読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAマイルとiPhoneポイントで

陸マイラーにチャレンジする四十男のブログです!ANAマイル、ポイントサイト、iPhoneの情報を中心に発信しています!

ANA国内線プレミアムクラスへの当日アップグレードに挑戦 9,000円の価値があるか調査結果公開

みなさんこんにちは、マイルため蔵です。

仕事の関係で東京へ行く機会があり、今までなら新幹線一択でしたが、せっかくなので乗ったことのないANAで東京まで行くことにしました。

そして、私のような初心者マイラーはSFC修行などまだまだ先のことなので、先輩方の記事で見かけるANAラウンジに入るためプレミアムクラスへの当日アップグレードを試してみました。

早速どのような手続きとフライトになったのか見てみましょう。

f:id:mileget:20161113190121p:plain

 

ANAの国内線プレミアムクラスとは

プレミアムクラスは、普通席とは区別され、専用カウンターでの航空券購入、搭乗手続き、手荷物預かり、専用手荷物検査、ANAラウンジの利用、優先搭乗、ゆったりと快適に過ごせるシート、専用アメニティなど至れり尽くせりのフライトが楽しめます。

それだけに普通席の航空券よりかなり高い値段設定がされています。

 

普通航空券で予約していてもフライト当日でプレミアムクラス空席があれば、プラス9,000円を支払って変更することができます。

 

当日アップグレードはカウンターで手続き

f:id:mileget:20161113191751j:plain

今回、伊丹から羽田の路線を利用したのですが、搭乗便のプレミアムクラス予約状況を見てみると席が残っていたので当日アップグレードができるかも知れないと考えていました。

 

そのため、伊丹空港に到着してから、まず1階にあるANAのカウンターへ行き、予約した航空券を提示してプレミアムクラスに変更したい旨を伝えました。

私の予想どおりプレミアムクラスに空きがあり、しかも窓側か通路側の席を選べたので迷わず窓側の席を選んで変更しました。

 

変更料金の支払いはもちろんANA VISAワイドゴールドカードで、無事プレミアムクラスのシートを確保することができました。

 

専用の保安検査場は最高

f:id:mileget:20161113191835j:plain

カウンターでの手続きを終えて保安検査を受けるため2階に上がったのですが、かなり混雑していました。

しかし、プレミアムクラス伊丹空港専用の保安検査場があるため、行列に並ぶことなく数分で保安検査場を通過することができました。

 

普通に保安検査場に並んでいたら一体どれくらいの時間がかかったのか想像できないほどだったので、せっかちな私にしてみれば、これだけでもプレミアムクラスのメリットを十分感じることができました。

 

いよいよANAラウンジへ

f:id:mileget:20161113191912j:plain

保安検査が終われば、プレミアムクラスアップグレードした主な目的であるANAラウンジを利用するために向かいます。

最初、ANAラウンジのチケットがネットオークションで売られているので購入しようと考えていましたが、落札代金が思ったより高かったのでオークションでは買いませんでした。

 

空港にこのようなラウンジがあるのを知ったのがつい最近である私が、ANAラウンジを利用することができたのもプレミアムクラスにアップグレードをしたおかげです。

 

ラウンジの様子を何枚か撮ってみました。

f:id:mileget:20161113192003j:plain

f:id:mileget:20161113192035j:plain

パソコンに自分のブログを表示させ、お酒が飲めないので充実野菜とおつまみを一緒に撮りました。

f:id:mileget:20161113192103j:plain

ANAラウンジに滞在した感想ですが、室内は色使いがシックで落ち着いた雰囲気のある空間で、午前中ということもありまだ利用者は少なかったことから、とても静かで、ゆっくりとフライトまでの時間を過ごすことができました。

 

優先搭乗初体験

今まで優先搭乗に縁のなかった私が今回初めて優先搭乗を体験することができました。

ANAでは優先搭乗でもダイヤモンド会員の方が先に搭乗案内されるのですね。

 

ちなみにダイヤモンド会員の方が何人おられるのか数えたところ、私が搭乗した便には33人もいました。

ダイヤモンド会員になるのはとてつもなく大変なことのように感じていたので、一つの便にこれほどいるとは思ってもいませんでした。

 

ダイヤモンドの方が全員搭乗されて、その後で私も搭乗することができたのですが、ほとんど並ぶこともなく、すぐにゲートを通過して機内に行くことができました。

 

プレミアムクラスのシート

私が搭乗した機種はB777-200でこのようなシートでした。

f:id:mileget:20161113192144j:plain

普通席のシートしか知らなかったので、このゆったり感と前後左右の間隔には驚きました。

普通席ではシートを倒すにも気を遣い、隣の人と肘が当たらないか気にしたりしましたがプレミアムクラスのシートはそのようなことを全く気にする必要がなく、快適に過ごすことができました。

 

スリッパも国際線ビジネスクラス用のもので、今まで使っていた紙のような薄いものではなくしっかりとしたつくりをしていました。

 

機内食もプレミアム

普通席では機内食がおそらく出されていないと思うのですが、プレミアムクラスでは朝食としてサンドイッチとコンソメスープのセットが出ました。

f:id:mileget:20161113192310j:plain

サンドイッチはおしゃれなカフェで出てくる感じのもので、入っていた箱は小さかったのですが結構食べ応えがあり、コンソメスープも具だくさんで、どちらもおいしくいただきました。

 

機内食があることを知っていたので朝食を食べていなかったのですが正解でした。

 

プレミアムクラスの窓から

今まで飛行機にのるときはほとんどが後ろの方まで行って、窓側になっても飛行機の翼が見えていたのですが、今回初めて2列目という前のシートに座ったことから翼が見えませんでした。

 

景色に翼が入っているのも格好いいですが、何も遮るものがないのはさらにいいですね。

フライトの道中で何枚か撮ってみました。

f:id:mileget:20161113192343j:plain

奈良県の上空です。

f:id:mileget:20161113192405j:plain

どこか分かりませんが景色が綺麗でした。

f:id:mileget:20161113192423j:plain

東京アクアラインとうみぼたるです。

シン・ゴジラは現れませんでした。

f:id:mileget:20161113192447j:plain

無事到着です。

 

プレミアムクラスの乗客は羽田空港に到着して飛行機から降りるときもすぐに降りることができました。

 

まとめ

プレミアムクラスでのフライトを体験しましたが、ここまで快適に過ごせるものなのかと感動しました。

 

保安検査に始まり、ANAラウンジ優先搭乗シート機内食サービスと総合的に考えて、今回支払った9,000円は有意義なものであったと言えます。

プレミアムクラスを一度覚えてしまうと、普通席では不満に感じてしまいそうなのが怖いです。

それほどプレミアムクラスの満足感は秀逸なものでした。

 

みなさんも国内線に乗られる機会があれば、一度プレミアムクラスへのアップグレードをおすすめします。

 

是非プレミアム感を楽しんでみてください。

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

このブログのランキングを上げるのにご協力いただける方は、
下にある2つのボタンをそれぞれクリックしてください!


ため蔵に1票が入って、ブログランキングを見ることができます。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ