ANAマイルとiPhoneポイントで

ハピタス、モッピー、ポイントインカム等のポイントサイト活用方法とマイルの貯め方や知識を紹介するサイトです。

iPhone

新型iPhoneのおすすめモデルは!?2018年モデルの名称や端末価格など発表直前情報のまとめ

投稿日:

iPhoneの2018年モデルの発表が、日本時間2018年9月13日午前2時に決まり、いよいよ新型iPhoneのすべてが明らかになります。

昨年はiPhoneの10周年記念モデルとして「iPhoneX」が販売され、通常モデルは「iPhone8」と「iPhone8Plus」が販売されました。

2018年モデルは、現在のところ3種類が販売される見込みです。

iPhoneの情報はいろいろなところからリークされていて、どれが本当の情報かわかりにくいですよね。

しかも、昨年はこの時期になるとある程度のことは判明していたのですが、今年は名称や端末価格が諸説出ており、特定できていない状態にあります。

今回は、新型iPhoneの名称や気になる端末価格などの情報をまとめて、おすすめモデルを考えてみました。

それでは早速見ていきましょう。



2018年のiPhoneも3機種が登場

2017年のiPhoneは、「iPhoneX」「iPhone8」「iPhone8Plus」の3モデルでしたが、2018年も3モデルになりそうです。

現在のところ、5.8インチOLEDモデル、6.5インチOLEDモデル、6.1インチ液晶モデルが販売される予定です。

5.8インチOLEDモデルがiPhoneXの後継機種、6.5インチOLEDモデルがPlusの代替機種、6.1インチ液晶モデルが廉価版の位置付けとなっています。

次にそれぞれの機種について解説していきます。

 

5.8インチOLEDモデル

iPhoneXの後継モデルについての情報を解説します。

 

名称

「iPhoneXs」となりそうです。

iPhoneXの後継機種である位置付けなので、順当なネーミングではないでしょうか。

iPhoneでは、6sまでマイナーチェンジモデルに「s」を付けており、法則が復活することになります。

 

外観と機能

iPhoneXの後継機種であることから、外観はほとんど変わらないようです。

iPhoneXのカバーやケースがそのまま使えるのではという話も出ています。

ディスプレイ、サイズ、機能については次のとおり予想されています。

  • ディスプレイ:5.8インチOLED(2,436 x 1,125ピクセル)
  • CPU:A12チップを搭載
  • RAM:4GB
  • ストレージ:64GB・256GB・512GB
  • カメラ:デュアルカメラ(背面)、Face ID対応(前面)
  • フレーム素材:ステンレス
  • サイズ:143.6 x 70.9 x 7.7 mm
  • Apple Pay、ワイヤレス充電

iPhoneXが登場するときも512GBモデルの存在が噂されましたが、結局販売されませんでした。

ライバル機種のことを考えると512GBモデルの登場も十分に考えられます。

 

端末価格

端末価格については、899ドルから949ドルぐらいになると言われています。

価格が899ドルでレートを110円とすれば、消費税を含めて107,000円ぐらいとなり、価格が949ドルとすれば、消費税を含めて113,000円ぐらいになります。

256GBモデルが消費税を含めると14万円以上になっていた、iPhoneXよりは安くなるのではないでしょうか。

 

6.5インチOLEDモデル

iPhone8Plusの代替機種でありながらiPhoneXの大型モデルとなります。

 

名称

「iPhoneXsPlus」になると言われていましたが、最近になって「iPhoneXsMax」になるとも言われています。

 

外観と機能

今までのPlusとの関係のように、iPhoneXをそのまま大きくしたものになりそうです。

ディスプレイ、サイズ、機能については次のとおり予想されています。

  • ディスプレイ:6.5インチOLED(2,688 x 1,242ピクセル)
  • CPU:A12チップを搭載
  • RAM:4GB
  • ストレージ:64GB・256GB・512GB
  • カメラ:デュアルカメラ(背面)、Face ID対応(前面)
  • フレーム素材:ステンレス
  • サイズ:157.53 x 77.44 x 7.85 mm
  • Apple Pay、ワイヤレス充電

サイズは、iPhone8Plusより厚みはありますが、幅と高さは小さくなります。

大画面なので端末も大きくなるかと思いましたが、思ったよりコンパクトになりそうです。

 

端末価格

端末価格については、999ドルぐらいになると言われています。

レートを110円とすれば、消費税を含めて119,000円ぐらいになります。

ストレージが大きいモデルは、もっと価格が上がる可能性も考えられます。

 

6.1インチ液晶モデル

iPhone8の後継機種と言われているモデルです。

iPhone8の後継機種ですが、ホームボタンは廃止され、iPhoneXと同じFaceIDを利用することになりそうです。

 

名称

iPhoneXsPlus又はiPhoneXsMaxと同様、名称の候補が複数出ています。

iPhone8の後継機種として順当な「iPhone9」、iPhoneXの廉価版としてiPhone5cと同じネーミングルールによる「iPhoneXc」、突如現れた「iPhoneXr」の3種類が名称として出ています。

6.1インチ液晶モデルは、カラーバリエーションも豊富になるという噂もあるので「iPhoneXc」がいいかなと個人的に思っています。

 

外観と機能

外観については、他のiPhoneXsシリーズ同様、ホームボタンが廃止されてノッチがつけられるようです。

ディスプレイ、サイズ、機能については次のとおり予想されています。

  • ディスプレイ:6.1インチLCD(1,792 x 828ピクセル)
  • CPU:A12チップを搭載
  • RAM:3GB
  • ストレージ:64GB・256GB
  • カメラ:シングルカメラ(背面)、Face ID対応(前面)
  • フレーム素材:アルミ
  • Apple Pay、ワイヤレス充電に対応、デュアルSIM(中国モデル)、3D Touch非対応

フレームがアルミ素材、メモリが3GBになっており、液晶の解像度はOLEDモデルより低くなるなど、コスト削減が感じられる構成になっています。

 

端末価格

端末価格については、699ドルから749ドルぐらいになると言われています。

価格が699ドルでレートを110円とすれば、消費税を含めて84,000円ぐらいとなり、価格が749ドルとすれば、消費税を含めて89,000円ぐらいになります。

10万円以下で購入できることになりそうです。

 

おすすめモデル

2018年の新型iPhoneでおすすめするモデルを紹介します。

今のリークされている情報で見る限りですが、iPhoneXsがおすすめとなります。

私はiPhoneXを持っていますが、画面の大きさについてはiPhoneX程度で十分だと感じています。

大きい画面もいいとは思いますが、Plusの大きさをズボンに入れるのは少し無理があり、重たいうえに端末価格も高くなりそうなので6.5インチOLEDモデルはパスします。

廉価版の6.1インチ液晶モデルも端末価格が安くていいかも知れないですが、iPhoneXでOLEDの綺麗な画面を知ると液晶には戻れないですよ。

ただ、2018年モデルの情報で気になるのは、新機能の情報がほとんど出ていないことです。

昨年はFaceIDが一つの目玉として情報が出ていましたが、今年のモデルは目新しい機能に関する情報が出ていないような気がします。

Appleがうまく隠しているのか、それとも特に新しい機能がないのか、9月13日の発表が楽しみです。

 

まとめ

今回は、2018年9月13日に発表されるiPhoneの新モデルについてまとめてみましたが、いかがでしたか。

毎年9月になるとiPhoneの新型が販売される時期だと思うようになりました。

それにしても2018年のiPhoneで、とうとうホームボタンが廃止されるのですね。

画面の大型化には必要なことですが、無くなるのはさみしい気もします。

私は、iPhone5s以降4年連続して新型iPhoneを購入しており、今年もiPhoneXsを購入する予定にしています。

9月13日の発表会が楽しみです。

あなたは、どの新型iPhoneを購入されますか。

 

 

今日も最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

このブログのランキングを上げるのにご協力いただける方は、
下にある2つのボタンをそれぞれクリックしてください!

ため蔵に1票が入って、ブログランキングを見ることができます。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

RSSリーダーのfeedlyに登録していただけるとうれしいです。
follow us in feedly

スポンサードリンク







PICK UP記事と広告

PICK UP記事と広告

-iPhone
-, , ,

Copyright© ANAマイルとiPhoneポイントで , 2018 All Rights Reserved.