iPadPro2018用のSmart Keyboard Folioはブログ作成に使える!?実際に使ってみたレビューを紹介

Smart Keybord Folioイメージ

iPad Proに2020年モデルが発売されましたね。

iPadの文字入力はどうされていますか。

私はiPad Pro2018を持っていますが、家の外でブログを作るときはWindowsのノートパソコンを使っています。

iPad Proのソフトウェアキーボードでは文字入力がやりにくいため、もっぱらタブレット用途でネット閲覧用にしていました。

しかし、外付けキーボードがあれば作業をしやすくなるかもと考えて、遅ればせながらApple純正の「Smart Keyboard Folio」を購入してみました。

iPad ProとSmart Keyboard Folioの組み合わせは、ブログ作成に使えるのでしょうか、検証した結果を解説します。

iPad Proをお持ちでSmart Keyboard Folioを購入しようかどうか迷っている方の参考になればと思います。

iPad Pro用Smart Keyboard Folioとは

Smart Keybord Folio全体

Smart Keyboard Folioは、Apple純正のiPad Pro専用キーボードになります。

Smart Keyboard Folioには「Smart Connector」と呼ばれるiPad ProとSmart Keyboard Folioの間でデータと電力の両方をやり取りをするメカニズムがあるので、Bluetoothでペアリングをしたり充電する必要もなく、使いたいときにすぐ使えるので便利です。

Air Pods Proでもそうですが、Apple純正のアクセサリは連携がよくできていると感じます。

サードパーティ製では、追いつけないところですね。

文字が入力されるのはノートパソコン形状になったときのみで、カバーとして使用しているダブレット状態では文字が入力されることはありません。

2020年モデルのiPad Proにはトラックパッド付のキーボードになるみたいです。

2018年モデルではトラックパッドがなく、キーボードだけになっています。

Smart Keybord Folioカバー状態

Smart Keybord Folioでカバーをした状態のカメラ側になります。

キーボードがあるので厚みはありますが私は持ってもあまり気になりませんでした。

Smart Keybord Folioキーボード側

タブレット状態で使うときはキーボード面がカメラ側になるので、指がキーボードに当たります。

しかし、文字が入力されることはないのでどこを持っても大丈夫です。

Smart Keyboard Folioの文字入力は

結論から言うと、私個人の感想としてノートパソコンよりタイピングしやすいと感じています。

Smart Keybord Folio表面

キーはナイロン生地のような素材で、生地のざらざらが滑り止めのようになります。

カバーになるので薄いつくりになっているものの、タイピングしたときの感覚が思ったよりはっきりとわかり、キービッチも十分にあるのでキーを打ち間違うこともあまりありません。

キーを打っていると、パチパチという感じではなくコツコツという感じで音がしないので静かな場所でも使いやすいです。

難点はと言うと、文字変換がスペースを押さないと選択されないので、そこが一手間かかってノートパソコンよりリズムが悪くなるように感じます。

しかしiPadOS13.4からはライブ変換ができるようになったのでいちいち変換する必要も少なくなりました。

ソフトウェアキーボードで文字入力をするより断然使いやすいと感じます。

Smart Keyboard Folioは、普段はダブレットで使って、必要な時だけキーボードにして使いたいという方にはピッタリです。

iPadOS13.4でマウスも快適に

先ほど使えるようになったiPadOSをダウンロードして使ってみました。

一番のポイントはマウスが本格的に使えるようになったことです。

私もこの記事をマウスを使いながら作っていますが、他のノートパソコンとほぼ変わることなく使えるようになりました。

以前のiPadOSでは、マウスの使い勝手が悪くタッチペンの方が使いやすかったのですが、マウスでのコピーペーストやスクロールができるようになったので作業性が大幅にアップしています。

Smart Keyboard Folioとセットで使えば、ノートパソコンを開かなくてもブログ記事を作成できるようになりますよ。

Smart Keyboard Folioを少しでもお得に購入する方法

11インチiPad Pro用Smart Keyboard FolioのAppleオンラインショップでの価格は税別19,800円です。

キーボードで税込20,000円以上になるのは、確かに高く感じます。

それでも使ってみると、カバーになりながら必要なときはキーボードになるので値打ちがあります。

せっかくなので少しでも安く購入する方法を紹介します。

方法は簡単で、ポイントサイト「モッピー」に掲載されている「Apple公式サイト」の広告を経由して11インチiPad Pro用Smart Keyboard Folioを購入すると、購入金額の1.5%がモッピーポイントとして還元されますよ。

モッピーApple公式サイト

でも、Appleでネットショッピングをするだけでポイントがもらえるなんて、何か怪しいと思われた用心深いあなたのために、「モッピー」とは、一体どのようなサイトであるのかを簡単に説明していきましょう。

モッピーは、成功報酬型広告を中心に広告代理業を行っている、「ポイントサイト」や「お小遣いサイト」と呼ばれるサイトの一つです。

モッピーには、ネットショッピング、商品購入、クレジットカード発行、ネット銀行の口座開設、不動産投資、ネットショッピング、スマホの月額サービス利用など、パソコンやスマホを利用するいろいろなことでポイントがもらえる広告が用意されているのですよ。

ポイントサイト仕組み

モッピー会員がポイントをもらえる仕組みは上の図にあるとおり、広告主からもらえる広告費を利用したユーザーに報酬として還元されているからで、ポイントがもらえるからと言って、不審なことや怪しいことはまったくありませんよ。

モッピー新規入会キャンペーン

今なら2020年3月31日までに当ブログからモッピーへ新規登録後、2020年4月30日までにモッピーポイントで5,000ポイント以上を獲得すると、1,000ポイント(1,000円相当)がプレゼントされる新規入会キャンペーンを実施中です。

モッピーの新規登録は、次のリンクからキャンペーンページに移動して空メールを送信後に返信されるメールから必要な手続きをするだけなので、とても簡単にできますよ。

モッピーは、東証一部上場企業が運営する会員数700万人を誇る大手ポイントサイトで、入会時の登録料、毎月の利用料が無料で使えるため、安心して利用してください。

今日も最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください