サムライマックの炙り醤油風ダブル肉厚ビーフは大当たり!マックシェイクのプッチンプリン味も同時レビュー

マクドナルド店舗イメージ夜

2020年4月8日からマクドナルドの期間限定ハンバーガーが販売開始になりました。

4月の限定バーガーは「サムライマック」と銘打って、「炙り醤油風ダブル肉厚ビーフ」と「炙り醤油風ベーコントマト肉厚ビーフ」の2種類が販売されています。

私は、ボリューム感のある炙り醤油風ダブル肉厚ビーフを食べてみました。

結果は、令和に入ってからマクドナルドの限定バーガーで最大のヒットと言っても過言ではないほど、おしかったです。

同時に限定マックシェイクの「マックシェイク “プッチン”できないけど プッチンプリン」も飲んだので一緒にレビューします。

サムライマック「炙り醤油風ダブル肉厚ビーフ」とは

サムライマックは、大人が満足するバーガーを目指して開発された限定バーガーです。

大人世代に行った事前の顧客調査で、食べごたえやソースと具材の相性、バランスの良さで高評価を得たのが、今回販売されている、「炙り醤油風ダブル肉厚ビーフ」と「炙り醤油風ベーコントマト肉厚ビーフ」です。

炙り醤油風ダブル肉厚ビーフ

「炙り醤油風ダブル肉厚ビーフ」は、マクドナルドの公式サイトで次のように紹介されています。

厚みのある100%ビーフを2枚重ね、コクのあるチェダーチーズが2枚入った、ボリューム満点の一品です。
シャキシャキのスライスオニオンもトッピングし、香ばしくトーストした、けしの実を使用したバンズでサンドしました。
たっぷり入れたたまねぎの甘さや、にんにくによるコクがあと引くおいしさの、香ばしい炙り醤油風のソースが、肉のおいしさを引き立てる、思わずやみつきになる一品です。

単品価格は、高めの490円でバリューセットは790円です。

カロリーは、1個あたりの標準製品重量が223グラムで625キロカロリーになります。

炙り醤油風ダブル肉厚ビーフのレビュー

今回は、スマホから注文できる「モバイルオーダー」を初めて利用しました。

カウンターで支払わず、事前に支払う場合は、クレジットカードかLINE PAYを選べます。

モバイルオーダーを利用すると、列に並ばず注文してから席で受け取れるので、他人と接触する頻度を下げることができました。

炙り醤油風ダブル肉厚ビーフセット

炙り醤油風ダブル肉厚ビーフのセットを注文して、ドリンクは「マックシェイク “プッチン”できないけど プッチンプリン」にして、スマートフォンアプリのクーポンを使って支払額は、740円になりました。

モバイルオーダーで注文してから5分以内に注文したセットが席まで届けられました。

炙り醤油風ダブル肉厚ビーフのパッケージ

炙り醤油風ダブル肉厚ビーフ包装紙

炙り醤油風ダブル肉厚ビーフのパッケージは包装紙です。

厚みがあるのでケースに入れられるかと思っていましたが、結構コンパクトになっています。

サムライブルーを意識した渋い色使いになっています。

炙り醤油風ダブル肉厚ビーフの実食レビュー

炙り醤油風ダブル肉厚ビーフ上から撮影

炙り醤油風ダブル肉厚ビーフを上から撮影しました。

バンズは、ごまが振りかけられた特性バンズになっていて、見た目からしておいしそうです。

炙り醤油風ダブル肉厚ビーフ横から撮影

横から撮影しました。

肉厚ビーフパティがあって、チーズもいい感じで溶けています。

チーズはそれぞれのパティに1枚ずつ使われているのですね。

炙り醤油風ダブル肉厚ビーフバンズめくったところ

バンズをめくって撮影しました。

濃厚な炙り醤油風ソースがしっかりと具材のパティや玉ねぎに絡んでいます。

実際に炙り醤油風ダブル肉厚ビーフを食べてみた感想です。

まず特製バンズが、ごまの香ばしさとふっくら感があって、ノーマルのバンズより格段においしいです。

そして、玉ねぎの味と食感がいいアクセントになって、炙り醤油風ソースの味を引き立てていました。

マクドナルドで具材に玉ねぎが入ったバーガーを食べたのは多分初めてだと思いますが、おいしかったです。

厚めのビーフパティは、2枚もあるとソースの味が薄くなりがちですけど、2枚ともソースとチーズでしっかり味がついていて、最後までおいしく食べられました。

炙り醤油風ダブル肉厚ビーフは、私の中で大当たりの限定バーガーになりました。

久しぶりにもう一度食べてみたいと思えるバーガーなので、ぜひ食べてみてください。

マックシェイク “プッチン”できないけど プッチンプリンのレビュー

私はマックシェイク好きなので、バリューセットでもマックシェイクを注文することが多いです。

今回は、2020年4月13日から販売開始になった、「マックシェイク “プッチン”できないけど プッチンプリン」を注文してみました。

マックシェイクプッチンプリンを飲んでみた感想です。

マックシェイク プッチンプリン

ふたを開けてみるとはじめは真っ白でバニラと間違ったのではないかと不安になりました。

マックシェイクプッチンプリン混ぜた

ストローで混ぜると、プリン風の薄い黄色が出てきて安心しました。

プッチンプリンシェイクを飲むと、はじめにバニラシェイクの味が薄くなったのと、プリン風味が少し感じられたものの、全体的に「味が薄い?」と感じました。

飲みだすと少しずつプリン風味が強くなってきましたが、プッチンプリンの濃厚さまでは感じられませんでした。

やはり、カラメルソースがないとプッチンプリンの味は再現しきれないと私は思いました。

実は、カラメルソース付きもありますけど、それだけで50円アップは高すぎるのでやめました。

「マックシェイク “プッチン”できないけど プッチンプリン」は、残念ですがリピートはないです。

マクドナルドのデリバリーサービスをお得に注文

新型コロナウィルスの影響で外出を自粛されている方も多いかと思います。

食品のデリバリーサービス「Uber Eats」でマクドナルドがデリバリーの対象エリアであれば、自宅やオフィスから注文して届けてもらえます。

もし、Uber Eatsを使ってみようと思っていて、まだ新規会員になっていない方は、アカウント作成時に私からの招待コード「eats-96wic7」を入力して新規登録をすると、初回の注文が1,000円割引になります。

Uber Eatsは、スマートフォンアプリから注文できて、支払もアプリで完結するので、ぜひ利用してみてください。

まとめ

今回は、マクドナルドの限定メニュー2種類を実食しました。

結果をまとめると、次のようになりました。

  • モバイルオーダーは注文が自分のペースでできて、席まで持ってきてもらえるので便利。
  • 「炙り醤油風ダブル肉厚ビーフ」は、令和の限定バーガーで一番のヒット、もう一度食べてみたい。
  • 「マックシェイク “プッチン”できないけど プッチンプリン」はカラメルがないと再現性は今一つで、リピートはない。
  • マクドナルドは話題のデリバリーサービス「Uber Eats」でも利用可能。

今日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください