担してもらう方針になりました。

国内線旅客施設使用料ですが、特典航空券での行程に国内線旅客施設使用料対象空港を発着する便を含む場合、特典航空券の発券に必要なマイル数を減算する時と同時にクレジットカードで支払うことになります。

特典航空券の変更適用開始日

ANAの国内線特典航空券に国内線旅客施設使用料が適用されるのは、2021年10月31日以降の搭乗分となり、2021年8月29日以降に発券された特典航空券が対象となります。

つまり2021年8月28日までにANAの国内線特典航空券を発券した場合は、国内線旅客施設使用料を負担する必要はありません。

2021年10月31日以降にANA国内線特典航空券での旅行などを計画されている方は、2021年8月28日までに特典航空券の発券を終わらせておきましょう。

旅客施設使用料とは

旅客施設使用料のイメージ

旅客施設使用料(Passenger Facility Charge)は、「PFC」とも呼ばれています。

PFCは、国内線旅客ターミナルビルごとに設定されています。

旅客施設使用料は、対象空港発着便の航空券を購入する際、搭乗者が航空運賃とともに航空会社へ支払い、航空会社が空港管理会社へ納入します。

料金が設定されている空港は、次のとおりです。

発着空港 大人
(満12歳以上)
小人
(満3歳以上満12歳未満)
新千歳空港 270円 140円
仙台空港 230円 120円
成田空港 450円 220円
羽田空港 290円 140円
中部空港 440円 220円
伊丹空港 260円 130円
関西空港 440円 220円
北九州空港 100円 50円
福岡空港(*1) 110円 50円
那覇空港 120円 60円

設定された空港では、出発と到着の両方でそれぞれ支払う必要があります。

例えば、羽田空港を出発して伊丹空港に到着する便では、片道が290円+260円で550円になり、往復で1100円になり、搭乗する人数分の支払いが必要になります。

一番金額が高い組み合わせとしては、成田空港と関西空港または中部空港となっており、旅客施設使用料は一人当たり片道890円・往復1780円です。

支払われた旅客施設利用料は、旅客機の搭乗者が利用する出発・到着ロビーなどのさまざまな施設を整備する費用に当てられます。

ANA国内線特典航空券では、これまで旅客施設使用料をANAが負担してくれていましたが、2021年10月31日以降は、搭乗者自身が負担することになります。

旅客施設使用料の負担が生じることで、ANA国内線特典航空券は完全無料ではなくなってしまいますけど、旅客施設使用料を支払っても十分にお得なので、ANAのマイルを貯める価値はあります。

ANAマイルを貯める方法

モッピーでマイルを貯める

ANAのマイルを貯めるには、ANA便やコードシェア便に搭乗したり、クレジットカード利用で貯めたポイントをマイルへ交換する方法などが一般的です。

でも特典航空券を発券できるほどのマイルを貯めるには、かなりかかります。

そこで、私がおすすめしているマイルを貯める方法は、ポイントサイト「モッピー」を使った「ポイ活」でマイルを貯める方法です。

ポイ活でマイルを貯める方法については、マツコデラックスが司会する「マツコの知らない世界」でも取り上げられ話題になりました。

モッピーとは
  • モッピーは、成功報酬型広告を中心に広告代理業を行っている「ポイントサイト」や「お小遣いサイト」と呼ばれるサイトの一つです。
  • モッピーでは、クレジットカード発行、ネット銀行等の口座開設、無料アプリのダウンロード、スマホの月額サービス利用、楽天市場やYahoo!ショッピングなど有名ネットショップでのお買物、無料ゲームへの参加などで、ポイントを獲得できます。

⇒モッピーの新規登録はこちら

モッピーポイントは、1ポイント=1円換算で、現金以外にも「楽天ポイント」「dポイント」「WAONポイント」「nanacoポイント」「Tポイント」などの電子マネーや「Amazonギフト券」「App Store & iTunesギフトカード」「Google Playギフトコード」などのギフト券に交換できるほか、JALマイルやANAマイルに交換できます。

モッピーで実施している「エクスプレスキャンペーン」では、モッピーポイントからANAマイルへの交換レートが実質86.3%になります。

エクスプレスキャンペーンは、条件を満たすと毎月1回次のような交換が可能になります。

モッピーエクスプレスキャンペーン

モッピーは、東証一部上場企業が運営する累計会員数800万人を超える大手ポイントサイトで、今なら当ブログ経由の新規登録と期間までにモッピーの広告やサービス利用で5000ポイントを獲得すると、2000円相当のモッピーポイントがもらえる友達紹介キャンペーンを実施中です。
モッピーの新規登録はこちら

モッピーの登録は、最短5分で完了できて、入会金と年会費は無料なので、安心して登録してください。

まとめ

今回は、ANA国内線特典航空券の旅客施設使用料に関する変更点とANAマイルを貯める方法について解説しました。

これまでは、ANAのマイルを使って国内線特典航空券を発券するときに何も支払う必要はなかったのですけど、2021年8月29日以降に2021年10月31日以降の便に搭乗する国内線特典航空券を発券する際は、旅客施設使用料の支払いが必要になります。

ANAは、コロナ禍で業績が厳しく必要経費を削減するための変更と考えられます。

新型コロナウィルス感染症は、私たちの生活の色々なところで変化を起こしており、負担が増えるのは仕方がない面もあるので、ANAマイルを使った特典航空券はこれからも利用したいと思います。

旅客施設使用料を支払ったとしても国内線特典航空券でANA便に搭乗するのは飛行機代が浮いてかなりお得なので、モッピーを活用したポイ活でマイルを貯めてください。

モッピーの新規登録はこちら

本日も最後までご覧いただいて、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください