バンドルカードはPayPayへの登録が可能!お金がないときの急な買物でもポチっとチャージで使えるのが便利

バンドルカードをご存知ですか。

ネット専用のバーチャルと実際の店舗でも使えるリアルカードの2種類が用意されているVISAプリペイドカードです。

最大の特徴はVISAが発行するプリペイド方式のカードなので、審査や年齢制限なしで発行することができることです。

また、今話題のPayPayに登録して利用することができるので、スマホを持っている子供さんに持たせてPayPayを利用させることができますよ。

今回は、バンドルカードの便利な機能や特徴、利用方法を紹介したいと思います。

それでは早速見ていきましょう。

バンドルカードとは

バンドルカードは、株式会社カンムが提供するチャージ式のVISAプリペイドカードで、iPhoneやAndroidのアプリからすぐに発行できて支払いに使えます。

バンドルカードの概要やメリットについては次のとおりです。

 

バンドルカードの概要

バンドルカード 紹介

項目 内容
年齢制限 なし
審査 なし
国際ブランド VISA
発行手数料(バーチャルカード) 0円
発行手数料(リアルカード) 300円
年会費 0円

バンドルカードは年齢制限なし、審査なしでスマートフォンのアプリからすぐに発行できますが、未成年の方は保護者の同意が必要です。

ネット専用のバーチャルカードであれば、アプリからユーザーID、パスワード、電話番号、生年月日を登録するだけで、すぐに無料で発行できます。

バンドルカードの発行はこちらからどうぞ

 

バンドルカードのメリット

バーチャルカードはすぐに発行して使える

いろいろな方法でカードにチャージすることができる

チャージした金額の範囲内でクレジットカードと同じように使える

カードの使い過ぎを防ぐことができる

バンドルカードの特徴とメリット

バンドルカードは、ネット決済の手段を持っていない方やクレジットカードを持っていない方におすすめです。

チャージした金額までしか使えないので、使いすぎる心配がないです。

ほかにも、リアルカードにチャージして子供さんに持たせるという使い方もできますね。

 

バンドルカードのチャージ方法

[st-midasibox title=”バンドルカードの主なチャージ方法” fontawesome=”” bordercolor=”” color=”” bgcolor=”” borderwidth=”” borderradius=”” titleweight=”bold”]

①コンビニでチャージ

②ドコモケータイ払い(手数料必要)

③ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い(手数料必要)

④クレジットカードからチャージ

⑤ネット銀行からチャージ

⑥銀行ATM(ペイジー)からチャージ

⑦ビットコインからチャージ

[/st-midasibox]

バンドルカード チャージ

バンドルカードは、①⑤⑥⑦は先払いで②③④は後払いのチャージになり、チャージ限度額は、次のとおりです。

項目 バーチャルカード リアルカード
1回の限度額 3万円 10万円
月間の限度額 12万円 200万円
累計利用限度額 100万円 なし
残高上限 10万円 100万円

 

バンドルカードのポチっとチャージ

バンドルカード ポチっとチャージ

バンドルカードの機能で新たに追加されたのが、「ポチっとチャージ」です。

残高がないときでも、1回につき3,000円から20,000円まで1,000円単位でチャージできて、翌月末までにチャージした分をコンビニか銀行ATM(ペイジー)で支払うシステムになっています。

急に物を買う用事ができたのにお金がないときでも買うことができるので便利です。

注意点は、利用時に氏名、生年月日、メールアドレス、電話番号が必要なのと、1回のチャージにつき、3,000円から10,000円までは500円が11,000円から20,000円までは800円かかることと、審査があり最初から20,000円のチャージができなかったり、ポチっとチャージそのものが利用できない場合もあるようです。

 

バンドルカードは危険?評判は

バンドルカードはバーチャルカードでネット決済ができますが危険ではないのか、またバンドルカードの評判について調べてみました。

バンドルカードは危険?

結論から言いますと、ネット決済の場合にバンドルカードでは、クレジットカードと同じようにカード番号、セキュリティコード等を入力するので危険性は少ないです。

ただ、カード番号やセキュリティコードがどこかから漏れて不正利用される可能性はクレジットカードと同様にあります。

それでも事前にチャージした金額分しか使えないので、必要最低限だけチャージをしておけば被害が大きくなることを防げます。

 

バンドルカードの口コミや評判

バンドルカードのアプリやネット上の評判について調べた結果は次のとおりです。

未成年でもネットやアプリの決済ができて便利

チャージした分しか使えないので使いすぎる心配がなくていい

ポチっとチャージが魅力的

Amazon、Suicaチャージ、出前館で活用させてもらっています

手数料が高い

500円単位でチャージできるようにしてほしい

ポチっとチャージが使えない

簡単に発行できてネット決済に利用できるのが便利でチャージした分しか利用できないので安全という評判が多く、一方で後払いの手数料が高い、チャージが1,000円単位で不便、ポチっとチャージが使えないという評判もありました。

口コミや評判からすると、クレジットカードを持てない方がネット決済用に発行して、事前にチャージしたものを利用するのが良さそうです。

 

バンドルカードの発行

バンドルカードのバーチャルカードは審査がないため、スマホアプリから必要事項を入力して携帯電話番号の認証をするだけですぐ簡単に発行できます。

バンドルカードのバーチャルカード発行手順は次のようになっていて、私も作ったのですが5分もかからないでできました。

バンドルカードの公式サイトからiPhoneまたはAndroidのアプリをインストール

アプリで「はじめる」を選択

ユーザーID、パスワード、認証コード等を入力

生年月日、性別を入力

電話番号を入力

電話番号宛に送られた認証番号を入力

入力内容の確認して利用規約にチェックを入れて「次へ」を選択

バンドルカードのバーチャルカードが発行

iPhoneのAppStoreからバンドルカードをインストールします。

 

バンドルカード スタート画面

バンドルカードのアプリを起動して「はじめる」を選択します。

 

バンドルカード ユーザーID等入力

ユーザーID、パスワードは必須なので入力してください。

招待コード「r3s8c7」を入力していただくと、私のバンドルカードに200円分チャージされますが招待された側の方には特典がないので、ため蔵に200円をあげようという優しい方は入力してみてください。

 

バンドルカード 性別等入力

生年月日を入力して未成年の方は、保護者の同意をもらって「保護者の同意を得ています」へチェックしてください。

性別も選択してください。

 

バンドルカード 電話番号登録

電話番号はショートメッセージを受信できる携帯電話番号を入力して「認証」を選択してください。

入力した電話番号あてにショートメッセージが届くので記載されている認証番号を入力してください。

電話番号認証が終わると登録内容の確認画面になるので、登録内容の確認と利用規約の確認をして発行手続きは終了です。

 

バンドルカード バーチャルカード

発行されたバンドルカードのバーチャルカードです。

バンドルカードにチャージすれば、ネット決済においてカード番号とセキュリティコードを入力することで、VISAブランドのクレジットカードと同じように使えます。

 

まとめ

今回は、スマートフォンで使えるバーチャルなVISAプリペイドカードである「バンドルカード」の便利な機能や特徴、利用方法を紹介しましたが、いかがでしたか。

バンドルカードは年齢制限なし、審査なしで作ることができるので、クレジットカードを持つことができない方のネット決済手段として最適なカードです。

しかも、VISA加盟店で利用できる先払い方式のカードなので、事前にチャージすれば使えるところが多く、チャージした分だけしか使えないので使いすぎるという心配もありません。

後払いやポチっとチャージの手数料が高いので、その点はあまり利用することをおすすめしませんが、いざ残高がないというときに利用できる仕組みがあるのはありがたいですね。

あなたもバンドルカードを発行して、今までは利用できなかったネット決済をはじめてみませんか。

 

 

今日も最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

このブログのランキングを上げるのにご協力いただける方は、下にある2つのボタンをそれぞれクリックしてください!

ため蔵に1票が入って、ブログランキングを見ることができます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

節約・貯蓄ランキング

RSSリーダーのfeedlyに登録していただけるとうれしいです。
follow us in feedly