読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAマイルとiPhoneポイントで

陸マイラーにチャレンジする四十男のブログです!ANAマイル、ポイントサイト、iPhoneの情報を中心に発信しています!

撮影ボックス おすすめはオークションの撮影ブースにできる大型タイプ

みなさんは、オークションなどの商品紹介をするとき、どのようにして商品の写真撮影をされていますか。

私は、スマホのような小さなものでも、部屋に撮影スペースが十分になくて、また液晶画面に部屋の電灯が映り込んだりしたので、商品の撮影にいつも四苦八苦していました。

そこで今回は、AmazonでLS DECOの撮影ボックスと照明を購入して商品の写真を撮影してみました。

結果ですが撮影ボックスを使えば、かなり上手く商品の写真を撮ることができたのでおすすめします。

  

撮影ボックスとは

撮影ボックスとはライティングボックスとも言われ、使い方は商品などを撮影するとき、背景を整理し、光線を和らげて影の出ないよう品物を中に入れて撮影します。

撮影ボックスを使うときの照明は、自然光、電灯のどちらでも使用することが可能です。

 

購入を検討した撮影ボックス

一口に撮影ボックスといっても、大きなものから卓上に置けるものなど、さまざまありますが、今回購入する候補にしたのは次の4点です。

 

それぞれの商品で特徴はあるのですが、今回の購入するに当たって検討したポイントをあげてみます。

 

まず大きさですが、購入された方のレビューを見てみると、小さかったことを後悔しているというのが多くあったので、大は小を兼ねるという考えで、大き目のサイズとなる70×70センチのものにしました。

 

次に重視したのが、背景用の布です。

レビューでは、背景用の布がしわだらけで使いにくい、折り目が消えないなどとありましたので、背景用の布は折りたたんでいないものを選ぶことにしました。

また、背景用の布は商品に合わせて色の種類を選べるものにしました。

 

4種類の撮影ボックスの中で、これらの条件を満たしていたのが「LS_deco」の撮影ボックスでした。

 

LS DECOの撮影ボックスは、大きさが70センチあるので、大きな商品でも撮影することができます。

背景の布は、青色、灰色、白色の3種類あるので商品に合わせて変えることができ、背景の布はロールに巻いてあるのでしわになりにくいという特長があったので購入することにしました。

商品の代金は、5,480円でした。

 

撮影ボックスの照明

撮影ボックスの照明は、電源の取り回しがしやすいLED蛍光灯を探すことにしました。

 

ルートアールのこの蛍光灯ですが、電源はUSBから取れて、モバイルバッテリーでも使うことができるので移動するのにとても便利です。

またライトの色と明るさのコントロールができて使いかってがよいので、このライトにしました。

商品の代金は、1,480円でした。

 

撮影ボックスの到着

撮影ボックスは120×90センチ大の段ボールに挟まれた状態で届きました。

f:id:mileget:20170201221257j:plain

段ボールから取り出すと、撮影ボックスと背景用の布が入っていました。

 

撮影ボックスは、70センチ四方と大きいですが、厚さはないので収納場所に困ることはなさそうですし、背景用の布も一緒に収納することができます。

 

早速組み立ててみましたが、開いてマジックテープでとめるだけなので簡単に組み立てることができました。

 

背景用の布もマジックテープで貼り付けるタイプになっています。

f:id:mileget:20170201221636j:plain

撮影ボックスの中を撮ってみました。

今回の撮影に使用したのはソニーのコンパクトデジカメです。

光は部屋の電灯だけですが、天井部分の生地がある程度光を通してくれます。

 

撮影ボックスで商品紹介の撮影

撮影ボックスを使って商品紹介用の写真を撮ってみることにしました。

まず一緒に購入したLED蛍光灯を撮影してみました。

f:id:mileget:20170201222117j:plain

背景の布があるだけで、今まで撮っていた商品の写真とは違う、本格的な写真のように感じます。

 

次に私が持っているスマホを撮ってみました。

このとき、LED蛍光灯は天井の上に置いておきました。

f:id:mileget:20170201222432j:plain

f:id:mileget:20170201222457j:plain

iPhone7とこの間購入したpriori4を撮影してみましたが、他の記事に使っている写真と比べてみると背景の写り込みもないですし、iPhone7は細かいところまできっちりと映っているように感じます。

 

Priori4も画面をつけて写真を撮ると背景の色がおかしくなったりするのですが、そのようなこともなく綺麗に撮ることができました。

 

最後にiPadmini4で青色の背景と灰色の背景でそれぞれ撮ってみました。

f:id:mileget:20170201222847j:plain

f:id:mileget:20170201222856j:plain

 みなさんはどちらの色が好みでしょうか。

私は青色の背景の方が商品が見栄えするような感じを受けました。

 

このiPadmini4はガラスの保護フィルムを貼っているので、部屋で撮影すると部屋の中にあるものがいろいろと映り込んでどうしようもありませんでした。

 

今回、撮影ボックスに入れて撮影したところ、部屋の中がちらかっていましたが何も映り込むことがなく、画面も綺麗に撮ることができました。

 

撮影ボックスを使うメリット

今回撮影ボックスを使ってみて感じたメリットです。

  • 組み立てが簡単で2、3分で準備できる
  • 部屋が片付いていなくても撮影ボックスのスペースだけ準備すればよい
  • ライティングは本格的なものでなくても十分対応できる
  • 映り込みを気にしないで撮影できる
  • 商品のランクが上がったような感じを受ける

 

まとめ

初めて撮影ボックスを使って写真を撮ってみましたが、結構いい感じに撮影できるので楽しかったです。

 

カメラと照明は本格的なものではないですが、撮影ボックスのおかげで雰囲気のある写真になりました。

 

これからはオークションや商品紹介は、撮影ボックスを使ってクオリティの高い写真を撮っていきたいと考えています。

 

おすすめ記事

mileget.hatenablog.com